性風俗シングルマザー 地方都市における女性と子どもの貧困 集英社新書

坂爪真吾

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087211047
ISBN 10 : 4087211045
フォーマット
出版社
発行年月
2019年12月
日本
追加情報
:
272p;18

内容詳細

「彼女たちは、なぜ、その仕事をやめられないのか?」

経済的困窮におかれたシングルマザーの中で、デリヘルなどの性風俗店で働く人たちが増えている。
首都圏に比べて賃金も低い、働き口も少ない、行政の公的サービスも十分でないという地方都市において、「性風俗シングルマザー」はどのように仕事と育児をこなし、貧困から脱出しようともがいているのか?

【主な内容】
・子供たちがひしめきあう託児所
・風俗で働いていることを隠して結婚
・子育て支援の充実した隣町に引っ越し
・高時給の仕事を探し、いつの間にかデリヘルに
・離婚できない「隠れシングルマザー」
・接客中に保育園から電話がかかってくる
・スマホで分娩の方法を調べて自宅出産
・「最悪の客」に指名される
・最初の仕事で性暴力被害に
・足りないのは「夫」でも「お金」でもない
・財政難の地方都市が貧困の連鎖を断つためには

【目次】
はじめに
第一章 地方都市の風俗店で生きるシングルマザー
第二章 生活と子育てを安定させるために
第三章 義実家という名の牢獄
第四章 たった一人の自宅出産
第五章 彼女たちが「飛ぶ」理由
第六章 「シングルマザー風俗嬢予備軍」への支援
第七章 風俗の「出口」を探せ
第八章 「子どもの貧困」と闘う地方都市
終章  「家族」と「働く」にかけられた呪いを解く
おわりに
シングルマザーが生活や仕事で困った時の相談窓口

【著者プロフィール】
坂爪真吾(さかつめ しんご)
1971年、新潟生まれ。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。東京大学文学部卒。
新しい「性の公共」をつくるという理念の下、重度身体障がい者に対する射精介助サービス、風俗店で働く女性の無料生活・法律相談事業「風テラス」などで現代の性問題の解決に取り組んでいる。
2014年社会貢献者表彰。著書に『はじめての不倫学』『性風俗のいびつな現場』『セックスと障害者』『セックスと超高齢社会』『「身体を売る彼女たち」の事情』など。

【著者紹介】
坂爪真吾 : 1981年、新潟市生まれ。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。東京大学文学部卒。新しい「性の公共」をつくる、という理念の下、重度身体障害者に対する射精介助サービス、風俗店で働く女性の無料生活・法律相談事業「風テラス」などで現代の性問題の解決に取り組んでいる。2014年社会貢献者表彰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • はじめさん さん

    育った環境が二親、片親関係なく、立派に社会生活送っている人はたくさんいて、そういう人たちは別にメディアでは取り上げられない。DVとか一部の家庭がクローズアップされ、ひとまとめにされている感はあるが、貧困の連鎖という点で見れば、貯蓄が少なく、高校も中退しているシングルマザーがそれなりの高収入で親子の生活の質を向上させようとするなら夜の世界に行くしかない。地方都市だと、無法ネット掲示板とかで誹謗中傷や前の店の源氏名暴かれたり、別れた夫が客として凸してきたり…。 / 結婚して、夫に内緒で風俗で働く…はアウトかな

  • すけまる さん

    性風俗で働くシングルマザーについて、現状と課題を具体例を交えながら、俯瞰的に、客観的に説明する。これ系の本では中村氏の本を読んだことがあるが、そちらは視点がミクロ過ぎて希望も何も見えない状態だったが、この本はやや俯瞰的な視点なので、セーフティネット的な部分にも触れている。「風テラス」という風俗で働く女性の生活相談窓口があることは初めて知った。また、風俗では託児所付きの所もあり、情報共有の場にもなり、シンママのセーフティネットとしての側面もあることも触れていた。偏見を捨てさせ、勉強になる一冊だった。

  • くろねこ さん

    著者の話をきく機会があり読みました。個々の事例から問題点を考え、現在の取り組み、そしてこれからどうしていくとよりよくなるか、という提言に繋がっていく。こういう現場から社会制度までを考えていく姿勢が良いですね。この社会の中で生きている以上、何事も他人事ではない、そこから始まると思います。

  • bapaksejahtera さん

    以前同著者の「性風俗のいびつな現場」を読んだ。やや救いのあるルポであったが、本書は扱う世界は同じものの極めて深刻である。性風俗業に従事する、母となった女性達のルポである。未熟な男女関係から生ずるシングルママ。彼らの幾分かは性被害の経験者であり明らかに広汎な発達障害を抱える。著者は真摯に女性達への支援策を幅広く提案する。本書が明らかに指摘するように良くも悪しくも濃密だった地域社会は崩壊し、家庭や子供への修復力は著しく劣化した。一人親への負担はいや増す。これらを行政任せにする事は不可能だしすべきではない。はて

  • hikarunoir さん

    往々に世襲される低学歴母子家庭。言及されぬ性教育の貧困が透ける。仮名が逐一架空の町の住人を示唆するのは、S市がその元ネタの東北部都市だから?

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂爪真吾

1981年新潟市生まれ。東京大学文学部卒。一般社団法人ホワイトハンズ代表理事。新しい「性の公共」を作る、という理念の下、重度身体障がい者に対する射精介助サービス、風俗店で働く女性の無料生活・法律相談事業「風テラス」など、社会的な切り口で現代の性問題の解決に取り組んでいる。著書多数(本データはこの書籍

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品