フィンランド 豊かさのメソッド 集英社新書

堀内都喜子

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087204537
ISBN 10 : 4087204537
フォーマット
発行年月
2008年07月
日本
追加情報
:
18cm,199p

内容詳細

子どもの学力調査1位、国際競争力ランキングでも4年連続1位に輝いたフィンランド。その格差なき成長の秘密はどこにあるのか。豊かな社会をつくる国の素顔を、貴重な留学体験を踏まえて語る。

【著者紹介】
堀内都喜子 : 1974年長野県生まれ。大学卒業後、日本語教師等を経て、フィンランド・ユヴァスキュラ大学大学院に留学。異文化コミュニケーションを学び、修士号を取得。フィンランド系企業に勤務しつつ、フリーライターとしても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ヴェネツィア さん

    OECDの行った学習到達度調査において、総合及び「科学的リテラシー」などの各部門で軒並み上位にランキングされ、にわかにフィンランドの教育に注目が集まり、日本からも次々に視察団が訪れているらしい。秘訣というほどのものもないようだが、小人数教育と教員の質の高さに負うところは大きいようだ。また、現在はそうではなくなったが、大統領も首相も前任者は女性だった。これも大きな特徴だろう。また、料理やお菓子のまずいのも有名だ。網羅的にフィンランドを語っているのだが、全体に真面目過ぎだ。もう少し、ユーモアが欲しいところ。

  • みのゆかパパ@ぼちぼち読んでます さん

    OECDの学力調査で好成績を残し続け注目を集めているフィンランドの“いま”を、同国の大学院で学んだ経験を持つ著者が紹介した一冊。やはりその教育制度の充実っぷりには目を見張るものがあり、教育を国をつくる根幹と位置付け、誰もがその能力を伸ばせるような条件を整えようとする姿勢は、競争と管理の教育が幅を利かす日本で子どもを育る自分からするとうらやましいばかり。手厚い福祉政策をとり、その税負担が大きいながらも経済成長を続けているという事実にも興味がわく。日本のこれからを考えるうえで、踏み込んで学んでみたい気がする。

  • kinkin さん

    森と湖の国、フィンランドぐらいしか印象がなかったが、この本を通じて この国の文化、教育、社会の一面を知ることができた。フィンランド語は相当に難しいそうだ。いつか生のフィンランド語を聞くことを夢見て本を閉じた。

  • 犬こ さん

    フィンランドは人口も多くなく、地理的にも恵まれた国では無く、税金も高いけれども福祉と教育が充実した国です。コーヒー消費量が世界一というのも意外ですが、お茶する時間を多くとるのも心のゆとりですね〜。ノルウェーをすぐ敵対視するなどは遠い異国な印象で、そうなるとノルウェーに関する本も読みたくなります。

  • ふ〜@豆板醤 さん

    3。教育の実態や産業発展など、文化や歴史についての本。期待してたのと少し違ったかな。。学力差が個人・学校間でないということに驚き。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

堀内都喜子

1974年長野県生まれ。大学卒業後、日本語教師等を経て、フィンランド・ユヴァスキュラ大学大学院に留学。異文化コミュニケーションを学び、修士号を取得。フィンランド系企業に勤務しつつ、フリーライターとしても活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品