マルクス ガブリエル

人物・団体ページへ

未来への大分岐 資本主義の終わりか、人間の終焉か? 集英社新書

マルクス ガブリエル

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087210880
ISBN 10 : 408721088X
フォーマット
出版社
発行年月
2019年08月
日本
追加情報
:
348p;18

内容詳細

【世界最高峰の知性たちが描く、危機の時代の羅針盤】
利潤率低下=資本主義の終焉という危機は、資本の抵抗によって人々の貧困化と民主主義の機能不全を
引き起こしたが、そこに制御困難なAI(人工知能)の発達と深刻な気候変動が重なった。
我々が何を選択するかで、人類の未来が決定的な違いを迎える「大分岐」の時代――。
「サイバー独裁」や「デジタル封建制」はやって来るのか?
世界最高峰の知性たちが日本の若き経済思想家とともに、新たな展望を描き出す!

【著者略歴】
■マルクス・ガブリエル
史上最年少でボン大学哲学正教授に抜擢された天才哲学者。ベストセラー『なぜ世界は存在しないのか』、
NHK『欲望の資本主義』シリーズなどでメディアの寵児に。
■マイケル・ハート
グローバル資本主義が変容させる政治・経済の姿を描き切った『<帝国>』(ネグリとの共著)。
その大著の予見の正しさが日々、証明されるなか、世界の社会運動の理論的支柱となっている。
■ポール・メイソン
ナオミ・クラインらが絶賛した『ポストキャピタリズム』で、情報テクノロジーによって
資本主義は崩壊すると主張し、次なる経済社会への移行を大胆に予言。鬼才の経済ジャーナリスト。
■斎藤幸平(さいとうこうへい)
1987年生まれの若き経済思想家。大阪市立大学大学院経済学研究科准教授。
Karl Marx's Ecosocialism: Capital, Nature, and the Unfinished Critique of Political Economy
で権威あるドイッチャー記念賞を史上最年少で受賞。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。

【おもな内容】
■第1部 マイケル・ハート
資本主義の危機/政治主義の罠/<コモン>から始まる新たな民主主義/貨幣の力とベーシックインカム
■第2部 マルクス・ガブリエル
「ポスト真実」の時代を生んだ真犯人/「人間の終焉」と相対主義/ 新実在論で民主主義を取り戻す
未来への大分岐――環境危機とサイバー独裁
■第3部 ポール・メイソン
資本の抵抗――GAFAの独占はなぜ起きた?/シンギュラリティが脅かす人間の条件/
資本主義では環境危機を乗り越えられない/生き延びるためのポストキャピタリズム


【著者紹介】
マルクス ガブリエル : 史上最年少で、権威あるボン大学哲学正教授に抜擢された天才哲学者。既存の哲学の諸問題を乗り越える「新実在論」を提唱

マイケル・ハート : 政治哲学者。新たな権力の形にいかに抵抗するかの戦略を模索し続け、ウォール街占拠運動をはじめとする社会運動の理論的支柱となっている

ポール・メイソン : ガーディアン紙などで活躍するトップクラスの経済ジャーナリスト。『ポストキャピタリズム』で、資本主義は情報テクノロジーによって崩壊すると主張し、次なる経済社会への移行を大胆に予言。欧米の経済論壇の話題をさらった

斎藤幸平 : 1987年生まれ。大阪市立大学大学院経済学研究科准教授。ベルリン・フンボルト大学哲学科博士課程修了。博士(哲学)。専門は経済思想。Karl Marx’s Ecosocialism:Capital,Nature,and the Unfinished Critique of Political Economy(邦訳『大洪水の前に―マルクスと惑星の物質代謝』)によって、ドイッチャー記念賞を日本人初、史上最年少で受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • おたま さん

    経済思想家の斉藤幸平が、マイケル・ハート、マルクス・ガブリエル、ポール・メイソンと対談したものを収録してある。現在の社会、世界の抱えている課題に対して、それぞれの視点から問いを立て、構想を語っている。表紙には、マルクス・ガブリエルの写真と名前が大きく掲載されているが、私にとってはマイケル・ハートのパートが最も総体的で、アクチュアルなものに思えた。現在が人間の歴史においても大いなる分岐点であることも分かる。さらにマイケル・ハートは運動論的にも非常に実践的な応答をしている。人類の未来はどっちだ!

  • 読書ニスタ さん

    資本主義が貧富の差を拡大している以上、失敗というのは、理解できる。かつて、人類に平等がもたらされたのは、大災害、大戦争、大疫病で、全員が貧乏になった時だけという意見もある。だが、今の時代、それを回避する力はあるはずだ。その解は、草の根の市民活動、議論を重ねて、一極集中の富を分散させる技術を生み出すことなんだろう。ネズミ小僧のような義賊かもしれない。

  • 翔亀 さん

    【人新世12】理論的にも実践的にも説得力あるビジョンを打ち出した「人新世の「資本論」」の著者による対談集。「帝国」のマイケル・ハート、哲学のガブリエル、「ポストキャピタリズム」のポール・メイソンを相手に、教えを乞うような形で自説をぶつける。この議論の結果は、のちの「人新世の「資本論」」のパーツになっているようで、その副読本という趣。その意味では、本書はあくまで斎藤幸平の著作なのだ。異分野の対決による思わぬ展開とかはないが、対談ならではのざっくりとした掛け合いはそれなりに面白かった。↓

  • きいち さん

    「帝国」等のハート、「新実存主義」のガブリエル、「ポストキャピタリズム」のメイソン。インタビューじゃなくて、対話。著者すごい…感嘆。なんだかヒントにあふれてる感じ。◇AKIRAの「未来は一方向だけに進んでいるわけじゃないワ、私たちが選択できる未来もあるはずよ」というキヨコの言葉が思い浮かぶ。いかに支配から逃れ、自ら動く楽しさに同調する仲間を増やすのか。◇「私には哲学者として正しい概念を提供する倫理的責任があります」ガブリエル編、とにかく明晰でわかりやすい。事実の擁護、複数の意味の場、絶え間ない調整の価値。

  • フム さん

    本の装丁とタイトルが、狙いすぎたビジネス書に思えて、これまで話題になっていても手に取りにくいというのはあったかもしれない。しかも、表紙の写真だとマルクス・ガブリエルの本みたいだけれど、そうじゃない。マイケル・ハート、ポール・メイソンという危機の時代に真っ向から立ち向かっている三人の知識人と、『大洪水の前に』の斎藤幸平との対談。論点を整理しつつ、問題を指摘する斎藤氏の進行が素晴らしく感心しながら読んだ。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

マルクス ガブリエル

1980年生まれ。史上最年少の29歳で、200年以上の伝統を誇るボン大学の正教授に就任。西洋哲学の伝統に根ざしつつ、「新しい実在論」を提唱して世界的に注目される。著書『なぜ世界は存在しないのか』(講談社選書メチエ)は世界中でベストセラーとなった。さらに「新実存主義」、「新しい啓蒙」と次々に新たな概念

プロフィール詳細へ

ビジネス・経済 に関連する商品情報

おすすめの商品