平成時代 岩波新書

吉見俊哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784004317777
ISBN 10 : 4004317770
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
277p;18

内容詳細

平成の三〇年は「壮大な失敗」、今後も続く「失われる半世紀」への序曲であった…。「失敗」と「ショック」の意味を多分野にわたりシビアに総括することからしか、新たな展望は描けない。経済、政治、社会、文化でこの三〇年間、何がおきたのか。社会学者吉見俊哉が「ポスト戦後社会」の先に待っていた空虚な現実を総括する。

目次 : はじめに 「平成」という失敗―「失われた三〇年」とは何か/ 第1章 没落する企業国家―銀行の失敗 家電の失敗/ 第2章 ポスト戦後政治の幻滅―「改革」というポピュリズム/ 第3章 ショックのなかで変容する日本―社会の連続と非連続/ 第4章 虚構化するアイデンティティ―「アメリカニッポン」のゆくえ/ おわりに 世界史のなかの「平成時代」―失われる半世紀への序曲

【著者紹介】
吉見俊哉 : 1957年東京都生まれ。1987年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院情報学環教授。専攻は社会学・文化研究・メディア研究。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓@勉強中 さん

    経済・政治・震災・文化などのトピックからまとめられた平成史。この手の新書にしては読みやすく、アニメなどのサブカルチャー分析も含まれている。政治と経済は個人的な認識の補填に役立った。失敗を真正面から再検討しないと、修正や成功はできない。この国の国民性や組織はそれを避けているように思う。

  • hatayan さん

    政治、社会、文化、災害といった幅広い切り口から平成の30年を批判的に考察し、次の世代に問われる姿勢を示すもの。 バブル崩壊の余波が生んだ就職氷河期。非正規雇用となったロスジェネ世代は下流社会ともいえる新たな階層を出現させ、人口減少には拍車。社会保障の担い手が先細り国際社会でも存在感を失う日本は移民拡大へ舵を切る。ヨーロッパが先に体験したように、日本とてグローバル化の例外ではありえない。 作中では当時よく読まれた文献が随所に紹介されており、平成に起きた事件や事象を素早く振り返るには最適の一冊かと思います。

  • あしお さん

    平成から令和に変わる時期に出版された本。「失敗」と「ショック」の30年史と帯に書いてあった通り、平成と云う時代を失敗の連続だったと捉える。私にとって平成元年は大学入学の年であり、バブルが弾けた後に社会人になった。思い返すと、たまには楽しいこともあったけど、全体として沈鬱な時代であったように思う。閉塞感というか、頑張っても報われる気がしない時代であった。その自分自身の感覚とこの本の内容は実にピッタリと合う。

  • sas0334 さん

    平成の30年間を経済・政治・社会・文化の各トピックごとに振り返り、「壮大な失敗」として総括し、失敗から学ぶことを説く本。確かに伸び悩む経済や混乱する政治を見ると平成を「失敗の時代」として総括したくなる気持ちはわからないでもないが、戦争が無く、物質的にも豊かで、価値観の多様化が進んだことには全くと言っていいほど触れず、バブル全盛期(平成元年=1989年)からの引き算でひたすらダメな部分を挙げ連ねるのもそれはそれで違うような気がした。読んで損をする本ではないが…

  • triple_port さん

    「失敗」かもしれないが、その陰で救われていたものも多かったような気がする平成。大きな戦争に巻き込まれるわけでもなく、不況で未曽有の大失業者が路頭に迷うわけでもなく、一定の評価もあってよいのではないかと感じた一冊。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品