まるごと名古屋の電車 昭和の名車たち

徳田耕一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309225296
ISBN 10 : 4309225292
フォーマット
出版社
発行年月
2010年07月
日本
追加情報
:
160

内容詳細

昭和の電車が引退の時期を迎えた。国鉄名古屋を汽車から国電、JRのシティ電車に飛躍させたのが117系、“名古屋の電車の雄”JR東海の布石を築いた国電の最高傑作を特集。昭和生まれの名車たちが誌面を快走。

【著者紹介】
徳田耕一 : 交通ライター。昭和27年(1952)11月1日生まれ。中部地方有数の交通ジャーナリスト。鈴鹿国際大学、鈴鹿短期大学では客員教授として観光学の教鞭もとる。鉄道旅行博士(JTBグループ、旅行地理検定協会認定・称号)、はこだて観光大使(函館市)、台鉄之友(台湾鉄路管理局)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • えすてい さん

    主として国鉄→JR東海に継承された車両と名鉄が殆ど。特に国鉄近郊型と名鉄SR車の熾烈な競争に花を咲かせていた時代のこと。競合相手のない路線の車両にはあまり詳しく述べられていないのはやや残念かな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

徳田耕一

交通ライター。昭和27(1952)年、名古屋市生まれ。名城大学卒業。旅行業界の経験もあり、実学を活かし観光系の大学や専門学校で観光学の教鞭をとり、鈴鹿大学(旧鈴鹿国際大学)など複数校で客員教授を務めた。また、旅行業が縁で菓子業界との関係もでき、その商談などで全国を東奔西走した。鉄道旅行博士(称号・旅

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品