CD 輸入盤

『皇帝ティートの慈悲』全曲 ヤニク=ネゼ・セガン&ヨーロッパ室内管弦楽団、ロランド・ヴィラゾン、ジョイス・ディドナート、他(2017 ステレオ)(2CD)

モーツァルト(1756-1791)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4835210
組み枚数
:
2
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


ネゼ=セガン&ヴィラゾンによるモーツァルト・オペラ・シリーズ第5弾

ヤニク・ネゼ=セガン指揮によるDG全7作の「モーツァルト・オペラ・シリーズ」。『ドン・ジョヴァンニ』『コジ・ファン・トゥッテ』『後宮からの逃走』(グラミー賞ノミネート)、『フィガロの結婚』(グラミー賞ノミネート&エコー・クラシック賞)に続く5作目は『皇帝ティートの慈悲』です。
 皇帝ティート役のロランド・ヴィラゾンと、メトロポリタン歌劇場の新音楽監督に就任したネゼ=セガンが、すべての役がスター歌手、スペシャリストが揃った楽団という素晴らしい共演者を得て、バーデン=バーデン祝祭劇場という華やかな舞台で最高の演奏を繰り広げています。(輸入元情報)


【収録情報】
● モーツァルト:歌劇『皇帝ティートの慈悲』全曲


 皇帝ティート/ロランド・ヴィラゾン(テノール)
 ヴィッテリア/マリーナ・レベカ(ソプラノ)
 セスト/ジョイス・ディドナート(メゾ・ソプラノ)
 セルヴィリア/レグラ・ミューレマン(ソプラノ)
 アンニオ/タラ・エロート(メゾ・ソプラノ)
 プブリオ/アダム・プラチェトカ(バス・バリトン)
 RIAS室内合唱団
 ヨーロッパ室内管弦楽団
 ヤニク=ネゼ・セガン(指揮)

 録音時期:2017年7月
 録音場所:バーデン=バーデン祝祭劇場(演奏会形式上演)
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

モーツァルト(1756-1791)

1756年:ザルツブルクで誕生。 1761年:最初の作曲(『アンダンテ ハ長調 K.1a』)。 1782年:オペラ『後宮からの誘拐』初演。 1783年:大ミサ曲ハ短調 K.427(417a)を上演。 1785年:弦楽四重奏曲集(ハイドン・セット)をハイドンに献呈。 1786年:オペラ『フィガロの結婚 K.492』初演。 1787年:父レオポル

プロフィール詳細へ

モーツァルト(1756-1791)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品