CD 輸入盤

『マクベス』全曲 クラウディオ・アバド&スカラ座、ピエロ・カプッチッリ、シャーリー・ヴァーレット、他(1976 ステレオ)(2CD+ブルーレイ・オーディオ)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4835601
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


若い情熱が迸る
アバドとスカラ座のオペラ録音


クラウディオ・アバドの栄えある1976年録音のヴェルディ『マクベス』。シャーリー・ヴァーレットによるマクベス夫人が特に素晴らしいと評判です。

ドイツ・グラモフォンの豪華ハードカバー仕様によるオペラ・シリーズ。オリジナル・アナログ・テープからの96kHz/24Bitオーディオ・リマスタリング。限定盤。CD2枚組とオペラ全曲を収めたBDオーディオのセットです。英語、フランス語、ドイツ語の歌詞対訳、あらすじ付き。(輸入元情報)

【収録情報】
● ヴェルディ:歌劇『マクベス』全曲


 マクベス/ピエロ・カプッチッリ(バリトン)
 マクベス夫人/シャーリー・ヴァーレット(ソプラノ)
 バンコー/ニコライ・ギャウロフ(バス)
 マクダフ/プラシド・ドミンゴ(テノール)
 侍女/ステファニア・マラグー(メゾ・ソプラノ)
 マルコム/アントニオ・サヴァスターノ(テノール)
 侍医/カルロ・ザルド(バス)
 ミラノ・スカラ座管弦楽団&合唱団
 クラウディオ・アバド(指揮)

 録音時期:1976年1月3-8日
 録音場所:ミラノ、Centro Telecinematografico Culturale
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
不滅の『マクベス』である。ウィーン国立オ...

投稿日:2013/05/19 (日)

不滅の『マクベス』である。ウィーン国立オペラで1999年に初めて『マクベス』を聴いた。タイトルロールはヌッチ。帰国直後にこのCDを購入して聴き、自分がつい先日目の当たりにした実演に勝るとも劣らない感動を受けた。ヴァーレットの夫人をカラスの夫人と比較して劣るという感想もあるかもしれない。しかし、私にとってはその邪悪さを表現してあまりあるのはヴァーレットの方だ。もちろんカプッチッリのマクベスも完璧。ギャウロフ・ドミンゴも格調高く歌い上げてすばらしい。バグパイプの音色を模したという序曲冒頭から緊張感が並ではなく、指揮・オーケストラも文句の付けようがない。

3
★
★
★
★
★
陰謀と流血の暗いドラマだが、プーシュキン...

投稿日:2011/02/10 (木)

陰謀と流血の暗いドラマだが、プーシュキンの「ボリス・ゴドノフ」のヒントとなり、黒澤明の「蜘蛛の巣城」の原作にもなった。一気呵成に突き進む王位簒奪者の悲劇は多くの人々を惹きつけてやまないものがあるのだろう。ヴェルディ・バリトンの第一人者だったカプッチッリとヴァーレットの名唱、若きアバドの指揮もすばらしい。 ただヴァーレットがマクベスからの手紙を朗読するところは、残念ながら発音がかなり非イタリア人であった。イタリア語は母音の発音がわりと単純だが、それでもネイティヴにはそれなりのものがあるということだろう。

鉄血桃太郎 さん | 山梨県 | 不明

2
★
★
★
★
★
アバドが期待通り隙なくスカラ座と大歌手達...

投稿日:2010/08/24 (火)

アバドが期待通り隙なくスカラ座と大歌手達を纏めていて安心して聞ける優秀盤です。ただし、マクベス夫人だけはどうしてもカラスと比べてしまう。そこで僕は、この盤とカラス盤をハイブリッドして聞いてしまいます。カラス盤のオケと合唱の音に欲求不満がたまったらこちらを聞くんです。変なレビュですいません。

こもんせんす さん | 茨城県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品