9・11ジェネレーション 米国留学中の女子高生が学んだ「戦争」 集英社新書

岡崎玲子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087202335
ISBN 10 : 408720233X
フォーマット
出版社
発行年月
2004年03月
日本
追加情報
:
18cm,203p

内容詳細

2001年9月11日に起きた同時多発テロ。あの日からアメリカはイラク戦争へ。歴史的事件を肌で感じ、「9・11世代」と名づけられた女子高生が、超大国アメリカの本質と日本の未来を問い、平和への願いを綴る。

【著者紹介】
岡崎玲子 : 1985年兵庫県生まれ。小学六年生で当時史上最年少で英検一級を取得。中学二年生時にTOEIC975点を記録。全米トップ3ともいわれるプレップスクール(寄宿制私立高等学校)、チョート・ローズマリー・ホール校に奨学金付きで合格し、十五歳で同校二年生として入学。2003年6月に優秀な成績で卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 扉のこちら側 さん

    2018年38冊め。再読。小学6年生当時、史上最年少で英検1級に合格し中学卒業後に米国の名門校に留学した著者。執筆当時は18〜19歳頃のはずだが、これだけのものを書ける才能と受けてきただろう教育に驚かされる。本文中では当時の学生達が授業や寮で重ねてきた議論の様子が描かれているのだが、歴史や政治面での知識の深さに驚かされる。一方でこれだけの名門校にも「9.11の犠牲者数はヒロシマ・ナガサキでの死者数より多い」と言って譲らない学生がいたなんて、そこはやはりアメリカの義務教育がそう教えているからとしか思えない。

  • 佐島楓@勉強中 さん

    9・11当時、アメリカの高校に在籍していた著者。緊迫した当時の様子、日本人としてのアイデンティティーについてなど、率直に書いてある。アメリカの高校の授業スタイル、さまざまな識者を招いて意見をききディスカッションしたり、レベルの高い問題について考えたり、といった考察の深さ、学生の意識の鋭さに感心させられた。矛盾を抱えた大国に居るという意味で、著者はいろいろと考え抜いたのだと思う。好感のもてる本でした。

  • はすのこ さん

    戦争に対する持論展開だが、範囲が広く何が伝えたいのかが謎。絞ればいいのに。

  • スズツキ さん

    過度なソフトパワー信仰の一例か。近代日本では威力を発揮したこの考えは、間違いなく転換期を迎える。

  • かりん さん

    3:『レイコ@チョート校』の続編は、911への鋭い視点。いやはや、このレベルにまで…という思いと、当時のアメリカの状況に唸る。真っ当…。■他国の住民と比べて、共通の伝統文化によるつながりが薄いアメリカ人は、時代が着々と『進歩』していることを象徴するオピニオン・リーダーを偶像視したがる傾向。Stepping into someone shoe's:他人になりきってみる。世界の警察→国際的保安官:法規の制定そのものを手中に収めてしまおうという魂胆。歴史を学習する=戦争を二度と起こさないようにする、ではない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品