「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 集英社新書

小出裕章

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206531
ISBN 10 : 408720653X
フォーマット
出版社
発行年月
2012年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
189p 18cm

内容詳細

様々な原発報道において、なぜか盲点になっている場所がある。それが、青森県六ヶ所村の「使用済み核燃料再処理工場」だ。本格稼働すると「原発が一年で放出する放射能を一日で放出する」と言われるこの施設では、いくつものお粗末な欠陥が露呈し、しかも、直下には明らかに活断層が存在する。その危険性は、通常の原子力発電所の比ではない。本書は、それぞれの分野で「六ヶ所」にアプローチしてきた専門家たちの切実な訴えで構成されている。

目次 : 第1章 「原子力後進国」日本の再処理工場が招く地球汚染の危機(五感に感じなくても著しく危険な放射線/ 放射線の危険性に対する「認識」の進化 ほか)/ 第2章 シミュレーション「六ヶ所炎上」(裂けた核燃料再処理工場/ シミュレーションの概要 ほか)/ 第3章 核燃料サイクル基地は活断層の上に建っている(福島第一原発事故の根源となった国の「安全審査」体制/ 島根原発直近の「鹿島断層」過小評価事件 ほか)/ 第4章 再処理「延命」のため浮上した日本「核武装」論(二人の「工業技術院」OB/ 「再処理路線」にしがみつく本当の理由 ほか)

【著者紹介】
小出裕章 : 1949年生まれ。京都大学原子炉実験所助教

渡辺満久 : 1956年生まれ。東洋大学教授

明石昇二郎 : 1962年生まれ。ルポライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • まると さん

    「使用済み核燃料」「再処理工場」はその言葉の語感から、臨界状態にある原発よりも注目されにくく、危険性が低いという誤解を生みやすい。だが、筆者たちによると、桁違いに高コストな上にひとたび事故が起きれば、原発よりもはるかに甚大な放射能汚染リスクを負う最悪の核施設なのだという。2012年刊で、原発関連施設の安全審査の仕組みは改まったが、問題の根は今も変わっておらず、政府もこうした意見を原発反対論者の戯言と無視し続けている。リニアと同様、六ヶ所村の施設はローカルな問題とせず、国民的議論をして是非を問うべきだろう。

  • coolflat さん

    なぜ日本政府が汚染水を海に流すのか腑に落ちなかった。そこには日本政府なりの合理的な理由があるはずだと思った。上関町の中間貯蔵施設申請の報道と、六ヶ所再処理工場2024年上旬稼働予定の件と、小出裕章氏の講演での発言を受け、理由は六ヶ所再処理工場だと解釈した。再処理工場が運転を始めれば毎年18PBqのトリチウムを環境に放出する事になる(福島事故で溶け落ちた核燃料に含まれているトリチウムの量は3.4PBq)。福島の汚染水如きが禁止であれば、それよりも汚染されている水を流す六ヶ所は永遠に稼働できないという事になる

  • ナラサン さん

    地元民(青森県民)としては、おおよそ「知ってた」な話がほとんど。だが最後のは全く初耳。核ゴミを「安全保障」の名のもとに軍事転用できる方向に法改正?これはヤバイでしょ。役人と御用学者と電力会社でとんでもないことやってるな。国民に一切アナウンスなしで。

  • 青雲空 さん

    この本は広く読まれてほしい。再処理工場と聞くと、どこか原発より危険が少ないという印象がないだろうか?私は漠然とそう思っていたが。再処理工場の危険性は原発にまったく劣らない。 そして、技術的に困難で経済性に劣る再処理を目標としなければ、原発は直ちに停止に追い込まれる。再処理は原子力ムラの生命線になっているのだ。

  • tsubomi さん

    2013.12.06-12.13:六ヶ所村で大事故が起きたときのシミュレーションは私が小さいころから想像していたものとほぼ同じ(米軍のことは考慮に入れなかった、という点が違いましたが)で、読んでいて面白かったです。誰か映像化してくれたらいいのに。。。活断層についての変動地形学の専門家による説明はわかりやすく、ニュースで解説されていた事象を確認するうえで役立ちました。しかし、ここまで嘘を嘘で固めた説明に納得する人命軽視の政府と電力各社、そして真実を伝えない日本のジャーナリストたちの無責任さには呆れるばかり。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品