花ちゃんのサラダ 昭和の思い出日記 集英社新書ノンフィクション

南條竹則

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087211481
ISBN 10 : 4087211487
フォーマット
出版社
発行年月
2020年12月
日本
追加情報
:
256p;18

内容詳細

高度経済成長華やかなりし頃、少年が幼少期を過ごした東京には、郷愁あふれる景色が広がっていた……。
幻想文学の鬼才、怪奇小説の名訳者として知られる著者が幼い日に見た情景とは? 
懐かしいメニューの数々をきっかけに、在りし日の風景をノスタルジー豊かに描き出す。
お子様ランチに興奮した三越の食堂、着流しで悠々と街を歩く祖父の姿、そして浅草の遊園地で一緒に遊んだねえやさんとの日々。
独自の文体で描いた南條商店版『銀の匙』。

◆目次◆
まえがき
花ちゃんのサラダ
花ちゃんのお勝手
きみよし焼き
ひさご通り
日本橋の「スエヒロ」
オブラート
かりんとう
「へいはち」考
金魚の糞
おすもじ
三越の食堂
カリーライス
三笠会館の唐揚げ
鯛めし
あとがき
謝辞

◆著者略歴◆
南條 竹則(なんじょう たけのり)
1958年東京生まれ。作家。翻訳家。東京大学大学院英語英文学修士課程修了。東京外国語大学、学習院大学講師。
『酒仙』(新潮社)で第5回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞。近著に『ゴーストリイ・フォークロア』(KADOKAWA)。
他著書に『吾輩は猫画家である ルイス・ウェイン伝』、『人生はうしろ向きに』(集英社新書)、『中華料理秘話 泥鰌地獄と龍虎鳳』(ちくま文庫)など。
訳書に『インスマスの影』(新潮文庫)など。

【著者紹介】
南條竹則 : 1958年東京生まれ。作家。翻訳家。東京大学大学院英語英文学修士課程修了。東京外国語大学、学習院大学講師。『酒仙』(新潮社)で第5回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Inzaghico さん

    「花ちゃんのお勝手」、「日本橋の『スエヒロ』」、『三越の食堂』、『三笠会館の唐揚げ』といった見出し、昭和世代に直球で迫ってくる。この人は、わたしより10歳ほど上だが、商家の生まれで、両親が外国暮らしで、祖母と一緒と住み、「ねえやさん」に育てられた。「花ちゃん」というのは、そのねえやの名前だった。ちなみに、ねえやの本名は美智子さん。昔はそういう時代だったんだな。

  • イースクラ さん

    著者より一回り下だけど、読んでて思い出した…高校時代訳あって三味線を習いに行った駒込の古いお家。煙管で一服し、吸い終わるとそれを煙草盆に叩き付ける怖い師匠。ねこが居て、不安覚えたこと…この本の中に出て来る人や景色と一緒で、もうどこにもいない。

  • 田中秀哉 さん

    南條商店版『銀の匙』とはよく言ったもんで、珠玉の短編集でした。今はもう味わえないであろう昭和の東京をノスタルジックに描いています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

南條竹則

1958年生れ。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品