CD 輸入盤

Comp.symphonies: Levine / Vpo

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
435360
組み枚数
:
11
レーベル
:
Dg
:
Germany
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

すべての収録曲を見る

  • Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791)
    Symphony no 1 in E flat major, K 16
    演奏者 :

    指揮者 :
    Levine, James
    楽団  :
    Vienna Philharmonic Orchestra
    • 時代 : Classical
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1764, London, England
    • 言語 :
    • 時間 : 14:13
    • 録音場所 : 02/1990, Grosser Saal, Musikverein, Vienna [Studio]
  • Wolfgang Amadeus Mozart (1756 - 1791)
    Symphony no 4 in D major, K 19
    演奏者 :

    指揮者 :

    楽団  :

    • 時代 : Classical
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1765, London, England
    • 言語 :
    • 時間 : 11:33
    • 録音場所 : 02/1990, Grosser Saal, Musikverein, Vienna [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
5
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
「やっぱり、ウィーン・フィル」。聴きなが...

投稿日:2016/05/02 (月)

「やっぱり、ウィーン・フィル」。聴きながら何度もそう思った。上質な空気、豊かな音色、どこか温かさのあるアンサンブル。レヴァインのMozartというより、VPOのMozartだ。集中して聴くと、緻密さという点では完ぺきではない演奏もあるが、これはちょっと別格な全集である。

saitaman さん | 埼玉県 | 不明

3
★
★
★
★
★
この全集を購入するに際して考えました。レ...

投稿日:2016/03/20 (日)

この全集を購入するに際して考えました。レヴァインの指揮は奇をてらったものではないにしても、面白みにかけるのではないか?曲自体は後期のものはともかく、前期のものは大したことがないのではないか?退屈するのではないか?モーツァルトは元々好きだけれども全集を買うほどのことでは?などなど小心者がいろいろと心を迷わせました。が、奈良の技芸天さんの自己陶酔的な(失礼!)文章になかば背中を押される感じで購入しました。そして、フタを開けてみれば…いやあ、何と素晴らしいモーツァルト!ことごとく嬉しい裏切りに会い、いみじくも奈良の技芸天さんの評価通りの世界が展開されました。もはや私の余計な評価など不要です。などと書いてしまえばレビューの意味がなくなりますね(笑) 私もあくまで個人的な感想としてですが、41番は出色の出来です。第2楽章の部分的に低音部を強調した進行にはぞくぞくっとさせられます。(拙い表現で恐縮です)あとは初期あるいは前期の作品群にも結構優れたものが多いのは意外でした。1番など本当に8歳にしてこんな味のある音楽が作れるのかと思ったりするのですが、やはりそこが天才と呼ばれるゆえんかもしれませんね。私にとっても数少ない生涯の家宝になりました。

Mr.甘納豆 さん | 富山県 | 不明

4
★
★
★
☆
☆
この全集が出た当時、ウィーンフィル初のモ...

投稿日:2015/12/19 (土)

この全集が出た当時、ウィーンフィル初のモーツァルトの交響曲全集、対抗配置、リピート遵守などで話題になったようだ(このころ私はまだ小学生ぐらいだった)。今先入観なしに聴くとオケはやや平板で重く、後期の交響曲などくどく感じ、個人的にはイマイチの全集だ。モダンオケの全集ならアダム・フィッシャー盤がお勧めだ。

akiapple さん | 大分県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品