CD 輸入盤

クープランの墓、『マ・メール・ロワ』全曲、『シェエラザード』序曲 フランソワ=グザヴィエ・ロト&レ・シエクル

ラヴェル(1875-1937)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
HMM905281
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


やはりロトのラヴェルは凄い!
全く新たな作品を聴くような『マ・メール・ロワ』と『クープランの墓』
ロトの魅力最大限発揮!


2017年のベストCDのひとつ『ダフニスとクロエ』からちょうど1年、ロトが次なるラヴェルを披露してくれます。もちろん初演当時の楽器と奏法にこだわったもので、ファンなら待ちきれないリリースと申せましょう。ロトとレ・シエクルはストラヴィンスキー等で名を売りましたが、本当に相性の良さを示すのはラヴェルで、全作品が彼らの演奏で揃えばラヴェルのオーケストラの新しいスタンダードとなること間違いなしの大事業となるでしょう。
 今回選ばれた3篇のうち、『マ・メール・ロワ』はピアノ連弾曲、『クープランの墓』はピアノ独奏曲として書かれ人気があり、さらに初期の『シェエラザード』序曲も連弾版がありますが、いずれもラヴェルが後に腕によりをかけてオーケストレーションして再創造しました。しかし流れ作業ではなく、『マ・メール・ロワ』は前奏曲、「糸車の踊り」と5つの間奏曲を新たに書き足し、規模を倍にしました。反対に『クープランの墓』は、ピアノ的な構造のフーガとトッカータをはずして4曲にしています。どちらもラヴェルとしては小さな編成ですが、彼の天才的管弦楽法を駆使した精巧さで、極彩色の音響世界を創り上げています。それを初演当時楽器の音色で聴くと、かえって今よりもすっきりとした新鮮な美しさに魅了されます。
 『シェエラザード』序曲はラヴェルの作品中ではあまり演奏されませんが、これもものものしいエキゾチシズムとは異なる清潔な響きとなり、印象一新。実は『ダフニスとクロエ』や『ボレロ』と直接つながる世界であることを認識させてくれます。
 今回もブックレットに弦楽器以外すべての使用楽器と制作年が明記され、貴重な資料となっています。ロトの演奏はますます精緻になり才気煥発。歴史的な意義はもちろんながら、切れの良いリズムとスペード感など驚くほど魅力的な演奏を繰り広げています。(輸入元情報)

【収録情報】
ラヴェル:
1. バレエ音楽『マ・メール・ロワ』(全12曲)
2. 『シェエラザード』序曲
3. 組曲『クープランの墓』(4曲)


 レ・シエクル
 フランソワ=グザヴィエ・ロト(指揮)

 録音:
 1:2016年10月31日/フィルハーモニー・ド・パリ&11月2日/ロンドン、サウスバンク・センター&11月4日/シテ・ド・ラ・ミュジーク・ド・ソワソン
 2:2017年5月20日、9月9,17日/フィルハーモニー・ド・パリ
 3:2017年8月13日/ブローニュ=ビヤンクール、ラ・セーヌ
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

収録曲   

  • 01. 1. Ma Mre L'Oye (Ballett)
  • 02. Prludium: Trs Lent (003:05)
  • 03. Danse Du Rouet - Szene: Allegro (001:58)
  • 04. Interludium: Un Peu Moins Anim (001:15)
  • 05. Pavane De La Belle Au Bois Dormant: Lent (001:38)
  • 06. Interludium: Plus Lent (000:50)
  • 07. Les Entretiens De La Belle Et De La Bte (Walzer: Modr) (004:00)
  • 08. Interludium: Lent (000:40)
  • 09. Petit Poucet (Trs Modr) (003:32)
  • 10. Interludium: Lent (001:20)
  • 11. Laideronnette, Impratrice Des Pagodes (Marsch) (003:24)
  • 12. Interludium: Allegro (001:07)
  • 13. Apotheose: Le Jardin Ferique (Lent Et Grave) (003:39)
  • 14. 13. Scheherazade-Ouvertre (Ouverture De Ferie) (013:18)
  • 15. 14. Le Tombeau De Couperin (Fr Orchester)
  • 16. 1. Prludium: Vif (003:00)
  • 17. 2. Forlane: Allegretto (005:39)
  • 18. 3. Menuett: Allegro Moderato (004:42)
  • 19. 4. Rigaudon: Assez Vif (003:16)

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
音源をライヴ演奏に求めている これは存外...

投稿日:2019/02/27 (水)

音源をライヴ演奏に求めている これは存外大切なこと 数値では表せない音楽の色や匂いそして纏う雰囲気はその場とそこに集う人によって無限に変化を帯びる だから音楽はジャズに限らず一期一会の世界なのは言うまでもない 音楽演奏に定型定番はない いつでも今生まれて消えていく 形が残らないから感動は永遠に このディスクとて同じこと 聴く人聞く時聞く場が異なれば録音盤から聴く音楽も様相を一変する ラヴェルはラヴェルだが今日のわたしにはどう聞こえるのだろう ”マ・メール・ロワ“ 全曲から受ける幸福感に改めて胸が温かくなる ”シェエラザード”序曲の新鮮なワクワク感にちょっと驚く ”クープランの墓”を聴きながらしみじみしてしまう セピア色の写真を見ているようだ 絢爛たる色彩絵巻の中というよりも 幽けき風が吹いている野辺を歩く趣が消せない それはラヴェルのスコアに由来する 華やいで聞こえていても譜表は簡素なのだ だから尚更楽器の音色と響きが深い意味を持つ ロト&レ・シエクルのソノリティは想像力を刺激して止まない 早くあなたも如何 

風信子 さん | 茨城県 | 不明

3

ラヴェル(1875-1937)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品