日本への警告 米中朝鮮半島の激変から人とお金の動きを見抜く 講談社プラスアルファ新書

ロジャーズ ジム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784065160794
ISBN 10 : 4065160790
フォーマット
出版社
発行年月
2019年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
203p;18

内容詳細

年金破綻、超円安、総貧困化で、人もお金も日本脱出…。国の破滅を日本人は放置するのか?世界的投資家だけに見える戦慄の未来あなたなら、どうする?

目次 : 第1章 日本人が見て見ぬ振りをする、破滅的な未来(「何かがおかしい」とわかっているはずなのに/ 途方にくれた巨人 ほか)/ 第2章 日本人が今克服すべき課題(女性は天の半分を支える/ 日本人女性は社会の不合理にもっと「NO」を ほか)/ 第3章 アメリカ、中国、朝鮮半島―これが変化の本質だ(ファーウェイで繰り返される衰退の兆候/ 米中貿易戦争の末は武力衝突もあり得る ほか)/ 第4章 家族とお金を守るために私が学んだ九つの成功法則(人の言うとおりにしてはいけない/ 故郷にとどまるな ほか)/ 第5章 これからの時代に勝つ投資(安く買って、高く売る/ 価値があると「知っていた」から投資で勝てた ほか)

【著者紹介】
ジム・ロジャーズ : 1942年米国アラバマ州出身の世界的投資家。イェール大学とオックスフォード大学で歴史学を修めたのち、ウォール街で働く。ジョージ・ソロスとクォンタム・ファンドを設立し、10年で4200%という驚異的なリターンを叩き出す。37歳で引退後はコロンビア大学で金融論を教えるなど活躍。2007年に「アジアの世紀」の到来を予測して家族でシンガポールに移住し、その後も数多くの投資活動および啓蒙活動をおこなう

小里博栄 : 1971年神戸市生まれのグローバル起業家、社会心理学者。ロンドン(LSE)大学卒、オックスフォード大学で修士取得。英税理士。英ベンチャー大手ヴァージン・グループ、ダイソンの日本進出マーケティング担当。2006年(株)LA DITTA創業。インド初の寿司の宅配ビジネス、10万人規模のイベントなど複数のプロジェクトを進める。神戸の国際学校の最年少理事長を経験。400年続く日本の老舗企業の海外事業開発なども手がける。現在博士号取得目指し仕事を続けながらSBSスイスビジネススクール在籍。シンガポール、ムンバイ在住。東京、京都、ロンドンにも拠点を設ける

花輪陽子 : 1級ファイナンシャル・プランニング技能士(国家資格)、CFP認定者。1978年三重県生まれ。外資系投資銀行を経てFPとして独立。2015年からシンガポールに移住する。海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • kawa さん

    昨年亡くなった叔父は地場の中堅企業経営者だったのだが、彼からの折々の助言が自分の生活信条や行動指針を型造る一助となり有り難たかった。スケール感が違うのは勿論なのだがそんな肌触りを本書に感ずる。緻密ではないけれど、体験から導き出される数々のアドバイスは貴重、若い人に特にお勧め。日本を除く極東の国々の将来性を買っているところは、国内の議論にあまり見られない点で新鮮。これから学ぶ語学としては中国語が有望か…、なるほど。

  • てつのすけ さん

    20年ほど前から、農業をしたいという願望がある。しかし、勇気がなく、踏ん切りがつかない。 本書において、将来的に日本では農業が有望である旨述べられている。やるか、やらないか検討してみよう。本書で述べられている、自分で考えるために!

  • Takeya さん

    ●黒田日銀総裁の金融政策は生活を破壊●東京五輪は日本の衰退を早める●日本人女性は社会の不合理にもっとNOを●子や孫に中国語を学ばせよ●50代の日本人は国外投資に目を向けよ●お金の使い方は首相より国民が知っている●ファーウェイで繰り返されるアメリカの愚行●米中貿易戦争の末は武力衝突も●中国人こそが最も優秀な資本主義者●北朝鮮が劇的な経済成長を遂げる可能性●金正恩のスキーリゾート建設の意味するもの●韓国で起業・不動産投資すればお金持ちに●中国に続くBRICs期待株はロシア●内向き志向を続ければ日本は二流の国に

  • NICKNAME さん

    個人的にも株投資を始めてみた自分にとり参考にできればと思い購入。そういう意味だけではなく色々と勉強になる本である。日本のことを相当心配しているということは伝わってくる。それも仕方ないのだと思う。ただ中国やロシアに関しては理解できるが、経済面での将来性について韓国や北朝鮮を評価しているところに今一つ首をかしげてしまう・・・

  • かなた さん

    ◎歴史は、繰り返す。 感想:前作の本と書いてあることとダブっています。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品