代理出産 生殖ビジネスと命の尊厳 集英社新書

大野和基

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204926
ISBN 10 : 4087204928
フォーマット
発行年月
2009年05月
日本
追加情報
:
18cm,205p

内容詳細

不妊に悩む夫婦にとって「福音」といわれる生殖補助医療、代理出産。しかし、現実はシビアな問題が山積み。このテーマを長年、追いかけてきた著者が、米国と日本の実例を追い、複雑な代理出産の問題の核心に迫る。

【著者紹介】
大野和基 : 1955年、兵庫県生まれ。東京外国語大学英米学科卒業。1979年に渡米し、コーネル大学で化学を、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとしての活動を開始、医療問題から経済まで幅広い分野の取材・執筆を行う。1997年に帰国した後も頻繁に取材のため渡米。米国の最新事情に精通している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • むぎ(元ゆいきち) さん

    とにかく日本は代理母に関する法整備が遅れていることと、その法律を考えるのはめちゃくちゃ難しいということがよくわかりました。日本で代理出産は禁止されているものだと思っていましたが、ちゃんとした法律はなくとある団体がダメって言ってるだけなんですね……。そこはしっかり国が決めなければいけないと感じました。代理出産に賛成が反対かと問われたらすぐに答えは出せないのですが、認められるなら、代理母と依頼者カップル双方を守る厳格な統制のとれた骨組みをつくられているのかはチェックしなければいけないなと感じました。

  • 駒場 さん

    本書でも多く問題点が指摘されているが、特に大きいと思われる点は@出産時・出産後の妊婦に対するケアがないがしろにされ、場合によっては命の危険がある、A生まれてきた子を受け取り拒否する・引き渡し拒否する可能性があるBそもそも生まれてくる子には(出産すべてにいえることだが)選択肢がない、C経済的弱者の搾取につながる可能性がある。子供がほしいなら、なぜ養子ではダメか?「血の繋がった子供」に対する生物的な本能、あるいは信仰に近い出生主義的な何かが根底にあるように感じられ、正直グロテスクさを感じた

  • maho さん

    生命倫理や命の尊厳を突き詰めていくことが、私の人生の課題。。その内の1つ、「代理出産」。依頼夫婦の現状や代理母の身体的リスクは理解していたが、代理母が受ける社会的ストレスを初めてより詳しく知ることが出来た。代理出産は、賛成・反対と、白黒つけられるものではない。あくまで個別審議を丁寧にしていくしかないと思う。しかし、以下については明確に反対したい。命をビジネスにしてはいけない。アジアに「ブリーダー階級」を作ってはいけない。女性の子宮をモノとしてしか見えなくしてしまうから。

  • 那由田 忠 さん

     排卵誘発剤を打つ依頼母と周期をあわせるための黄体ホルモン注射など代理母の大変さ、代理母の心理的な辛さ、兄弟や夫の気持、引き取り拒否を防ぐ法的整備の必要性、そして出産時の生命の危険。アメリカの生殖ビジネスの歴史を含めて、様々な側面をていねいに具体的ケースに沿って述べられている。また、根津医師の主張を正確に紹介もしている点で、この問題に関心を持つ人が必ず読むべき本だと思う。

  • Naota_t さん

    ★4.0───「私は自分がどれだけ軽率だったか、本当に公開しています。最初、姉に頼まれたときは、『自分の子ではない子をつくる』と単純に考えましたが、実際に妊娠してみると、自分の子供を産むことと何も変わりません。もし私をincubator(培養器)と呼ぶのなら、それは私から人間の尊厳を奪っていることと同じです。精神と肉体を分離することはできません。一時はその分離に挑戦しましたが、無理でした」(p.112)

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大野和基

ジャーナリスト。1955年、兵庫県生まれ。東京外国語大学英米学科卒業。1979年〜1997年渡米。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとして活動を開始。国際情勢から医療問題、経済まで幅広い分野の取材・執筆を行う。帰国後もアメリカと日本を行き来して活動

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品