Blu-spec CD 2

ピアノ協奏曲第2番、第3番 カティア・ブニアティシヴィリ、パーヴォ・ヤルヴィ&チェコ・フィル

ラフマニノフ (1873-1943)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC30427
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、第3番
カティア・ブニアティシヴィリ、パーヴォ・ヤルヴィ&チェコ・フィル
豪壮華麗なピアニズムを堪能できる
カティア・ブニアティシヴィリのコンチェルト・アルバム登場


優れた音楽家を数多く輩出してきた国、ジョージア(グルジア)から彗星のように登場したカティア・ブニアティシヴィリ。2011年にソニー・クラシカルと専属契約を結び、同年春に生誕200年を祝うフランツ・リストの作品集で華麗にデビューした逸材。セカンド・アルバム『ショパン・アルバム』、静謐なサード・アルバム『マザーランド』、華麗なるフォース・アルバム『カレイドスコープ(『展覧会の絵』ほか)』でつねに話題をさらってきたカティアの5作目のアルバムは、初のフル・コンチェルト・アルバムで、ラフマニノフの有名な2つの協奏曲を収録。
 ロマン派のピアノ協奏曲の中で最も有名な1曲である第2番、超絶技巧が要求される難曲で近年その知名度が大きくアップしている第3番という豪奢な組み合わせです。しかも共演がパーヴォ・ヤルヴィ指揮チェコ・フィル。録音では『ショパン・アルバム』に収録されたショパンの第2協奏曲(オーケストラはパリ管弦楽団)以来となりますが、彼らは各地で共演を重ねており、その相性の良さは2016年2月のNHK交響楽団定期でのシューマンで日本の音楽ファンにも証明ずみ。パーヴォはここ数年チェコ・フィルに定期的に客演し、2016年5月にはプラハの春のオープニングで『わが祖国』を指揮するなど、この名門との絆を深めています。カティア、パーヴォ、チェコ・フィルという三者の組み合わせでお届けするラフマニノフの2曲は、2017年春最大の注目盤といえるでしょう。(メーカー資料より)

【収録情報】
ラフマニノフ:
● ピアノ協奏曲第2番ハ短調 op.18
● ピアノ協奏曲第3番ニ短調 op.30


 カティア・ブニアティシヴィリ(ピアノ)
 チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
 パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)

 録音時期:2016年11月11,12日
 録音場所:プラハ、ルドルフィヌム
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

内容詳細

うつつを失いそうになるほど透明な弱奏と、破綻ぎりぎりまで募らせる急俊な畳み掛け。それら意表を突くトキメキが前触れなしに立ち現れて表情の落差に切ないような翳りを帯びるブニアティシヴィリ独特の音の佇まいが、ラフマニノフの音楽にロシアの憂愁とは別種のピンと切迫した抒情を漂わせる。清冽!★(中)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
6
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
NHKのシューマンで好印象だったので、こ...

投稿日:2017/12/10 (日)

NHKのシューマンで好印象だったので、この二曲、何枚も持ってるんですが、買ってみました。  まず三番、これは凄いですね!  アルゲリッチやユジャ・ワンもすごかったけれど、ちゃんとオーケストラとアンサンブルになってるところが素晴らしいです。 ライブのノリや勢いじゃなくてセッションだというのだからさらに驚きです。 そして二番! 昔はチャイコのB面というのが相場だった気がしますが、こんなのが入ってたらびっくり仰天です。  しかしメロディラインの美しさは崩れてないし、二楽章は本当に美しい。 ここでもオーケストラは脇役になってるわけじゃなくて、「協奏曲」になってるんですよね。  聴き終わってしばらく呆然としておりましたが、20年愛聴しているジルベルシティンの緩い演奏を聴きなおしてみたら、それはそれで魅力的だったので、なぜかほっとしました。 録音もいいですが、ややピアノにかぶりつき気味?で管楽器が遠目な印象なのが少々残念(オーディオ環境によってはいい按配なんかもしれません)。

TOCHIPAPA さん | 広島県 | 不明

4
★
★
★
★
☆
2番が素晴らしい。ブニアティシヴィリの疾...

投稿日:2017/06/08 (木)

2番が素晴らしい。ブニアティシヴィリの疾走するピアノにオーケストラがうまく合わせ、切れ味鋭い爽快感のある演奏に仕上がっている。フレーズのニュアンスや全体の流れもよく、音楽としてちゃんと腑に落ちる表現ができている。問題は3番。終始流麗で流れの途切れない2番と違い、緩急が激しくピアノの技巧を限界まで駆使する必要がある3番では、ブニアティシヴィリのピアノ表現に迷いを感じる部分が多く聴こえた。特に第1楽章カデンツァ(大ossia)に打鍵の乱れによる音抜けが多く見受けられたのが残念。3番についてはピアノよりもヤルヴィ&チェコフィルの多彩な表現、サポートに耳を傾けるべき。今後の演奏に期待したい。

waldmorgen さん | 福岡県 | 不明

3
★
★
★
★
★
ピアニスト嫌いだが面白かった 何故かK.B....

投稿日:2017/05/02 (火)

ピアニスト嫌いだが面白かった 何故かK.B.は「マザーランド」以来ほとんど聴いているのではないかしら 打鍵感が無いと言うのか 叩かないし品をつけて歌わないのもいい 本人ピアノを聞かせようと言う気が無い だから空虚な”ピアノ音”を聞かないで済む ”いい音でしょ””よく弾けるでしょ”とピアノそのものを見せつけられるピアニストにどの位出会ったことか ラフマニノフは音楽を書いたのだし わたしは音楽を聴きたい どなたかも書いておられたが 同時期に聴いた”ラフ3”がそれだった 自身のピアニズムが前面に出ているからラフマニノフとの対話ができない K.B.のテンポが速いと言われる方があるけれど それは情報量の豊富さと粒立ちを失わない音像の為せる業だ ラフマニノフは作曲ができないと嘆いていた ピアニストは生活の糧で生涯の多くの時間を奪われた 古希まで生きて作品45で止まった だからシンフォニーやコンチェルトには二曲三曲分のアイディアが詰め込まれている 演奏時間を超えて膨満感や過剰感を感じるほど長大な作品になった そして憧憬と哀感がどの作品からも滲み出ることになった K.B.をピアニストではなく音楽家として注目している ご一聴を  

風信子 さん | 茨城県 | 不明

6

ラフマニノフ (1873-1943)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品