Blu-rayオーディオ 輸入盤

『ニーベルングの指環』全曲 ヘルベルト・フォン・カラヤン&ベルリン・フィル

ワーグナー(1813-1883)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4865502
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
Blu-rayオーディオ
その他
:
限定盤,輸入盤

商品説明


カラヤンの記念碑的なワーグナーの『指環』全曲をブルーレイ・オーディオ1枚に収録

ヘルベルト・フォン・カラヤンによる記念碑的な楽劇『ニーベルングの指環』全曲録音がブルーレイ・オーディオ1枚に収められて発売されます。24-bit/96kHzのハイレゾ音源で、エミール・ベルリナー・スタジオでリマスタリング(2016年)。
 カラヤン自身の話によると、『ボリス・ゴドゥノフ』に取り組んでいた1965年の夏に、ある未来像が心に浮かんだということです。「突然私はザルツブルクでワーグナーを演出し、指揮したいという強い思いにかられました」。カラヤンの夢はワーグナー自身の精神の中にこそあったのでした。「私の指揮棒は将来の世代に彼らが歩んでいくべき道を教えることになるでしょう」。
 カラヤンのワーグナーは、美しさ、抒情性、構造性に特にこだわっていて、彼の記念碑的な『指環』ツィクルスのために、楽器のような声を持ち、歌詞を生き生きと明瞭に届けることのできる超一流の歌手陣が集められました。そして彼のベルリン・フィルハーモニーは見事な才能を発揮し、豊かでカラフルで透明な、多くの時間において今日でも類を見ないほとんど室内楽のようなオーケストラのサウンドを伝えています。

「(最高レベルの素晴らしいベルリン・フィルとカラヤンによる)芸術的な成果は驚くべきものだ。しかしさらに印象を受けたのがこれらの録音の素晴らしい音質である」〜グラモフォン誌、2005年

デジパック仕様。48ページのブックレットには、カラヤンの伝記作家リチャード・オズボーンによる英語とドイツ語のエッセー、録音セッションおよびライヴのザルツブルク制作のリハーサルからの貴重なアーティスト写真が掲載されています。(輸入元情報)

1966-70年ステレオ録音。数ある“リング”の中で、最もオーケストラが雄弁なのがこの演奏。カラヤンの音響設計の巧みさはみごとなもので、単にライトモティーフを浮き彫りにすることに終始することなく、常に耽美的なまでの美感を呈することに成功、壮大な迫力から繊細をきわめた弱音まで、その表現能力の幅広さはさすがカラヤン&ベルリン・フィル。
 カラヤンによって妥協なく選ばれた粒よりのキャストも豪華かつ強力。ステュアート、ヴィッカーズ、デルネシュ、シュトルツェなど名だたるワーグナー歌手たちの名唱に加え、『ラインの黄金』におけるフィッシャー=ディースカウのヴォータン役、『ワルキューレ』におけるクレスパンのブリュンヒルデ役、ヤノヴィッツのジークリンデ役など、カラヤンならではのキャスティングも魅力ある聴きものとなっています。(HMV)


【収録情報】
ワーグナー:『ニーベルングの指環』全曲

● 『ラインの黄金』全1幕

 ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(ヴォータン/バリトン)
 ゾルターン・ケレメン(アルベリヒ/バリトン)
 ジョゼフィン・ヴィージー(フリッカ/メゾ・ソプラノ)
 ゲルハルト・シュトルツェ(ローゲ/テノール)
 エルヴィン・ヴォールファールト(ミーメ/テノール)
 マルッティ・タルヴェラ(ファゾルト/バス)
 カール・リッダーブッシュ(ファフナー/バス)
 オラリア・ドミンゲス(エルダ/メゾ・ソプラノ)
 ロバート・カーンズ(ドンナー/バリトン)
 ドナルド・グローブ(フロー/テノール)
 シモーネ・マンゲルスドルフ(フライア/ソプラノ)
 ヘレン・ドナート(ヴォークリンデ/ソプラノ)
 エッダ・モーザー(ヴェルグンデ/ソプラノ)
 アンナ・レイノルズ(フロースヒルデ/メゾ・ソプラノ)

 録音時期:1967年12月
● 『ワルキューレ』全3幕

 レジーヌ・クレスパン(ブリュンヒルデ/ソプラノ)
 トーマス・ステュアート(ヴォータン/バリトン)
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ジークリンデ/ソプラノ)
 ジョン・ヴィッカーズ(ジークムント/テノール)
 マルッティ・タルヴェラ(フンディング/バス)
 ジョゼフィン・ヴィージー(フリッカ/メゾ・ソプラノ)
 ダニカ・マスティロヴィッツ(ヘルムヴィーゲ/ソプラノ)
 カルロッタ・オルダシー(オルトリンデ/メゾ・ソプラノ)
 リゼロッテ・レープマン(ゲルヒルデ/ソプラノ)
 イングリート・シュテーガー(ヴァルトラウテ/ソプラノ)
 バルブロ・エリクソン(ジークルーネ/メゾ・ソプラノ)
 ヘルガ・イェンケル(ロスヴァイセ/メゾ・ソプラノ)
 ツヴェトカ・アーリン(グリムゲルデ/メゾ・ソプラノ)
 リロ・ブロックハウス(シュヴェルトライテ/ソプラノ)

 録音時期:1966年12月
● 『ジークフリート』全3幕

 ジェス・トーマス(ジークフリート/テノール)
 トーマス・ステュアート(さすらい人/バリトン)
 ゲルハルト・シュトルツェ(ミーメ/テノール)
 ヘルガ・デルネシュ(ブリュンヒルデ/ソプラノ)
 カール・リッダーブッシュ(ファフナー/バス)
 ゾルターン・ケレメン(アルベリヒ/バリトン)
 オラリア・ドミンゲス(エルダ/メゾ・ソプラノ)
 キャサリン・ゲイヤー(森の小鳥/ソプラノ)

 録音時期:1968年12月
● 『神々の黄昏』全3幕

 ヘルガ・デルネシュ(ブリュンヒルデ/ソプラノ)
 ヘルゲ・ブリリオート(ジークフリート/テノール)
 カール・リッダーブッシュ(ハーゲン/バス)
 ゾルターン・ケレメン(アルベリヒ/バリトン)
 トーマス・ステュアート(グンター/バリトン)
 グンドゥラ・ヤノヴィッツ(グートルーネ/ソプラノ)
 クリスタ・ルートヴィヒ(ヴァルトラウテ、第2のノルン/コントラルト)
 リゼロッテ・レープマン(ヴォークリンデ/ソプラノ)
 エッダ・モーザー(ヴェルグンデ/ソプラノ)
 アンナ・レイノルズ(フロースヒルデ/メゾ・ソプラノ)
 リリ・コーカシアン(第1のノルン/メゾ・ソプラノ)
 カタリーナ・リゲンツァ(第3のノルン/ソプラノ)
 ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団

 録音時期:1969年10月

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン
(指揮)

 録音場所:ベルリン、イエス・キリスト教会
 録音方式:ステレオ(アナログ/セッション)

 2016年リマスタリング(24-bit/96kHz)
 ブルーレイディスク対応機器で再生できます。


ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「カラヤンの指環」がBlu-rayディスク1枚に...

投稿日:2017/06/18 (日)

「カラヤンの指環」がBlu-rayディスク1枚に24bit/96kHzで収録されています。 細部までこだわり抜かれた演奏の物凄さは周知であるとしても、ハイレゾによってよりはっきりとわかるようになりました。そして、それは決して高級なオーディオシステムを必要とするものではありません。本当によい時代になったものです。 この楽劇の鑑賞は、本当ならオーディオよりビデオの方が楽しいはずなのですが、舞台演出がひねりすぎているものばかりなのと、演奏の精度が悪すぎるのとで、途中で嫌になるものが多く、その点「カラヤンの指環」であれば音だけで十分に引っ張ってくれます。 音だけで勝負できるのは、これと「ショルティの指輪」くらいのものでしょうが、世評の高いのは後者の方。しかし、ハイレゾになってより楽しめるようになったのは「カラヤンの指環」の方なのではないでしょうか。 ハイレゾならPCオーディオもありますが、パッケージメディアにはコレクションの楽しみもあり、特にこのパッケージはブックレットの出来がよいですね。400ページで相当な厚みですが、背表紙の処理もしっかりしています。 ユニバーサルのパッケージはCD+Blu-rayの詰め合わせが多いですが、さすがにこのパッケージはBlu-rayのみ。カラヤンのベートーヴェン交響曲全集は、CD+Blu-rayのパッケージを出した後、Blu-rayのみのパッケージを出し直していましたが、パソコンとBlu-rayビデオのおかげで再生環境はかなり普及しているはず。CDボックスはもういいので、今後はBlu-rayのみのパッケージで過去の資産を出し直していただきたいものです。

楽山子 さん | 北海道 | 不明

29

ワーグナー(1813-1883)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品