ベートーヴェン(1770-1827)

人物・団体ページへ

CD 輸入盤

交響曲第6番『田園』 クライバー&バイエルン国立管(1983) 

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
ORFEOR600031
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Germany
フォーマット
:
CD
その他
:
ライブ盤,輸入盤

商品説明

カルロス・クライバー、生涯一度の『田園』
1983年11月7日、バイエルン国立歌劇場ライヴ!

けた外れな才能に恵まれながらも、レコーディングにはほとんど関心を示さず、また、ライヴ録音に関してもなかなか承認しないことから、生きながらすでに伝説と化していた感のある天才指揮者、カルロス・クライバーが珍しくも許諾したライヴ音源。ただし、オーケストラに保管されていたオリジナルのマスター・テープは、部分的に劣化していたため、クライバーの息子に渡されていたカセットへのコピーもCD化の際にマスターとして使用したとのことで、ステレオとはいえ音質は冴えません。

・ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 作品68『田園』
 第1楽章“田舎に到着した時の愉快な気分”
 第2楽章“小川のほとりの光景”
 第3楽章“田舎の人々の楽しい集い”
 第4楽章“雷雨、嵐”
 第5楽章“牧人の歌。嵐の後の感謝の感情”

 バイエルン国立管弦楽団(バイエルン国立歌劇場管弦楽団)
 カルロス・クライバー(指揮)

 1983年11月7日、バイエルン国立歌劇場アカデミー・コンサートをライヴ録音(ステレオ)

収録曲   

ベートーヴェン:交響曲第6番 ヘ長調 作品68『田園』

  • 01. 第1楽章“田舎に到着した時の愉快な気分”
  • 02. 第2楽章“小川のほとりの光景”
  • 03. 第3楽章“田舎の人々の楽しい集い”
  • 04. 第4楽章“雷雨、嵐”
  • 05. 第5楽章“牧人の歌。嵐の後の感謝の感情”

総合評価

★
★
★
★
☆

3.5

★
★
★
★
★
 
50
★
★
★
★
☆
 
33
★
★
★
☆
☆
 
27
★
★
☆
☆
☆
 
9
★
☆
☆
☆
☆
 
34
★
★
★
★
★
たくさんのレビューがあって楽しく拝見しま...

投稿日:2021/07/21 (水)

たくさんのレビューがあって楽しく拝見しました。 私にはこの演奏、第一楽章のテンポから虜になりました。正直、私は、ヨッフムのようなゆったりした演奏や、フルトヴェングラーのような開始がいちばん好きでしたが、このような超快速の演奏により、かつてない勢いと速いが故に発せられる強烈な生命力を感じました。それは、未だCDにならないヤノフスキーの超快速のマーラー第6番第1楽章から受けた衝撃にも似ていました。速いという意味では同傾向のプレトニョフの田園にも通じるところがあります。人の評価は様々でしょうけど、私にはとても大切で大好きな演奏です。それと、演奏の鮮烈さで、録音の良し悪しについては、全く気になりませんでした。 こういう評価をする者もいるということでレビューの仲間入りをさせていただきました。

shiryumr さん | 福岡県 | 不明

1
★
★
★
★
☆
生前のクライバーの生演奏を聴いているが、...

投稿日:2021/03/20 (土)

生前のクライバーの生演奏を聴いているが、 正直登場する迄不安であった。 「ドタキャン」のクライバーというイメージがあったから、 しかし登場したクライバーは圧倒的なオーラに包まれ、 タクトを振った瞬間からの集中力はすごかった。 生演奏を前にただ者ではないと思ったのは クライバーとジェシー・ノーマンくらいである。 数少ない貴重なライブ音源。 クライバーの神格化は納得。

ハッチ さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
☆
☆
☆
これが名演? いいえ凡演です。ごくごく普...

投稿日:2020/01/04 (土)

これが名演? いいえ凡演です。ごくごく普通の演奏の一つに過ぎないです。さらさらと流れ何の味わいも香りもないです。これが名演なら、ワルター、ベーム、フルトヴェングラー、シューリヒトの田園は超超名演ということになるでしょうか。録音のことはさておいて、この人の音楽はいつもどこかスポーツ的匂いがします。それがプラスに働けばいいのですが、このひとの場合いつもマイナスになっているようです。ベートーヴェンもブラームスもモーツアルトも。だから積極的に聴く気になりません。どちらかといえば好きな指揮者ではありません。ワルターやベームのほうが深く田園を聴いた、味わったという気がします。

robin さん | 兵庫県 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト