「闇学」入門 集英社新書

中野純

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087207231
ISBN 10 : 4087207234
フォーマット
出版社
発行年月
2014年01月
日本
追加情報
:
204p;18

内容詳細

最近、ナイトハイク、夜散歩などの「闇歩き」が人気だ。
その提唱者で、闇と人体の関係や、文学、住居、信仰など多様な視点から日本文化を支える闇を研究してきた著者が、最新知見も交え、闇の謎と魅力を解き明かす。


【著者紹介】
中野純 : 1961年、東京都生まれ。文筆家。「闇」に関わる著作を数多く発表する一方、夜の山や街を歩く「闇歩きガイド」としても活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • しんちゃん さん

    ナイトハイク、夜の虫聴きや花見など豊かな闇の世界を興味深く紹介していて、色々実践してみたい。現代社会は人工の光が多すぎて、もったいないことをしていると思いました。昔、北海道で夜の森に入ったとき、真っ暗な闇を経験して、驚くほど五感が研ぎ澄まされたのを思い出しました。こういう感覚を大事にしていきたいです。

  • 和草(にこぐさ) さん

    東日本大震災後の電気供給の教訓を忘れてしまったような感じがある中、この本はその教訓を再び思い出させてくれる。やはり現在の日本は灯りが過剰にありすぎる。もっと「闇」を感じる生活をすることで、「明」の有り難さを感じるのではないのだろうか。

  • bouhito さん

    先日、野球場へナイターを観に行った際、そういえば子どもの時分、近所のグラウンドで夜間練習用の照明がたかれるとそれだけで胸がおどったのだと思いだした。多分、それはやはり田舎に暮らしていて、暗闇に慣れており、だからこそ照明の光に魅了されたのだろう。「闇」というと、危険というイメージがつきものだが、夜の闇は、時として私たちを守ってくれる。そしてまた、私たちは本来、夜の闇のなかを遊んできたのだ。

  • kogoty さん

    こちらも娘が借りてきたもの。「心の闇」とかではなく、「夜の闇」の方。暗闇は人間にとって必要なものなんだよ、と。そうそうそう、と相槌を打つ間になるほど!も挟まって飽きずに読めた。著者が同い年だったのと居住地が一緒だったことに一番驚いたな。

  • misui さん

    「闇歩きガイド」として活動する人物による「闇」のススメ。現在では夜でさえどこもかしこもぴかぴかと明るい日本だが、かつては闇を取り入れた生活を営んでいたことを掘り起こし、改めてその魅力を語っている。特に闇の中での感覚の変化については体験した人にしか書けない臨場感があって楽しく読んだ。もうちょっと危険についても書いてもらえたらなおよかったな。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

中野純

少女まんが館共同館主、体験作家、闇歩きガイド。1961年東京都生まれ。パルコでイベント企画、宣伝を担当後、フリーに。1989年に大井らと有限会社さるすべりを設立、1997年に大井らと少女まんが館を創立

プロフィール詳細へ

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品