そして、メディアは日本を戦争に導いた

半藤一利

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784492061916
ISBN 10 : 4492061916
フォーマット
出版社
発行年月
2013年10月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;19

内容詳細

軍部の圧力に屈したのではなく、部数拡大のため自ら戦争を煽った新聞。ひとりよがりな正義にとりつかれ、なだれをうって破局へ突き進んだ国民…。昭和の大転換期の真相を明らかにし、時代状況が驚くほど似てきた“現在”に警鐘を鳴らす。

目次 : 序章 いまなぜジャーナリズム論か/ 第1章 戦争報道と商業主義/ 第2章 テロと暴力賛美の歪み、その内側/ 第3章 国際社会との亀裂の広がり/ 第4章 国家の宣伝要員という役割/ 第5章 暴力とジャーナリズム/ 終章 現在への問いかけ

【著者紹介】
半藤一利 : 昭和5年(1930)、東京生まれ。東京大学文学部卒業後、文藝春秋入社。「週刊文春」「文藝春秋」編集長、専務取締役などを経て作家。「歴史探偵」を自称。『漱石先生ぞな、もし』(正・続、新田次郎文学賞)、『ノモンハンの夏』(山本七平賞)、『昭和史1926‐1945』『昭和史戦後篇』(毎日出版文化賞特別賞)など著書多数

保阪正康 : 昭和14年(1939)、札幌市生まれ。同志社大学文学部卒業後、出版社勤務を経て、ノンフィクション作家。昭和史の実証的研究を志し、のべ4000人もの関係者たちを取材して肉声を記録してきた。個人誌「昭和史講座」を主宰。一連の昭和史研究で第52回菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 姉勤 さん

    本意は、発行者の東洋経済新報社の提灯本です。売れればいいとする、数多愚かなるマスコミの中で「ここ」だけは違うと、金を貰っての対談。戦前戦中戦後の報道機関を含むマスメディア。それに流される世論が、現在と良く似ているんだそうです。この手の「古い」批判本は、その時代に日本と莫たる「世界」の一対しか視点がない事。地球規模の経済・軍事・気候・宗教活動そして流行病。その他数多の因子を勘案しなくては新しい史観は生まれない。戦争を煽る記事を書く似非ジャーナリストとこの対談者の何処が違うのか?対となる愚かな日本人そのもの。

  • りこむん@夕凪の街 桜の国を読んで欲しいの! さん

    半藤さんと保坂さんの戦中戦後のジャーナリズム対談。タイトルから想像するものとは、違い。どちらかと言えば、今後のジャーナリズムに対する警告みないな内容。戦中のジャーナリズムよりも、今現在の話のが怖かったし、心配になった。確かに、今は簡単に情報が手にはいる。でも、それだけなんだ。例えば、2.26事件と、調べれば、事件の内容がズバリ出てくる。でも、それだけなんだ。それだけを見て、読んだだけで、すべてを理解したつもりでいる人が多い。

  • 曲月斎 さん

    要点は最後の2章、「暴力とジャーナリズム」「現在への問いかけ」にある。特定秘密保護法が成立した今、国民を四角形に囲い込む1辺が成立してしまったのを感じる(残りの3辺は教育、暴力、情報の一元化)。昭和1ケタ時代に似ているという措辞は今までにも重々感じてきたところ。中で、週刊朝日の「ハシシタ事件」に関しての橋下市長の態度など劇場型になっているという指摘が興味深い。確かに情報発信の手段を個々が持てなかった時代との差、経験則が成立しえない、煽情や大衆行動、暴走が起きやすいのは事実。改めて「軽躁」という言葉を想う。

  • ロッキーのパパ さん

    タイトルから戦前期のメディア批判がメインかと思った。実際はもう少しスパンが広く、明治期から現代まで対象にしていた。ただ、著者たちの主眼は現代のジャーナリストの質の低下にあったと思う。ちょっと手垢がついた主張ではあるけど、おおむね理解はできる。石橋湛山を持ち上げていることが多いなと思ったら、東洋経済の本だったんだね。もちろん、石橋湛山が気骨のある言論人だったことは同意できるけど。

  • sibasiba さん

    メディアが戦争を煽ったのはそれで売れたからと言うのは知っていたが、数字でここまでハッキリと出ていたのか。色々と興味深い話があるが、なんか非常に愚痴っぽい。自覚があるのか老い先短いのでなんて言い訳あるのがちょっと。まあ仰る通り現代を知るには歴史の勉強をまずしましょう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

半藤一利

1930(昭和5)年に東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)で生まれる。勉強よりもメンコやベエゴマ、すもうに熱中する悪ガキ少年で、東京府立第七中学校(現在の都立隅田川高校)に入学するが、成績は300人中200番台であった。中学2年生で東京大空襲にあい、その後東京をはなれ父のふるさとの新潟県長岡で終

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品