南方熊楠英文論考「ネイチャー」誌篇

南方熊楠

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087813326
ISBN 10 : 4087813320
フォーマット
発行年月
2005年12月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
22cm,421p

内容詳細

近代西洋諸科学に東洋の学を拮抗させた若き熊楠の挑戦。26歳の処女論文「東洋の星座」からオランダ人東洋学者との「ロスマ」大論争まで、「ネイチャー」に掲載された論文63篇を全訳、うち59篇が初訳。

【著者紹介】
飯倉照平 : 1934年生まれ。東京都立大学名誉教授。中国文学研究者

松居竜五 : 1964年生まれ。龍谷大学助教授、科学研究費補助プロジェクト「南方熊楠草稿資料の公刊および関連資料の総合的研究」代表

田村義也 : 1966年生まれ。成城大学非常勤講師

中西須美 : 名古屋大学講師を経て翻訳業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • Pikatyuagarden さん

    ・「星をグループ化して星座とすること」に対して「東洋の星座」 ・幽霊に関する論理的矛盾 ・日本の記録にみえる食人の形跡 ・ライオンの天敵 ・熊楠にとって本を読むことは、たいていの場合、その全部あるいは一部を書き写すことでもあった。

  • tkm66 さん

    ・・うーん、後年の紀州でのフリチンで道端でゲロ吐いたりしている奇人とは整合性が付かん!との覚えが。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品