全共闘以後

外山恒一

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784781617466
ISBN 10 : 4781617468
フォーマット
発行年月
2018年12月
日本
追加情報
:
621p;20

内容詳細

1968年の全共闘から50年。1972年の連合赤軍事件を境に学生運動は急速に退潮し、その後は「シラケでバブルでオタクでサブカル」の時代――。そんな歴史認識は間違っている! 70年代以降も若者たちの社会運動・学生運動は、ほぼ10年おきに高揚していた。ただ、それらを一貫した視点で記述した「通史」が存在せず、これまで不可視になっていたのである。全共闘以後50年の歴史を新しく塗りかえる著者渾身の原稿用紙1000枚超の大冊!

※この書籍は2018年9月に刊行した『全共闘以後』の改訂版です。


外山恒一(とやまこういち)
1970年生まれ。革命家。「九州ファシスト党・我々団」総統。80年代後半、福岡・鹿児島の高校で学校当局との衝突を繰り返し、各地の“戦う中高生"を組織した「全国高校生会議」の主要活動家の1人となる。89年、『ぼくの高校退学宣言』で単行本デビュー。文筆活動と、“異端的極左活動家"として90年代を過ごした末、02年に逮捕され、獄中でファシズム転向。07年に都知事選に出馬、「政府転覆」を呼びかける過激な政見放送がネット上で大ブームを巻き起こした。著書に『青いムーブメント』、『良いテロリストのための教科書』など。

【著者紹介】
外山恒一 : 1970年生まれ。革命家。「九州ファシスト党・我々団」総統。80年代後半、福岡・鹿児島の高校で学校当局との衝突を繰り返し、各地の“戦う中高生”を組織した「全国高校生会議」の主要活動家の1人となる。89年、『ぼくの高校退学宣言』で単行本デビュー。文筆活動に励み、“異端的極左活動家”として90年代を過ごした末、02年に逮捕され、獄中でファシズム転向。07年に都知事選に出馬、「政府転覆」を呼びかける過激な政見放送がネット上で大ブームを巻き起こした(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • moutoku さん

    読みたいなぁと思いながら、うかうかしてたら初版が回収されてしまい、2ヶ月も待ち、やっと入手したのに1日で読み終えてしまい寂しい。600頁を超す大著なのでオウム論のところだけ紹介させてもらいます。外山は東や大澤や宮台といった連中の虚構やサブカルチャーの延長としてオウム理解をバッサリと切り捨て、外山は日本の89年革命を視野に入れてないオウム論は全て偽史なのだと言います。またオウムの美意識を云々する人がいますがこれも切り捨てます。外山の運動仲間であった加藤直樹氏は(以下コメント)

  • ほまれ さん

    小学校の時水滸伝を読んだみたいにわくわくしながら読んだ 何回も読むことになると思う

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

外山恒一

1970年生まれ。革命家。「九州ファシスト党・我々団」総統。80年代後半、福岡・鹿児島の高校で学校当局との衝突を繰り返し、各地の“戦う中高生”を組織した「全国高校生会議」の主要活動家の1人となる。89年、『ぼくの高校退学宣言』で単行本デビュー。文筆活動に励み、“異端的極左活動家”として90年代を過ご

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品