「言葉」が暴走する時代の処世術 集英社新書

山極寿一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087211016
ISBN 10 : 4087211010
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
太田光 ,  
追加情報
:
181p;18

内容詳細

「今、引きこもってるヤツに言いたいね。お前今、哲学者並みにいい経験してるよって」――太田 光
「相手を理解したいなら、食事に誘うこと。同じ動作をしながら会話するのがいいんです」――山極寿一

いつでも、どこでも、誰とでもつながれる時代。
しかし、かえって意思疎通がうまくいかないと感じることはないだろうか。
「分かってもらえない」といった日常の出来事から、SNSでの炎上、引きこもりなど、コミュニケーションが断絶されるケースが増えている。
この問題に、爆笑問題の太田光と霊長類学者の山極寿一が挑む。
ときに同意し、ときに相反しながらたどり着いた答えとは――? 
私たちは誤解している。
大切なのは、「分かってもらえない」ではなく、「分かろうとすること」、「そっと寄り添うこと」なのだ。
コミュニケーションに悩むすべての人に贈る処方箋!

【目次と主な内容】
はじめに――太田光
序 章 「新しい」人間の登場─ディストピアへ続く道
●「引きこもり」は「問題」なのか?●もうセックスする必要はない?●ディストピアの原因は「言葉」にある
第一章 「言葉」が暴走する世界への対処法
●あえてスマホは持たない●対面だからこそ伝わる●AIに似てきた子どもたち
第二章 今、失われつつあるもの
●言葉にも身体性が必要●想像力が人を進化させた●「型」を失い始めた日本
第三章 ケンカの目的は和解にある
●対話と討論の決定的な違い●本来、戦いの目的は勝ち負けではない●人を攻撃する武器になった言葉
第四章 「言葉」だけに頼ってはいけない
●親しくなりたいなら一緒にメシを食おう!●主体性を「言葉」で測るのは間違い●プレゼン上手の東大生と下手な京大生
第五章 「伝える」のではなく、「寄り添う」ことを
●プレゼン上手はコミュ力が高いのか?●コミュ力は、表現力より周囲の理解●プライドをちょっと低くする
あとがき――山極寿一


【著者紹介】
太田光 : 1965年埼玉県生まれ。漫才師、作詞家、文筆家、映画監督。1988年に田中裕二と漫才コンビ「爆笑問題」を結成。中沢新一との共著『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)がベストセラーに

山極寿一 : 1952年東京都生まれ。霊長類学・人類学者。京都大学総長。京都大学大学院理学研究科博士後期課程単位取得退学。理学博士。日本学術会議会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しゃが さん

    霊長類学者山極さんと爆笑問題太田さんの対談集。意思疎通ができない・SNSの困難性、引きこもりもあったが、興味深かったのは言葉にも身体性が必要であり、コミュニケーションの分かり合う要素のなる。今は伝統的な「型」を失った、以前には型の中に共感の感情があったし、共有の通念があったのだと。山極さんの言葉が「大切なのは共感と関心なんですよね。共感が橋渡しして関心が相手に向かう気持ちを作るから、お互いに通じ合える。これこそが言語が本来持っている、単に意味を伝えること以上のもっともっと大切な意義だと思いますね。」

  • けんとまん1007 さん

    ICTの進歩とともに、SNSに代表されるようなツールが表に立ちすぎていると思っているのだが、それを裏付けるようなお二人の対話。やはり、生の場の重要性は欠くべからずものだと思う。VRとかテキストベースでは伝わらないものが絶対にあるが、今の時代はそれを避けるような風潮が強い。また、コミュニケーションについてもプレゼンテーションの技術ばかりがいわれ、肝心の内容については後回し。それは、自分も痛切に感じている。言葉が無くても伝わるものがあるのだということ。伝えるよりも、わかろうとすること。

  • あまね さん

    メモを取りながら再読したいくらいに面白かったです。『ディストピアの原因は、言葉にある』と仰る山極先生。言葉を持ってしまったが故の他人との繋がり、現在の情報化社会、そして人間自体を情報化する未来についての多方面に渡るお二人のお話が興味深くハッとさせられました。

  • ロマンチッカーnao さん

    人類が文字を使うようになって、動物とコミュニケーションをとれなくなったんじゃないか。人間は本来、動物とコミュニケーションをとれた行ったはずってなんかすごい話ですよね。ゴリラ研究の第1人者の山極さんだからこそ言える言葉ですね。ご本人はゴリラの代弁ならできると、しかし、それを人間の言葉にすると陳腐なものになる。コロナ以後のコミュニケーションはどうなるのか。コロナ以前の本だけど、勉強になること多かったです。わずわらしくても人間はやはり会って、話すって行為を無下にはしてはいけないですね。

  • Hammer.w さん

    「言葉」の大事さを考える。テキストにはない自由さがある。型があることは、楽なことでもある。不器用でも身振り手振りや視線で動かすことは、言葉以上に伝わる。一生懸命なコミュニケーションの素晴らしさを知る良い本です。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

山極寿一

1952年東京都生まれ。京都大学理学部卒業、同大学院理学研究科博士後期課程退学、理学博士。(財)日本モンキーセンターリサーチフェロー、京都大学霊長類研究所助手、京都大学大学院理学研究科助教授、教授を経て、現在は京都大学総長。1975年からニホンザルやゴリラの野外研究に従事し、類人猿の行動や生態をもと

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品