CD 輸入盤

交響曲第5番『運命』、第6番『田園』 カラヤン&ベルリン・フィル(1977東京 ステレオ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TFMC0027
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

TOKYOFM開局40周年記念盤
1977年東京ライヴ!
カラヤン&ベルリン・フィル絶頂期
充実のベートーヴェン・チクルス!
保存されていたステレオ・テープは凄い音質!

日本語解説付

「最高に満足できる演奏会であった」(ヘルベルト・フォン・カラヤン、1977年11月18日談話)

1977年東京公演におけるベートーヴェン連続演奏会は、カラヤン&ベルリン・フィルによる実演での最後のベートーヴェン・チクルスとなったものです。
 この連続演奏会は、TOKYO FMによって全曲がステレオで録音され、たいへん良好な状態でテープが保存されていました。
 なお、ティンパニーはヴェルナー・テーリヒェンが第2,4,8,7番を担当、残りをオスヴァルト・フォーグラーが受け持っています。カラヤンとテーリヒェンの70年代のレコードは少ないためたいへん貴重。
 また、コンサート・マスターは第1,3番がミシェル・シュヴァルベ、残りをレオン・シュピーラーとトーマス・ブランディスが担当しています。(キングインターナショナル)

カラヤン&ベルリン・フィルライヴ・イン・東京 1977
ベートーヴェン交響曲全集V
交響曲第6番『田園』、第5番『運命』


大迫力!思わずのけ反るこれぞ『運命』『田園』。(キングインターナショナル)

【収録情報】

・交響曲第6番『田園』ヘ長調作品68
・交響曲第5番『運命』ハ短調作品67

 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮)

 録音時期:1977年11月16日
 録音場所:東京 普門館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 プロデューサー:東条碩夫
 エンジニア:橋本正文

 CDは国内プレスとなります。

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
14
★
★
★
★
☆
 
3
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
 カラヤンのベートーヴェンを聴くと必ず思...

投稿日:2013/02/03 (日)

 カラヤンのベートーヴェンを聴くと必ず思い浮かんでしまう言葉なのですが、やはり「かっこいい!」。更にライブ(おまけに日本での!)となれば尚更。セッションでさえ、あれだけスタイリッシュにかっこよくベートーヴェンを聴かせてくれるのに、そこにライブ感(高揚感)がプラスされるわけで、もうたまらないかっこよさ。それができるのも、やはりベルリン・フィルの技量があってこそ。低弦群のズッシリ・ドッシリ感たるや唖然とするレベルだし、高弦群の何て煌びやかなこと。優雅な木管群、絢爛豪華な金管群…ほんと当時のベルリン・フィルは凄かった…!。普通なら大音量になればなるほど、まとまりづらくなるだろうし、美しさ(美しい響き)を維持するのが大変になるだろうけど、ベルリン・フィルは違う…。どんなに大音量になろうが、暴力的な咆哮だろうが、美しく響いている。そして、その大音量の中でも、全ての楽器がしっかりと自分を主張している(バランスを考えながら!)。感心・感嘆・感激の連続のベートーヴェンでした!  SACD化による音質のアップも第9ほどじゃなかったですが、第1・3よりよく感じました。まぁ、音質改善云々を超えた演奏が記録されているわけですが。

masato さん | 新潟県 | 不明

6
★
★
★
★
★
SACDも、この数年の間に購入数が、200枚...

投稿日:2012/12/14 (金)

SACDも、この数年の間に購入数が、200枚を超えてきたが、非圧縮シングルレイヤー方式の盤は今回が実は初めての、購入だった。1963年録音のSACDシリーズ(DG)で丁度、5番、6番が抜けていたので、どんな違いがあるのだろうと、安くなったのを機会に試し買いをしてみた。結果はびっくり仰天! ライブということもあり、その熱気、音の凝縮度、密度に度肝を抜かれてしまった。5番は他の方達が絶賛されているが、6番もカンフル注射を打ったような気分にさせてくれる。カラヤンの田園は過去に、スポーツカーでハイウェーを飛ばしているような演奏と、評論されたことがあったが、音量を上げていくと、そんなことは超越して、只迫力と壮快さに拍手喝采したくなる。次に余裕が出来たら、このシングルレイヤ−方式で更に1番と3番の組み合わせも手に入れたい。

nakacame さん | 東京都 | 不明

2
★
★
★
★
★
やっぱり、カラヤンによる5番はいいですね...

投稿日:2011/05/06 (金)

やっぱり、カラヤンによる5番はいいですね。私は60年代のベルリンフィルによるグラモフォン盤が一番好きですが、これも素晴らしい演奏でした。5番は色々集めて聞きましたが、乱暴に言ってしまうとカラヤンとEクライバーがあれば何もいらないという感じです。これはセンスと構成力の賜物でしょう(?)。また、6番に関しては私自身がライブ演奏で聞く以外(録音物)に関心したものがないので何とも言えませんが、いい演奏だと思います。カラヤンの5番は永遠に聞き続かれるスタンダードだと思います。

慎みましょう さん | 東京都 | 不明

5

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

この商品が登録されてる公開中の欲しい物リスト