自己検証・危険地報道 集英社新書

安田純平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210897
ISBN 10 : 4087210898
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
247p;18

内容詳細

3年4カ月の拘束から得た「教訓」とは?

シリアで3年4カ月にわたって拘束された安田純平。
本書は、安田と、彼の救出をめぐって苦悩したジャーナリストたちが、
このような事態で何をすべきだったか、家族やメディアへの対応は適切だったか、
そして、ジャーナリストの仕事について政府や社会にどう訴えていけばいいのか……など、
危険地報道をめぐる課題について「本音で」討議した自己検証本である。
安田本人による、2002年のアフガニスタンから15年のシリアに至る取材活動の「総括」も収録。

危険地の現場を取材することの意義は本書でも多くの執筆者が触れており、言を俟ちません。
具体的に実行するにあたって、今回の私や家族が経験したものが役に立ち、
危険地においてよい仕事をする人が増えていってくれたらありがたいです。
━━安田純平(本文より)


【目次】
序章 なぜジャーナリストは危険地を取材するのか 土井敏邦
第1章 私は危険地をどのような方法で取材してきたか 安田純平
第2章 座談会「自己検証・安田純平さん拘束事件と危険地報道」
    安田純平、土井敏邦、川上泰徳、石丸次郎、綿井健陽、高橋弘司
第3章 外国人記者が見た「安田純平さん拘束事件」 フィリップ・メスメール
終章 これからの「危険地報道」へ向けて 川上泰徳、石丸次郎、高橋弘司、五十嵐浩司、綿井健陽

【著者プロフィール】
安田 純平(やすだ じゅんぺい) ジャーナリスト

土井 敏邦(どい としくに) ジャーナリスト
川上 泰徳(かわかみ やすのり) 中東ジャーナリスト、元朝日新聞記者
石丸 次郎(いしまる じろう) 「アジアプレス・インターナショナル」大阪事務所代表
綿井 健陽(わたい たけはる) ジャーナリスト・映画監督
高橋 弘司(たかはし ひろし) 横浜国立大学准教授。元毎日新聞記者
五十嵐 浩司(いがらし こうじ) 大妻女子大学教授。元朝日新聞記者
フィリップ・メスメール フランス夕刊紙「ル・モンド」東京特派員

【著者紹介】
安田純平 : 1974年埼玉県生まれ。ジャーナリスト。一橋大学社会学部卒業後、信濃毎日新聞に入社。在職中にイラクやアフガニスタンを取材。2003年に退社し、フリージャーナリストに。07年から08年にかけて、イラク軍関連施設などで料理人として働きながら戦場の実態を取材し、『ルポ 戦場出稼ぎ労働者』(集英社新書)を刊行する。12年にシリア内戦を取材。15年6月、再びシリアを取材するためトルコ南部から入国したところで武装勢力に拘束され、18年10月、3年4カ月ぶりに解放された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 犬養三千代 さん

    安田純平さんの語り。危険地砲塔を考えるジャーナリストの会の討論。 遠い所の出来事を私達は知りたいと思うことが大切。東日本大震災の時も報道がなされたために海外の様々な地域からたくさんの援助、励ましがきた。有り難いことだ。紛争地域にも子供がいて、私とおなじくらいの歳のひと老人もいる。政府が渡航制限(ジャーナリストの)をしているのは表現の自由を冒しているとの正論も大切だが「自己責任論」はいただけない。中国に旅行して拘束される可能性は誰にでもある。

  • K さん

    フリージャーナリストと一般国民との危険地報道に対する認識の差を痛感する内容であり、実情を知り、改めて考える必要がある問題だと感じた。旅券返納問題や「自己責任論」などの議論を踏まえて危険地報道の存在意義を今一度考え直す良い機会になった。

  • matsu さん

    シリアで拘束されていた安田純平さんと、その救出に関わったジャーナリストが、危険地報道は何故必要なのか?そして拘束された場合、我々はどのように対処するべきなのか?などについて論じている。いくつか金言と思える言葉があり、危険地報道の意義について自分の中でより明確になった。

  • ののまる さん

    序章で指摘されていることは、すごく重要だと思う。

  • チャーリイ さん

    危険地報道の意義を自分なりに理解し同意する立場であり、そうした内容に関しては改めて言うことはない。興味深かったのは、(1)現在進行系の人質事件報道にあっては、生命保護の観点や、プロパガンダ化の抑制のために具体的にどう報じ、あるいは報じないのが望ましいか(2)家族や同僚のジャーナリスト、支援組織は開放のために何をして、何をせざるべきなのか─に関するアクチュアルな議論。安田さん事件時の実例と他の事例を比較しつつ、安田さん本人が何を望んでいたかの証言も盛り込んでいて、本書は貴重な議論材料。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

安田純平

ジャーナリスト。1974年、埼玉県に生まれる。信濃毎日新聞の記者を経て、フリーランスのジャーナリストに。在職中の2002年から、アフガニスタンやイラク、シリアなどの紛争地を中心に取材を続けている

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品