ロバート・D・エルドリッヂ

人物・団体ページへ

オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白 新潮新書

ロバート・D・エルドリッヂ

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784106106514
ISBN 10 : 4106106515
フォーマット
出版社
発行年月
2016年01月
日本
追加情報
:
191p;18

内容詳細

「NO」しか言わないオキナワのままでいいのか?誤解だらけの基地問題、政権交代とトモダチ作戦の裏側、
偏向するメディア――政治的思惑と感情論ばかりが支配する空気に抗い、事実に基づいて日・米・沖のある
べき姿を探究し続けた二十年。歴史研究者として、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄
問題の虚実を解き明かす。沖縄も政府も米軍も、傾聴すべき直言が満載の刺激的論考。

「沖縄問題」の病理とは――捨て身の直言!

【著者紹介】
ロバート・D・エルドリッヂ : 1968年米国生まれ。政治学博士。神戸大学大学院法学研究科博士課程修了。大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授を経て、2015年5月まで在沖縄海兵隊政務外交部次長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おかむら さん

    沖縄の基地問題、米軍側はどう思ってるのか読んでみた。著者は海兵隊元幹部となってましたが、軍人ではなくて歴史学者だそう。普天間と辺野古の違いとかなるほどと思うところもあるけど、沖縄県民が地元紙と教育で左に洗脳されてるというくだりはホントにそうなの? 他の本も読んでみないと。あと海兵隊がほかの3軍と比べて荒くれ者っぽいイメージなのはなんでかな? それも他の本を読んでみないと。沖縄は行ったことないけど三沢は数年前行った。周辺すごく寂れてたー。こういう基地格差もちょっと気になります。

  • 姉勤 さん

    極超の性善説。あえて本邦の「リベラル」を表現するなら、こうか。リベラリストたる我に一切の瑕疵はなく、我に違を唱える暴論に耳を傾ける事、まかりならん。特に沖縄に関する論調は、彼らの忌む「大本営発表」に酷似している。その暴論を開示した事により海兵隊文官を解雇された著者の、沖縄を取り巻く「状況」の分析。ヤマトンチュの見ざる、聞かざる、言わざるの、善意の「逃げ」が、琉球人独立という美名に隠れた「孤立」に手を貸している。識れ、聴け、語れ。それがリベラルであろう。

  • ご飯ライス@へんじがないただのしかばねのようだ さん

    米軍の政治顧問として活躍したアメリカ人歴史学者が書いた一般向けの読み物、であって、「在沖縄海兵隊元幹部の告白」というのも不適切だし、「オキナワ論」というほど「論」じてもいない。とはいえ内容が充実していないわけでは決してなく、米軍側の問題など、内部にいた著者ならではの指摘や、まったく初耳だった勝連沖埋め立て案など、興味深い記述も多かった。 原理原則を持って理性的に粘り強く議論し行動する、アメリカ的というか、西洋的というか、日本にはいないタイプの著者の知性のあり方にも、感銘を受けた。

  • kishi さん

    非常に興味深くて面白かったのですが、沖縄県民の(沖縄メディアの、かもしれませんが)被害者意識の淵源がどこにあって、どう膨らんできたのかについて解説が欲しかったと思います。別の著書に書いてあるのだろうか?

  • skunk_c さん

    独りよがりと傲慢に尽きる。日米と沖縄に通じた歴史学者を自称(実際日本の大学で教えていた)しており、一次史料に当たった研究を矜持としている(どこかで読んだ台詞だが)そうだが、現在の沖縄の「反基地」(これについて著者の語ることの中には首肯できる部分もある)のルーツのひとつである、アメリカ施政権下の基地拡張と反対運動について全く言及がない(知らない訳はないと思う)。都合の悪いことは隠すのか。そして自分の主張に反するものを「左翼」「革新」のレッテルで切る(しかし翁長現知事が「革新」とは!)。騙されてはいけない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』
  • ハンディ六法のトップセラー、最新版が登場 民法・刑事訴訟法改正法案織込み別冊付きの『ポケット六法 平成28年版』。法学の講義から日常実務まで必要な基本法令をも... |2015年10月15日 (木) 13:25
    ハンディ六法のトップセラー、最新版が登場

おすすめの商品