CD 輸入盤

ヴァイオリン協奏曲 エリカ・モリーニ、ジョージ・セル&クリーヴランド管弦楽団(1967年ステレオ)

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
MR2597
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ファン垂涎。これぞ女流の品格!!
エリカ・モリーニ+ジョージ・セル/クリーヴランド
高貴、典雅のベートーヴェン!!ステレオ録音


名女流エリカ・モリーニ[1904-1995]はウィーンの生れ。ユダヤ系だったために1938年からはアメリカに移住し、活動の拠点を移しました。何せ1916年には世界一の大指揮者ニキシュと共演している程ですから神童の名を恣にしました。名声に比して録音が少ないために幻扱いされることもありますが、実際は晩年まで精力的な活動を展開。単に録音に関心がなかっただけのようです。芸風は繊細な美音を生かした高貴、典雅そのもの。ウィーンのエレガンスを体現できる名女流です。
 伴奏がセルというのも泣かせます。セルは古くはウィーン・フィルを指揮してフーベルマンの伴奏でこのベートーヴェンをスタジオ録音しており、後々まで演奏会を繰り返しました。セルはこのヴァイオリン協奏曲を交響曲と並ぶ管弦楽作品の傑作と考えていた模様です。ここではふくよかで丸みのある、深深たる抒情溢れる名バッキング! セルはソリストの選定にやかましく、お気に入りの人としか共演しておりませんが、モリーニとはザルツブルク音楽祭にも遠征参加するくらいで、息の合ったところを見せます。
 第一楽章終了時に熱狂的な拍手が30秒も続きます。このライヴが音質良好なステレオ録音で収録されていたことに感謝の念が深まるばかりです。(輸入元情報)

【収録情報】
● ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲ニ長調 Op.61
(I. 23:58/ II. 9:40/ III. 10:00)

 エリカ・モリーニ(ヴァイオリン)
 クリーヴランド管弦楽団
 ジョージ・セル(指揮)

 録音時期:1967年5月11日
 録音場所:クリーヴランド、セヴェランス・ホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
多くのヴァイオリニストとオーケストラがこ...

投稿日:2018/08/18 (土)

多くのヴァイオリニストとオーケストラがこの曲の演奏を残しています。私的には力強い管弦楽のベートヴェン演奏と高貴で清潔ななヴァイオリンソロ、のマッチした演奏が好みです。ソロの熱演はこの曲にふさわしくないと思います。モリーニの演奏はセルの伴奏に対しやや薄味すぎますが(それだけにソロ部分の美しさが心に沁みます)好みの一枚です。でも、やはりブッシュNYPが良いですね。

仔牛ののぶちゃん さん | 大阪府 | 不明

0
★
★
★
★
★
先日HMVで注文したCDがようやく到着し、早...

投稿日:2018/07/17 (火)

先日HMVで注文したCDがようやく到着し、早速聴いての感想である。 音質に関しては確かにSTEREOであり、鑑賞するのに何ら問題のないレベルであることが嬉しい。古めかしさを感じるのはしょうがないとして、音楽に浸るに十分な音質である。演奏の方のあくまでも私感であるが、全編に渡り崇高であるが柔らかさを持った演奏である。時に、もの凄いルバートをかけたりするのは打ち合わせ通りではなく、その時の演奏者の気分でそうなったという印象。どんなにテンポが揺れてもクリーブランドオケのアンサンブルは常に乱れない。時折見せるソリストやオケの本当に優しい表情や葬送音楽のような場面にハッとさせられる。これまでいろいろな演奏家によって何回も聴いているはずのこの名曲を聴いて、涙が出るほどの気持ちを沸き起こせてもらったことに感謝したい。

kobart さん | 北海道 | 不明

0
★
★
★
☆
☆
個人的には、第1楽章後の拍手が邪魔である...

投稿日:2018/07/15 (日)

個人的には、第1楽章後の拍手が邪魔である。演奏としては、ヴァイオリンがオケに比べて弱い。オケは強くて上手いので、ソリストはセンスだけではなく、音の強さが欲しい。

kuniko89 さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品