入門 考える技術・書く技術 日本人のロジカルシンキング実践法

山崎康司

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784478014585
ISBN 10 : 4478014582
フォーマット
出版社
発行年月
2011年04月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
168

内容詳細

レポート・ライティングの初心者を対象に、とりわけ日本語特有の問題に配慮し、考えを表現する方法を提示した、日本人による日本人のための実践ガイド。メール・ライティングのアドバイスも収録。

【著者紹介】
山崎康司 : 隗コンサルティングオフィス株式会社代表。豊富な経営コンサルティング経験を元に、さまざまな大企業にて、『考える技術・書く技術』関連(ビジネス思考、ライティング、スライド作成、事業計画書作成)の教育・研修を実施している。1980年ペンシルベニア大学ウォートン・スクール卒業(MBA)、1976年東京大学建築学科卒業。福岡県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はじめ さん

    仕事用の勉強のために購入。ビジネスに限らず、情報の受け手に伝達したい事項がある際には常に受け手に配慮した情報の伝え方が重要ですよ、と説く。主にはビジネス文書を分かりやすく記述する手法について具体的な例文込みで記述されており、なかなか参考になる。とりわけ印象的なのが、「しりてが」接続詞は使用禁止という厳密なルールの提示。日本語表現においては曖昧な接続詞を用いるケースが多く、気づかぬうちに意図とは異なった文脈を伝達してしまう場合が多い。明瞭な接続詞を用いることでこういったケースは避けていきたい。

  • ヨクト さん

    「考える技術・書く技術」の入門書。わかりやすい。ビジネスマンにとってメールは大事な大事な業務である。読みやすさは文面に如実にあらわれる。要注意だ。ピラミッド原則はおおまかに実践済みだが、「しりてが」接続詞の禁止については意識していきたい。最後に★サンセットを添えて。

  • ninn.atsu さん

    部下の論文や報告書をレビューしたりコメント入れたりする場面が多くなったので、部下に何かオススメの本はないかなと思い、書店で探して購入した1冊。分量も多くなく文章も平易なので、入門としてはお勧めできそうだと思った。部下に進めてみようと思う。書く技術よりも考える技術をメインにしているのが良い。考えを明快にできれば文章作成プロセスは8割完了、ライティングの向上は「考えるプロセス」をどれだけこなしたかによるっていうのが重要ですね。いきなり文章を書き始めてもダメだっていうことがわかっていない人に読ませよう

  • ♡kana* さん

    ふぅ。ピラミッド。

  • tatsuya さん

    良書。実践的な内容。バイブルとして傍らに置いておきたい。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品