CD 輸入盤

戴冠式ミサ、 ヴェスペレ ロランス・エキルベイ&アクサンチュス、インスラ・オーケストラ、サンドリーヌ・ピオー

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029587253
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


モーツァルト:戴冠式ミサ、 ヴェスペレ
ロランス・エキルベイ&アクサンチュス


フランスの女性指揮者ロランス・エキルベイと彼女が率いるヴォーカル・アンサンブル「アクサンチュス」のERATOデビュー盤が登場です。1991年にエキルベイによって創設されたアクサンチュスは、無伴奏合唱作品を基本的なレパートリーに据えながらも、オペラや宗教作品も歌うアンサンブル。2014年に『レクィエム』で共演したインスラ・オーケストラとは相性が良く、今作でも極めて息のあった演奏を披露しています。
 戴冠式ミサとヴェスペレ、この2つの作品は、どちらもヴィオラを使わず、同じ響きがもたらされるというエキルベイ。彼女にとってモーツァルトは特別な存在であり、それはウィーンで学生として過ごした時期に教えを受けた、アバドとアーノンクールからの影響であると語っています。ソプラノ・ソロはレクィエムと同じくサンドリーヌ・ピオーが受け持っています。(輸入元情報)


【ロランス・エキルベイ】
フランスの女性指揮者、ロランス・エキルベイは、スウェーデンの合唱指揮者エリック・エリクソンと、フィンランドの指揮者ヨルマ・パヌラらに師事したのち、アルノルト・シェーンベルク合唱団とともにアーノンクールの薫陶を受けます。
 やがて彼女は、29歳のときに自らの合唱の理想を実現するため、アクサンチュス室内合唱団を創設し、数々の合唱コンクールで受賞、プロとしての活動をスタートします。以後、コンサートやレコーディングで大活躍する彼女らの演奏は大きな評判を呼ぶこととなります。
 レパートリーは古楽から現代まで幅広く、また、合唱オリジナル・レパートリーに必ずしもこだわらず、通常のレパートリーを合唱編曲するなどして合唱音楽の世界を広げ、数多くの音楽ファンを魅了してきた功績にも大きなものがあります。(HMV)

【収録情報】
モーツァルト:
● ミサ曲第14番ハ長調 K.317『戴冠式ミサ』
● ヴェスペレ ハ長調 K.339『証聖者の盛儀晩課』


 サンドリーヌ・ピオー(ソプラノ)
 レナータ・ポクピック(アルト)
 ベンヤミン・ブルンス(テノール)
 アンドレアス・ヴォルフ(バス)
 アクサンチュス(合唱団)
 インスラ・オーケストラ(ピリオド楽器オーケストラ)
 ロランス・エキルベイ(指揮)

 録音時期:2016年9月15,16日
 録音場所:フランス、サントメール大聖堂
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

  • 01. Mass No. 15 in C Major, K. 317, "Coronation": I. Kyrie Eleison
  • 02. Mass No. 15 in C Major, K. 317, "Coronation": II. Gloria
  • 03. Mass No. 15 in C Major, K. 317, "Coronation": III. Credo
  • 04. Mass No. 15 in C Major, K. 317, "Coronation": IV. Sanctus
  • 05. Mass No. 15 in C Major, K. 317, "Coronation": V. Benedictus
  • 06. Mass No. 15 in C Major, K. 317, "Coronation": VI. Agnus Dei
  • 07. Vesperae Solennes de Confessore, K. 339: I. Dixit Dominus
  • 08. Vesperae Solennes de Confessore, K. 339: II. Confitebor
  • 09. Vesperae Solennes de Confessore, K. 339: III. Beatus Vir
  • 10. Vesperae Solennes de Confessore, K. 339: IV. Laudate Pueri
  • 11. Vesperae Solennes de Confessore, K. 339: V. Laudate Dominum
  • 12. Vesperae Solennes de Confessore, K. 339: V. Magnificat

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
ザルツブルグ時代の教会音楽の集大成と言う...

投稿日:2017/04/29 (土)

ザルツブルグ時代の教会音楽の集大成と言うべきヴェスペレK339は、オケが単なる伴奏では無く、合奏と合唱が対等に競り合うというモーツァルトが目指した教会音楽の究極の姿を体現した名曲であるが、この演奏は合奏と合唱のバランスが極めてよく、合奏と合唱の絶妙な掛け合いを堪能することができる。寡聞にしてヴェスペレK339のこのようなアプローチの演奏は聞いたことが無い。あらためてヴェスペレがいかに名曲であるかを痛感した。素晴らしいモーツァルトである。

座敷童子 さん | 栃木県 | 不明

1

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連する商品情報

声楽曲 に関連する商品情報

  • ダニエル・ロイス&18世紀o/ブラームス:ドイツ・レクィエム 前作ベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』で18世紀オーケストラのタクトを振ったオランダ古楽界の名匠ダニエル・ロイス。「Glossa」録音第2弾は、ブラームスの『ドイツ・レクィエム』。 HMV&BOOKS online|7時間前
  • ルース・ヴィレムセ/マーラー:リュッケルト、ワーグナー:ヴェーゼンドンク、他 アムステルダム音楽院で学びプリンス・クラウス音楽院を卒業したオランダのメゾ・ソプラノ、ルース・ヴィレムセによる、エルガー、マーラー、ワーグナー:歌曲集が登場。 HMV&BOOKS online|4日前
  • カルトホイザー/『動物寓意譚〜動物がテーマの歌曲集』 今をときめくソプラノのゾフィー・カルトホイザーによる、動物をテーマにした歌曲集。ロッシーニの『2匹の猫の滑稽な二重唱』では、ドミニク・ヴィスと共演しています。 HMV&BOOKS online|2018年10月31日(水)
  • ORAシンガーズ/『The Mystery of Christmas』 2014年に設立された声楽アンサンブル・グループ、ORA。現代はルネサンス時代に匹敵する合唱音楽の黄金期である、と考える彼らは、ルネサンスおよび現代の合唱作品を演奏・録音しています。このアルバムでは、中世から現代までのクリスマスにまつわる作品を収録。 HMV&BOOKS online|2018年10月31日(水)
  • ゲルハーヘル/シューマン:歌曲全集第1巻 ついにゲルハーヘルが手掛けることとなったビッグ・プロジェクト『シューマン:歌曲全集』の第1巻。1人の歌手が中心となっての全集はフィッシャー=ディースカウ以来ほとんど無く、ゲルハーヘル本人も「私の生涯で最も重要なプロジェクト」と言明するほどで、文字通り今回満を持しての録音となっています。 HMV&BOOKS online|2018年10月22日(月)
  • バーバラ・ヘンドリックス/天国の声(3CD) このセットは、バーバラ・ヘンドリックスの70歳を記念してのベスト盤で、1枚目は宗教的作品と黒人霊歌、2枚目は歌曲、3枚目はオペラ・アリアを収録。リリックな声質、優しく語りかけるような歌唱にはしっとりとした色香が感じられ、繊細な味わいを堪能させてくれます。 HMV&BOOKS online|2018年10月22日(月)

おすすめの商品