世界と闘う「読書術」 思想を鍛える一〇〇〇冊 集英社新書

佐藤優

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087207156
ISBN 10 : 4087207153
フォーマット
出版社
発行年月
2013年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
佐高信 ,  
追加情報
:
286p;18

内容詳細

世界中で民族紛争や宗教対立が激化、格差は拡大し家族・地域も崩壊寸前。この争乱の時、自分の言葉で世界を捉え直し、思考を鍛えるには読書しかない。言論界の武闘派コンビが贈る、生き残る為の読書術。

【著者紹介】
佐高信 : 1945年、山形県生まれ。慶應義塾大学法学部卒業。高校教師、経済誌編集長をへて評論家

佐藤優 : 1960年、東京都生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • mitei さん

    同じような本に立花隆との対談があったが、こちらは完全に文系(政治、近代史)にシフトした感じがした。しかし佐藤優の知識はすごいなぁと思う。あの佐高信が受け身に感じるほどだった。

  • 佐島楓@執筆中 さん

    ベーシックな知識が身についている方向けの本。基本的な勉強の積み重ねが一番大事。

  • SOHSA さん

    佐藤優と佐高信の対談形式で、両氏の薦める本が次々と紹介されていく。両氏の読書量と知識の深遠さには驚くばかりだが、一方で両氏の思想と思考の違いが手に取るように見えて、大変興味深い。二人の薦める1000冊は、どれも重厚で軽々には読み尽くせないが、読み手の読書欲を激しく刺激してくる。刺激を受けた私は徒に右往左往するばかりだ。

  • AIRE さん

    2013年11月刊。宗教・民族と国家の関係から、社畜とブラック企業まで、9つのテーマで本やその著者について二人の著者の間で語られる。各章の終わりにテーマに関連する書名のリストがあり、それぞれの著者が推薦するものも明示しています。加えて巻末に佐高信が選んだ新書リストがあり、この全部のリストの合計が1000なのでしょう。(面倒なので数えていません)。対談の中で出てきた「10年後に食える仕事食えない仕事」が唯一私に内容がわかる本でした。

  • シュラフ さん

    佐高信と佐藤優の読書をテーマにした対談集。いくつかのテーマに分けて両者が議論していくのだが、やはり佐藤優がすごい。さすがの佐高信もたじたじといった感じが伝わってくる。佐藤優のすごみはどんな問いかけに対しても切り口するどい返しをするところ。今まで読んだ本が血となり肉になっているのが分かる。ただ漠然と本を読むのではなく、こういう読み方をしたいものである。おそらく佐藤優の中では物事に対する解釈・判断というものが体系化されていて本の内容をすぐに整理できるということなのだろう。この人の頭の構造はどうなっているのか。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

佐藤優に関連するトピックス

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品