「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 集英社新書

小出裕章

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206531
ISBN 10 : 408720653X
フォーマット
出版社
発行年月
2012年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
189p 18cm

内容詳細

様々な原発報道において、なぜか盲点になっている場所がある。それが、青森県六ヶ所村の「使用済み核燃料再処理工場」だ。本格稼働すると「原発が一年で放出する放射能を一日で放出する」と言われるこの施設では、いくつものお粗末な欠陥が露呈し、しかも、直下には明らかに活断層が存在する。その危険性は、通常の原子力発電所の比ではない。本書は、それぞれの分野で「六ヶ所」にアプローチしてきた専門家たちの切実な訴えで構成されている。

目次 : 第1章 「原子力後進国」日本の再処理工場が招く地球汚染の危機(五感に感じなくても著しく危険な放射線/ 放射線の危険性に対する「認識」の進化 ほか)/ 第2章 シミュレーション「六ヶ所炎上」(裂けた核燃料再処理工場/ シミュレーションの概要 ほか)/ 第3章 核燃料サイクル基地は活断層の上に建っている(福島第一原発事故の根源となった国の「安全審査」体制/ 島根原発直近の「鹿島断層」過小評価事件 ほか)/ 第4章 再処理「延命」のため浮上した日本「核武装」論(二人の「工業技術院」OB/ 「再処理路線」にしがみつく本当の理由 ほか)

【著者紹介】
小出裕章 : 1949年生まれ。京都大学原子炉実験所助教

渡辺満久 : 1956年生まれ。東洋大学教授

明石昇二郎 : 1962年生まれ。ルポライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ナラサン さん

    地元民(青森県民)としては、おおよそ「知ってた」な話がほとんど。だが最後のは全く初耳。核ゴミを「安全保障」の名のもとに軍事転用できる方向に法改正?これはヤバイでしょ。役人と御用学者と電力会社でとんでもないことやってるな。国民に一切アナウンスなしで。

  • tsubomi さん

    2013.12.06-12.13:六ヶ所村で大事故が起きたときのシミュレーションは私が小さいころから想像していたものとほぼ同じ(米軍のことは考慮に入れなかった、という点が違いましたが)で、読んでいて面白かったです。誰か映像化してくれたらいいのに。。。活断層についての変動地形学の専門家による説明はわかりやすく、ニュースで解説されていた事象を確認するうえで役立ちました。しかし、ここまで嘘を嘘で固めた説明に納得する人命軽視の政府と電力各社、そして真実を伝えない日本のジャーナリストたちの無責任さには呆れるばかり。

  • jima さん

    『「想定外」といえば何でも許されるのであれば、原子力安全保安員や原子力安全委員会の委員など誰でも務まる。・・・・こういうセリフを吐ける無責任で恥知らずな人々が、原発の安全を語りながら利権を享受してきた。』『青森県六ヶ所村「使用済み核燃料再処理工場」。本格稼働すると「原発が一年で放出する放射能を1日で放出する」と言われるこの施設では、いくつものお粗末が露呈。』直下には活断層。ここでの事故は世界的な規模になるという。専門的なことはよくわからないが、この工場、ものすごく危険だ!ということがわかった。

  • でおでお さん

    重大事故が起こらなくても、通常運転だけで十分「ヤバい」施設だということがよく分かった。それにしても原子力基本法の「我が国の安全保障に資することを目的として」という文言が加わったことは全く知らなかった。これは大問題だ。

  • ryuetto さん

    原子力基本法の一部改正(2012年6月20日) 原子力の利用を我が国の安全保障に資することを目的として、行うものとする 「果たして日本は、世界初の「電気料金を使って核武装する国」となるのだろうか。もし、日本が核武装するとしても、アメリカやロシアや中国と比べて相当小規模な「核武装」にしかならないだろう。それでは「安全保障」になるどころか、彼らの「仮想敵国」に据えられ、攻め入る口実を与えるだけの話だ」p189 冗談じゃないよ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

小出裕章

元京都大学原子炉実験所助教。工学修士。1949(昭和24)年8月、東京の下町・台東区上野で生まれる。68年、未来のエネルギーを担うと信じた原子力の平和利用を夢見て東北大学工学部原子核工学科に入学。しかし原子力について専門的に学べば学ぶほど、原子力発電に潜む破滅的危険性こそが人間にとっての脅威であるこ

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品