平成時代 岩波新書

吉見俊哉

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784004317777
ISBN 10 : 4004317770
フォーマット
出版社
発行年月
2019年05月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
277p;18

内容詳細

平成の三〇年は「壮大な失敗」、今後も続く「失われる半世紀」への序曲であった…。「失敗」と「ショック」の意味を多分野にわたりシビアに総括することからしか、新たな展望は描けない。経済、政治、社会、文化でこの三〇年間、何がおきたのか。社会学者吉見俊哉が「ポスト戦後社会」の先に待っていた空虚な現実を総括する。

目次 : はじめに 「平成」という失敗―「失われた三〇年」とは何か/ 第1章 没落する企業国家―銀行の失敗 家電の失敗/ 第2章 ポスト戦後政治の幻滅―「改革」というポピュリズム/ 第3章 ショックのなかで変容する日本―社会の連続と非連続/ 第4章 虚構化するアイデンティティ―「アメリカニッポン」のゆくえ/ おわりに 世界史のなかの「平成時代」―失われる半世紀への序曲

【著者紹介】
吉見俊哉 : 1957年東京都生まれ。1987年東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京大学大学院情報学環教授。専攻は社会学・文化研究・メディア研究。著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • KAZOO さん

    著者の本はたぶん初めてなのですが、この本の位置づけは同じ岩波新書の「ポスト戦後社会」の続編ということで、日本の平成時代が如何に失敗の連続であったかということを書かれています。企業(銀行と家電)、政治、社会、エンターテイメントなどの分野からかなり詳しく分析されています。このようなあとには希望があるということも匂わせてくれます。力作であると思います。

  • 佐島楓@執筆中 さん

    経済・政治・震災・文化などのトピックからまとめられた平成史。この手の新書にしては読みやすく、アニメなどのサブカルチャー分析も含まれている。政治と経済は個人的な認識の補填に役立った。失敗を真正面から再検討しないと、修正や成功はできない。この国の国民性や組織はそれを避けているように思う。

  • 壱萬弐仟縁冊 さん

    経済と政治の失敗は、社会の失敗とも表裏をなす。社会の失敗とは、超少子化と格差拡大を止められなかったことだ(12頁)。非正規雇用の拡大と雇用不安、高学歴層の就職難、ワーキングプアなどの問題が噴出し、文化的な余裕が社会から失われた(20頁)。当事者としては、学歴ロンダリングとなろうが、とっとと学位を取っておくべきだったろう。しかし、元指導教官に対して人としてそりが合わないと、一生頭を下げていくのも酷なもの。母親が足を洗え、と言っていたのを思い出す。いずれにしても、学位があろうがなかろうが、ダメだっと思う。

  • hatayan さん

    政治、社会、文化、災害といった幅広い切り口から平成の30年を批判的に考察し、次の世代に問われる姿勢を示すもの。 バブル崩壊の余波が生んだ就職氷河期。非正規雇用となったロスジェネ世代は下流社会ともいえる新たな階層を出現させ、人口減少には拍車。社会保障の担い手が先細り国際社会でも存在感を失う日本は移民拡大へ舵を切る。ヨーロッパが先に体験したように、日本とてグローバル化の例外ではありえない。 作中では当時よく読まれた文献が随所に紹介されており、平成に起きた事件や事象を素早く振り返るには最適の一冊かと思います。

  • フム さん

    「平成」という失敗についての一種の博物館を一冊の本の中に実現したかったとのこと。平成の30年が失敗の時代というのは、私の実感とも一致している。成長の限界を前に、既得権を守ることにとらわれて未来を見据えた展開ができなかった、政治や企業。それは今も変わらずもどかしい。平成の大きなショックの一つ東日本大震災と原発事故ですら、社会の方向転換にならなかった。そしてオリンピックである。現実をみようとしない、失敗に学べない国ということをこの本を読んで再確認してしまった。まるで救いがない、あとがきの通りだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品