都市は文化でよみがえる 集英社新書

大林剛郎

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210941
ISBN 10 : 4087210944
フォーマット
出版社
発行年月
2019年10月
日本
追加情報
:
208p;18

内容詳細

文化(アート)は都市再生に多大な影響を与えるものである。しかし、アート単独、特に現代アートによる地域復興には限界がある。アトラクティブな美術館の建設やアートイベントは一時的な集客であり、その地に住む人々にとって真に魅力的な地域となるかは別問題だ。都市の再生や復興は、もともとそこにある文化や歴史、人々の営みを無視して成すことはできない。本書では、金沢、岡山・瀬戸内エリア、前橋、大阪、ヨーロッパ、香港など、国内外のケースを参考にしながら、アートと都市の関係性を考える。現代美術家の会田誠、フランスの元文化大臣ジャック・ラングとの対談も収録。

目次 : 序章 アートと都市の関係性/ 第1章 美術館や現代美術を媒介者として存在させる―金沢/ 第2章 文化を用いて都市や地域の再生を実現―ドイツ(エムシャー川流域)・スペイン(ビルバオ)・フランス(ナント)/ 第3章 「芸術は日々の一挙手一投足と同化したものでなければならない」―ジャック・ラング×大林剛郎対談/ 第4章 文化が都市に不可欠であることを市民が共有する―香港/ 第5章 民間と公共の連携で現代アートを都市に取り込む―岡山・瀬戸内/ 第6章 都市も「なるがままに任せよ」―会田誠×大林剛郎対談/ 終章 文化都市としての未来を考える―前橋・大阪

【著者紹介】
大林剛郎 : 公益財団法人大林財団理事長。株式会社大林組代表取締役会長。慶應義塾大学卒業後、1977年、株式会社大林組入社。2009年会長に就任。森美術館理事、原美術館評議員、パリ・ポンピドゥー・センター日本友の会代表、英国テート美術館およびニューヨーク近代美術館(MoMA)のインターナショナル・カウンシル・メンバーを務める。現代アートのコレクターとしても有名(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • スプリント さん

    大林組の会長による都市を再生するアートの可能性について書かれた本です。会田誠やフランスの元文化大臣との対談も掲載されています。

  • よし さん

    文化の力で地方都市の再生を図った世界各地の事例を紹介した本。著者の大林剛郎さんは大林財団理事長兼大林組会長。大林財団は2000年から大林賞を設け、そうした都市再生を推進した人たちを顕彰しているとのこと。岡山・瀬戸内の取組の章での「観光資源としての瀬戸内海の景観と文化事業を組み合わせ、地域全体でそれらを積極的に活用する枠組みをつくっていく(中略)それが可能なのは、フットワークが軽く、柔軟に対応できる民間の組織なのです。」といった指摘はなるぼどと思いました。大林さんと会田誠さんの対談なども興味深かったです。

  • Rollin' さん

    アートによる地域活性化については、近年多くの研究がある。しかしながら、アートの効能的な話は無批判に信奉されていて、文化的活性化の手法にばかり注目されているように思う。確かに、都市再生は経済発展ばかりではないが、文化の活性化はそれを享受できる人たちが必要だ。そうした目に見えないものに投資できるのは、行政ではなく大林組の会長のような人たちなのだろうが、文化に対して可処分所得のある中産階級が減少している日本社会で、簡単にアートによる都市再生を語ることは難しいのではないかと感じた。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

大林剛郎

公益財団法人大林財団理事長。株式会社大林組代表取締役会長。慶應義塾大学卒業後、1977年、株式会社大林組入社。2009年会長に就任。森美術館理事、原美術館評議員、パリ・ポンピドゥー・センター日本友の会代表、英国テート美術館およびニューヨーク近代美術館(MoMA)のインターナショナル・カウンシル・メン

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品