CD 輸入盤

交響曲第2番『復活』 クレンペラー&フィルハーモニア管、シュワルツコップ、ほか

マーラー(1860-1911)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
5672552
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD

商品説明

マーラー:交響曲第2番『復活』
クレンペラー&フィルハーモニア

戦傷の癒えぬ欧州楽壇で《復活》を振りまくって絶賛を博した大指揮者、オットー・クレンペラー。
 彼がEMIに残したステレオ録音は、すでに名盤として高い世評を獲得していますが、今回、アビーロード・テクノロジーにより、てこ入れされたその音質は実に高水準なもので、あらためて演奏の素晴らしさを確認できる迫力満点の仕上がりとなっています。
 演奏は第1楽章冒頭から気迫に満ち、執拗なまでのコントラバスへのこだわりが有無を言わせぬ迫力を生み出す一方、無用な感傷を排しながらも透明な美感がなんともいえず美しい第2主題部はじめ、その表現レンジにはまさに圧倒的と言えるものがあります。
 しかも、諸要素はあくまで全体の強力かつ堅固な構築美のなかに位置付けられ、通して聴いた際に、あくまでも交響曲としての則を実感させてくれるのが嬉しいところ。
 《復活》を知り尽くした男、クレンペラーならではの名演奏です。

収録曲   

クラシック曲目

  • Gustav Mahler (1860 - 1911)
    Symphony no 2 in C minor "Resurrection"
    演奏者 :
    Schwarzkopf, Elisabeth (Soprano), Rossl-Majdan, Hilde (Mezzo Soprano)
    指揮者 :
    Klemperer, Otto, Klemperer, Otto
    楽団  :
    Philharmonia Orchestra, Philharmonia Chorus
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Symphony
    • 作曲/編集場所 : 1888/1896, Germany
    • 言語 : German
    • 時間 : 79:24
    • 録音場所 : 1961-62, Kingsway Hall, London, England [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
12
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
2
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
思いもしないスローテンポで始まるかと思い...

投稿日:2019/07/28 (日)

思いもしないスローテンポで始まるかと思いきや、意外と現代的流れで始まりそれは比較的最後まで貫かれる。所々でいわゆるクレンペラーのテンポも出現するところを見ると、マーラー先生への共感と反発が同居しているとはいえまいか。

せごびあ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
このSACDシングルレイヤーは大変いいです。...

投稿日:2012/12/03 (月)

このSACDシングルレイヤーは大変いいです。クレンペラーの「復活」がお気に入りの方は是非このSACD盤を耳にされる事をお薦めします。音のバランスがよく、実演を目の前にしているかのようです。この音ならば、演奏者の個性が影を潜め、マーラーの「復活」にのめり込むことが可能です。

広島のパヴァンヌ さん | 広島県 | 不明

3
★
★
★
☆
☆
とにかく絶賛の嵐の中、恐縮ながら一筆啓上...

投稿日:2012/04/08 (日)

とにかく絶賛の嵐の中、恐縮ながら一筆啓上。この演奏、例えば「名演」とかいう一言で括れるものではありません。情緒纏綿たる思い入れたっぷりの「復活」でないことはもとより、楽譜をただ音にした無味乾燥な交響曲第2番でもありません。とても乾いた手でしっかりと掴まれて、そして、感情的な思い入れではなく、言わば職人が芸や技を究極に発揮するといった趣の、そういうこだわりの見られる演奏ですかな。かつて、故大木正興氏がクレンペラーの何かのディスクについて「男の性(さが)の昇華」という表現を使っていたのを記憶していますが、まさに適切な表現でしょう。例によってアンサンブルの乱れはそこかしこにあり、オケの彫琢もまだまだ余地はありますが、そういう次元ではなく、クレンペラーという突出した個性の持ち主のこの曲の演奏を聴く、というスタンスで接するのがよろしいかと存じます。個人的には感動はいたしませんでした。ただ、クレンペラー晩年のこの演奏、うかつに批評などを許さない、凄みは感じました。(-_-;) 合唱は立派。さすがピッツの御指導。独唱陣は二人とも古めかしい歌で、これはどうもよくない。録音はこれだけ聴ければ文句なし。

ほんず内閣総理大臣 さん | 北海道 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マーラー(1860-1911)

1860年:オーストリア領ボヘミア、イーグラウ近郊のカリシュト村で、グスタフ・マーラー誕生。 1875年:ウィーン楽友協会音楽院に入学。 1877年:ウィーン大学にてアントン・ブルックナーの対位法の講義を受講。 1883年:カッセル王立劇場の副指揮者に就任。 1885年:『さすらう若人の歌』を完成。プラハのドイツ劇場の

プロフィール詳細へ

マーラー(1860-1911)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト