感情を生きる パフォーマティブ社会学へ 慶應義塾大学三田哲学会叢書

岡原正幸

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766421231
ISBN 10 : 476642123X
フォーマット
発行年月
2014年03月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
132p;18

内容詳細

関係性の違和感や社会的居場所のなさから生まれる様々な「感情」を、どのようにして客体化していけばよいのか。現代の「生」の根源を探求する、生と感情の社会学。

目次 : 1 生と感情の社会学―まえがきにかえて/ 2 生きられた経験へ―社会学を「生きる」ために/ 3 「時間が解決してくれる」ということ―生の脈拍(´e‐motion)の傍らで/ 4 “私”を揺さぶる他者を前に―調査者(聞き手)が語り手になるとき/ 5 喘息児としての私―感情を生きもどすオートエスノグラフィー/ 6 ワーク・イン・プログレスとしての社会学作品―あとがきにかえて

【著者紹介】
岡原正幸 : 1957年生。慶應義塾大学文学部教授。1980年、慶應義塾大学経済学部卒業。1980〜81年、ミュンヘン大学演劇学専攻留学。1987年、慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。専門は感情社会学、障害学、パフォーマティブ社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 禿童子 さん

    「パフォーマティブ社会学」という耳慣れない副題にひかれて読んでみた。慶応大学の通信教育過程のスクーリングで「生と感情の社会学」で受講者が自分のライフストーリーを伝え合う実験授業が行われている。小倉の同性愛者としての社会との格闘、澤田の子供の頃の父のDVを「傍観した」体験、宮下の摂食障害の「当事者」が調査者になる「混沌」、岡原の「喘息児としての私」の自伝的なオートエスノグラフィー。「告白」という文芸とまがうような論述で興味深かったが、「社会学を生きる」を理解できたか疑問。レヴィナスなどの哲学の引用も難解。

  • 水菜 さん

    面白かった。それぞれの著者の経験が言葉の重みとして感じられる。個人的に宮下阿子さんの文章が非常に印象深い。自分の疾患と対象としての疾患の扱い方、捉え方について考えたい。岡原正幸さんの「不安の共同体」という考え方も興味深い。同じ感情を持つことで結束するというのは、敵を設定することで国民を団結させるような政治にも関連するような気がする。「棘」「パトス」などグッとくる言葉。

  • 伊崎武巳 さん

    感情を客観化するってどういうことだろう、と思いながら読みました。難しかったけど今までに考えたことのないようなことが書いてある、と感じました。「自分」と「他人」が頭の中でぐるぐる回ってるような感覚。

  • やまさ さん

    純粋な観察ということはあり得ず、特に調査などをおこなう場合、必ず調査者、観察者は対象に影響を与える。生きることを問う学問であれば、なおさらだ。 そうやって積み重ねられていく学問は貴重だと思う反面、客観的なデータからなる学問も、人間の過剰な思い込みや感情をコントロールするためには必要だと思う。 つまりは、どちらも。

  • Smiltg さん

    素晴らしい本。慶応大の通信課程の社会学の授業で行われている、自分のライフストーリーを他の受講者にシェアするというプログラムの一部をまとめたもの。ここでは、4人の研究者が自分の過去を様々な形式にして語っている。人によりそい、共に考えることの重要性を改めて感じさせられる。ページ数も短く、750円ほどで買える本なので、もっと多くの人に読まれてほしい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品