CD 輸入盤

『アイーダ』全曲 ショルティ&ローマ歌劇場、L.プライス、ヴィッカーズ、他(1961 ステレオ)(2CD)

ヴェルディ(1813-1901)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4782679
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

DG、DECCA Operaシリーズ
率直な表現でドラマの悲劇性を浮かびあがらせた『アイーダ』


ショルティの率直な表現がドラマの悲劇性を浮かびあがらせた『アイーダ』。ゴールやメリルが巧みな歌唱で脇を固めているのも聴きどころです。(ユニバーサルIMS)

【収録情報】
・ヴェルディ:歌劇『アイーダ』全4幕

 レオンティーン・プライス(ソプラノ)
 ジョン・ヴィッカーズ(テノール)
 リタ・ゴール(メゾ・ソプラノ)
 ロバート・メリル(バリトン)
 ジョルジオ・トッツィ(バス)、他
 ローマ歌劇場管弦楽団&合唱団
 サー・ゲオルク・ショルティ(指揮)

 録音時期:1961年7月
 録音場所:ローマ
 録音方式:ステレオ(セッション)

 ブックレット:トラック・リスト&作品概要(英/独/仏)掲載

収録曲   

ディスク   1

  • 01. Overture
  • 02. Si: corre voce che l'Etiope ardisca
  • 03. Se quel guerrier io fossi!..Celeste Aida
  • 04. Quale insolita gioia
  • 05. Alta cagion v'aduna
  • 06. Ritorna vincitor!
  • 07. Possente, possente Ftha
  • 08. Mortal, diletto ai Numi
  • 09. Chi mai fra gl'inni e i plausi
  • 10. Fu la sorte dell'armi a'tuoi funesta
  • 11. Su! del Nilo al sacro lido
  • 12. Gloria all'Egitto, ad Iside
  • 13. Marcia
  • 14. Vieni, o guerriero vindice
  • 15. Salvator della patria, io ti saluto
  • 16. Che veggo!...Egli?...Mio padre!

ディスク   2

  • 01. Quest'assisa ch'io vesto vi dica
  • 02. Ma tu, Re, tu signore possente
  • 03. O Re: pei sacri Numi
  • 04. Gloria all'Egitto, ad Iside
  • 05. O tu che sei d'Osiride
  • 06. Qui Radames verra!...O Patria mia
  • 07. Ciel! mio padre!
  • 08. Pur ti riveggo, mia dolce Aida
  • 09. Fuggiam gli ardori inospiti
  • 10. Tu...Amonasro!...tu!...il Re?
  • 11. L'aborrita rivale a me sfuggia
  • 12. Gia i Sacerdoti adunansi
  • 13. Ohime!...morir mi sento! Oh! chi lo salva?
  • 14. Radames! Radames! Radames!
  • 15. La fatal pietra sovra me si chiuse
  • 16. Presago il core della tua condonna
  • 17. O terra, addio; addio valle di pianti

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
1
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
日本ではショルティのヴェルディ演奏はレク...

投稿日:2011/01/22 (土)

日本ではショルティのヴェルディ演奏はレクイエム以外ほぼ黙殺されてしまった。不思議な話である。凡庸な一部批評家のせいでユーザーが不利益を被った例はこれだけではない。我々も自分の耳で厳しく演奏を見極めなくてはならない。 閑話休題この演奏を聴くと、「アイーダ」が近世ヨーロッパのドラマではなく、古代世界の物語であることを納得させられる。ショルティの表現は実に豪快にしてダイナミック。ヴェルディが意図したと思われる古代の遺跡や彫像に通ずる率直で硬質なドラマティシズムをあますところなく表現している。そこから古代人の質朴な愛憎の葛藤も浮かび上がってくる。

鉄血桃太郎 さん | 山梨県 | 不明

14
★
★
☆
☆
☆
録音のせいもあるのでしょうが、全体的にや...

投稿日:2010/07/12 (月)

録音のせいもあるのでしょうが、全体的にやや乱暴という強引な印象をうけます。 音楽が横に流れないので、気持ちよく音楽に浸ることが出来ませんでした。

トニーさん さん | 三重県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ヴェルディ(1813-1901)

1813年10月10日、ジュゼッペ・フォルトゥニオ・フランチェスコ・ヴェルディは、カルロ・ヴェルディの10番目の子供として、ブッセート近郊レ・ロンコーレに誕生。この頃は政情が不安で、翌年1月には同地にロシア軍が侵攻しています。生家は旅館兼居酒屋を営み、宿泊客の旅芸人の音楽に幼少から惹かれていたとのこと。1821年、父親からスピネットを買ってもらい、やがてピエトロ・バイストロッキにオルガンの奏法も習

プロフィール詳細へ

ヴェルディ(1813-1901)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品