CD

交響曲第3番『英雄』 朝比奈隆&倉敷音楽祭祝祭管弦楽団(1990)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
TBRCD0009
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明

ついに登場幻の名演! 朝比奈隆+倉敷音楽祭祝祭管
室内オーケストラを指揮した唯一の『英雄』


モーツァルトの交響曲が一挙に6曲以上も登場して度肝を抜いた「倉敷音楽祭の朝比奈シリーズ」、ついに『英雄』の登場です。ご承知の通り朝比奈の18番中の18番ですが、1989年ベルリン芸術週間への客演で見せたじっくり、ゆったりのテンポはそのままに、ここでは壮年期の動的なアプローチも蘇っており魅力は尽きません。30人を超える人数のほぼ室内オーケストラを振っても厚みのあるサウンドや腰の据わった響きはまるで変らないところが如何にも巨匠朝比奈と言えましょう。唸り足踏みも凄く、気合入ってます。第1番の第3楽章は、第2回音楽祭のアンコールとして演奏されたものです。(東武トレーディング)

 協力:アルスくらしき倉敷文化振興財団
 解説(日英):ヘンリー・フォーゲル(元シカゴ響総裁)
 サウンド・マスタリング:WEITBLICK

【収録情報】
・ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調『英雄』
・ベートーヴェン:交響曲第1番より第3楽章
 倉敷音楽祭祝祭管弦楽団
 朝比奈隆(指揮)

 録音時期:1990年3月25日(第3番)、1988年3月21日
 録音場所:倉敷市民会館大ホール
 録音方式:デジタル(ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
普段は、フルヴェンのブライクトロン盤を愛...

投稿日:2012/09/01 (土)

普段は、フルヴェンのブライクトロン盤を愛聴しているくせに、ベーム(旧BPO盤)やセル(FMで聴いた大阪公演のリハーサル)のような室内楽的な演奏にも惹かれます。でも、LP時代、ハルモニア・ムンディ盤を期待して買ったら、やけに厚ぼったい音でがっかりしました。それ以来、古楽器系は奏者が熱くなりすぎていまいちと諦めていたら、この朝比奈盤が安く出ているのを見つけて、それほど期待せずに買いました。しかし、聴いてびっくり!!よくコントロールされた各声部が、有機的に絡み合う様が実に自然に表現されています。自分が理想としてきた室内楽的サウンドが、こんなところで完璧に演奏されていたとは、今まで気がつかず不覚でした。百文は一聴にしかず、やっぱり評論家の書くことをウノみにしてはいけませんね。早速、モーツァルトも安く出ているので慌てて注文しました。

馬羅 さん | 愛知県 | 不明

0
★
★
★
★
★
なんと690円になっている(2012年6月30日現...

投稿日:2012/06/30 (土)

なんと690円になっている(2012年6月30日現在)。録音は、リリースを前提としたものではないものとはいえ、十分鑑賞に耐えうるもの。ただ、ややノイズが多く、ヘッドフォンなどでは気になるかも。小編成のようだが、そこいらのフル編成のオケ並みのエロイカになっていて、薄いという感じはしない。そこに小編成ならではの、内声部の動きの鮮明さが加わり、1度で2度おいしいエロイカ。第一楽章など、弦にかなりはっきりとわかるレガートがかかっていて面白い。ライブなのと特別編成オケなので、多少縦の線が甘かったりするが、気になるほどではない。

七海耀 さん | 埼玉県 | 不明

1
★
★
★
★
★
カイルベルト&バンベルク、フルトヴェング...

投稿日:2010/09/08 (水)

カイルベルト&バンベルク、フルトヴェングラー&ウィーン、朝比奈&N響に匹敵する名盤だ。編成は小さいが、腕は大フィルよりも数段上。ベルリン・ドイツ盤はリハーサル不足のせいか、不完全燃焼。

ushio さん | 東京都 | 不明

3

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

交響曲 に関連する商品情報

おすすめの商品

HMV&BOOKS onlineレコメンド