静かなる革命へのブループリント この国の未来をつくる7つの対話

宇野常寛

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784309246611
ISBN 10 : 4309246613
フォーマット
出版社
発行年月
2014年06月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
241p;19

内容詳細

彼らはすでに世界を変えている―政治、産業、都市、家族、働き方、科学、そして芸術…行きづまりを見せるこの社会に突破口を開く7人のイノベーターと、若者のオピニオンリーダーによる対話集。

目次 : 1 根津孝太―産業とデザイン クルマと戦後社会のアップデート―社会を変えるプロダクト・デザイン/ 2 吉田浩一郎―これからの働き方 フリーランスに年収500万円を保証する―クラウドソーシングが変える労働と社会保障/ 3 駒崎弘樹―政治と社会運動 デモと選挙の中間に、政治を変える方法が―ロビイング2・0と社会企業の可能性/ 4 門脇耕三―建築と都市開発 2020年・東京デュアルシティ化計画―メガシティの分断が生む新しい公共性/ 5 猪子寿之―アートとサブカルチャー 人類の「美意識」を更新する―日本画とスーパーマリオをつなぐ美の逆転/ 6 尾原和啓―ITビジネス 21世紀の人類は「日本化」する―日本的インターネットが予見する未来の市民社会/ 7 落合陽一―メディアとテクノロジー “虚構の時代”から“魔法の時代”へ―現代の魔術師の導くパラダイム・シフト

【著者紹介】
宇野常寛 : 1978年生まれ。評論家/批評誌『PLANETS』編集長。京都精華大学非常勤講師も務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • そーま さん

    国籍や人種に関係なく様々な人が様々な国で入りみだれ、共に働き、共に遊ぶ世界・社会がすぐに来る。どこでも働け得るようになるだろうし、どこにでも住めるようになる。その時に、日本を選んでもらうには、美(文化)をアップデートしなければいけない。どういう美を推し進めたら日本は生き残れるのだろうか。達成したい社会と美、カルチャ−が繋がっていることをもっと認識するべき。猪子さんみたいな人がもっと増えていけば面白いなあ!

  • Yuki Ban さん

    イノベーター7人とのインタビュー集。彼らは皆ものすごくポジティブ。頭の中で考え続けるとネガティブになっていくのは自明だが、頭の外へアイデアを出し、何かしらのかたちで実世界に関わり続けると、フィードバックを受けアイデアが洗練されるループに入って楽しくなるのだろう。彼らは好奇心を根っこに、世の中から与えられるたくさんの栄養と水を原動力にして走り続けている。4年前の著書なのに、全然新しい!逆を言えば、それだけ目まぐるしく静かに変わっている世界に気づいてないのだなと反省した。ミーハー魂を芸能以外にも向けてみよう。

  • 三上 直樹 さん

    津軽出身の気鋭・宇野君が時代を変えていくために7人と対談した論集。新しい時代の方向性を垣間見せてはくれますが、これで社会が変わるかには疑問符をつけざるを得ない、時代と社会のギャップを改めて感じます。

  • emuuwaii さん

    対談集。知らない動きがたくさん。今後もフォローしてみよう。

  • azusan さん

    世界をアップデートし続けている人の行動を、言語として、新しいフレームワークとして定義しようとしている試み。既存の使い古されて古びた言説に寄らないように、とても注意深く言葉が選ばれており、まわりくどくてとっつきにくいところがある為、残念ながら万人受けはしなそう。でも、確実にその分だけ、「いま、ここ」の感覚で時代を作っていく言葉達がたくさん詰まっている。右とか左とかの思想の対立に疲れてしまった人にこそ読んで欲しい。これからの未来は、作っていけるんだ、と勇気がもらえる。特に落合さんの言葉がとても刺激的!!

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

宇野常寛

1978年生まれ。評論家。批評誌「PLANETS」編集長。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師、立教大学兼任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品