原発ゼロ社会へ!新エネルギー論 集英社新書

広瀬隆

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206661
ISBN 10 : 4087206661
フォーマット
出版社
発行年月
2012年11月
日本
追加情報
:
254p;18

内容詳細

電力会社が述べ立てる数字を鵜呑みにしてはならない。原発などなくても電気は足りる。なぜなら、原発分を補って余りある新エネルギー技術が、すでに開発されているからだ。工場エンジニア出身で、かねてからエネルギー問題の研究に注力してきた著者が、最新のデータと知見を動員して「原発がもはや無用の長物である理由」を具体的・徹底的に解説。また、自然エネルギーに過度に期待する風潮にも厳しい批判を加える。これが「脱原発のリアリズム」だ。

目次 : 序章 関電の電力不足騒動/ 第1章 発電の方法はいくらでもある(民間の発電能力)/ 第2章 熱エネルギーの有効利用が日本の活路を拓く(コジェネ)/ 第3章 化石燃料の枯渇説は崩壊した(ガスの未来)/ 第4章 自然エネルギーを普及する真の目的/ 第5章 地球の気温と電力コストの予測

【著者紹介】
広瀬隆 : 1943年東京生まれ。作家。早稲田大学卒業後、メーカー技術者を経て執筆活動に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
電力会社や政府そして大手マスコミの主張す...

投稿日:2012/12/31 (月)

電力会社や政府そして大手マスコミの主張する原発不稼動による電力不足キャンペーンを事実によって論破している良書です。 事実に基づいた真実を知りたい方必見です。

FDH MMA さん | 千葉県 | 不明

0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • てふてふ さん

    原発なくても天然ガスでいけるぜ!という目から鱗の本。天然ガスを使ったエネファーム、ガスヒーポン、原発が30%の熱効率しかないのに対して80%の熱効率のコジェネなどを優秀な機器で十分工業界が求める安定電源はまかなえる。『二酸化炭素温温暖化説の崩壊』の後編とも言うべき書。ぜひセットで読むべき。

  • ユーリ さん

    ガスタービンとコジェネを組み合わせた発電。電力を大量に消費する企業の自己発電により原発はすでに不要な現状がある。私もそう思う。 再生可能エネルギーは、太陽光発電は都市部の屋根に、小水力は積極的にというスタンスで。風力はバードストライキと建設地の森林破壊になるし、地熱発電の国立公園の開発と温泉街との対立は歓迎できない。  まぁ、そんな内容よりも広瀬さんの怒りながら原稿書いてる感じが面白かった。熱い人だなーと。政府、東電、経団連、マスコミに対する怒り。国民に対する大犯罪。何が本当なのか一人ひとり考えなきゃな。

  • すぎもす さん

    筆者の主張が一貫していて理解しやすい点、データが最新(2012年)である点によって非常に読みやすかった。内容の是非は人それぞれではあるが、皆に一度目を通してもらいたい本ではある。この本に何が書いてあるかではなく、読んだ人が何を思うかが大切であると思う。

  • ぽてち さん

    本書の良い点は現実主義に根ざした論調で一貫していること。 その中で自然エネルギーに依存する論調への危険性や電力会社の放漫経営の杜撰さ、電力会社と原発廃絶を願う者との交渉のあり方が明快に語られている。 本書を読んでつくづく思うのだ・・・・何故、メディアは電力会社の情報を鵜呑みにしてタレ流すのか?検証しないのは何故か?既得権益への拘泥がこの世の中を覆っている現実に愕然とする。 それでも危険だと言い続けることの大切さを本書は教えてくれる。 メディアは本当に猛省してほしい。

  • たぬき さん

    陰謀論要素を抜いてから書かないとなぁ

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

広瀬隆

作家。1943年、東京生まれ。早稲田大学卒業。世界史、日本史、原発問題など幅広い分野で執筆を続ける。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品