モバイルハウス 三万円で家をつくる 集英社新書

坂口恭平

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087207019
ISBN 10 : 4087207013
フォーマット
出版社
発行年月
2013年08月
日本
追加情報
:
190p;18

内容詳細

路上生活者の老人から啓示を受け、ノウハウを学んだ著者は、予算三万円足らずで「移動できる家=モバイルハウス」をつくりあげた。およそ二畳間大のモバイルハウスは、思いのほか、快適な空間だった。そして、土地とは何か、家とは何か、住むとはどういう営みなのか…等々、根源的な思考をうながしてきた。それは、小さいけれど壮大な、社会実験の装置だったのである。前著『独立国家のつくりかた』で提示された「一人で国をつくる」という思想は、「一人で家をつくる」という実践から生まれた。著者の原点を余すところなく開示する、痛快なドキュメント。

目次 : 実験の始まり/ 土地は一体誰のものか/ モバイルハウスは家か、車か?/ 自力で家を建てるということ/ 多摩川文明を訪ねる/ モバイルハウスをつくる/ インフラを整える/ 駐車場を借りる/ 東日本大震災とモバイルハウス/ モバイルハウスでの生活/ 一つ屋根の下の都市生活/ モバイルハウスヴィレッジ計画/ 新しい土地の使い方を考える/ 家とは何か

【著者紹介】
坂口恭平 : 1978年熊本県生まれ。作家、建築家、絵描き、踊り手、歌い手。早稲田大学理工学部建築学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 阿呆った(旧・ことうら) さん

    考えていることが面白い。けど、こんなことばかり考えている人が多くなれば、日本の国力が下がりそうだ。

  • ケー さん

    再読。改めて読んでみるとモバイルハウスによって自由な生活を手に入れているようで、実のところ休息や排泄、インターネットやライフラインはかなり都市システムに依存した自由だなと感じた。しかしそれを否定的な意味には感じなかった。むしろ、都市システムで事足りるものは徹底的に都市に設置してみんなの公共として利用し合えばいいよなぁと感じた。机上の空論だろうけれども。そして坂口さんのこの考え方はこの前読んだphaさんの考え方もほぼ同じことにも気づいた。読み直してまた新たな発見。

  • ふろんた さん

    読む価値はあるのですが、やり方に不満が多い。まず、モバイルハウスで事足りるインフラが整備されてきたことに触れるべき。20年前ならパソコン買って電話回線引かなければならなかったのがスマホ1台で済むとか、必要なモノや情報のの入手が容易になったこともネットの恩恵です。昔なら所有しているほうが安心、安全だったのが今は雇用は流動的、災害等も考慮すると失うリスクのほうが大きいと考える時代。住居もモバイル化される時代というストーリーなら受け入れられるのですが、これはただの自己満足にしか思えなかった。

  • RYOyan さん

    新築マンションが傾いちゃってる現在だからこそ考え直したい家のこと。巣という発想は面白いな。人間の営みの変化に合わせて、家の在り方も変わらなくちゃ。でも本当に移動できる家って夢のある話だと思う。既成概念を取り払って、まっさらな視点でこの世界や社会を見つめ直すと、まだまだ気づいていない現実や、すぐそばに自由が転がっているのかもしれない。

  • アビ太郎 さん

    これまでの坂口恭平氏の本は、抽象的であり、面白いがイマイチ現実味がなかった。しかし本書は実際にモバイルハウスを製作し、住んでみたりと具体的な行動を伴っている。自分もモバイルハウスを作ってみたいとは思わなかったが、面白かった。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

坂口恭平

1978年、熊本県生まれ。2001年、早稲田大学理工学部建築学科卒業。作家、建築家、音楽家、画家。2004年、路上生活者の住居の写真集『0円ハウス』を刊行。2008年、それを元に『TOKYO 0円ハウス0円生活』で文筆家となる。2011年、東日本大震災をきっかけに「新政府内閣総理大臣」となった経験を

プロフィール詳細へ

坂口恭平に関連するトピックス

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品