Blu-spec CD 2

ミサ・ソレムニス アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
SICC30279
組み枚数
:
1
:
日本
フォーマット
:
Blu-spec CD 2

商品説明

ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス
アーノンクール&ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス


ニコラウス・アーノンクール追悼緊急発売
2016年3月5日にその86歳の生涯を閉じたアーノンクールが、自らの音楽人生の総決算と考え発売を熱望していたベートーヴェンの『ミサ・ソレムニス』。2015年7月、グラーツのシュティリアルテ音楽祭におけるライヴ・レコーディングです。
 2015年7月4日〜6日にかけて行なわれた公演は、手兵コンツェントゥスとA.シェーンベルク合唱団、選り抜きの歌手陣を揃え、オーストリア放送協会によってTV生中継も行なわれ、大きな話題を呼びました。アーノンクールはさらに7月22日、ザルツブルク音楽祭で『ミサ・ソレムニス』をもう一度指揮しており、これがアーノンクールにとって生涯最後の演奏となりました。
 アーノンクールが初めて『ミサ・ソレムニス』を取り上げたのは1992年のザルツブルク音楽祭の開幕演奏会で、同音楽祭へのデビューとなった記念碑的な公演でした。その後は1998年と2012年に演奏したのみで、今回の『ミサ・ソレムニス』は、手兵コンツェントゥスとの初めての演奏。まさにアーノンクールが生涯をかけて追及してきた音楽芸術の終着点ともいえる特別な演奏といえるでしょう。(メーカー資料より)

【収録情報】
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス ニ長調 op.123


 ローラ・アイキン(ソプラノ)
 ベルナルダ・フィンク(メゾ・ソプラノ)
 ヨハネス・チュム(テノール)
 ルーベン・ドローレ(バス)
 アルノルト・シェーンベルク合唱団
 エルヴィン・オルトナー(合唱指揮)
 ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス
 ニコラウス・アーノンクール(指揮)

 録音時期:2015年7月4-6日
 録音場所:グラーツ、シュテファニエンザール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)

【ニコラウス・アーノンクール】
1929年生まれのオーストリアの指揮者、チェロ奏者。ベルリンで生まれ、ウィーンでチェロを学び、52〜69年までウィーン交響楽団のチェロ奏者。並行して古楽、古楽器の研究・収集にも力を注ぎ、53年ウィーン・コンツェントゥス・ムジクスを結成。ピリオド楽器演奏のパイオニアとして音楽界を牽引。2016年3月5日逝去。享年86歳。(メーカー資料より)

内容詳細

アーノンクールが到達した頂点の演奏を、こうして聴くことができる。「ミサソレ」とはこういう作品だったのか、というある種の“真実”をなんらの強制感なしに、自然な音の連なりに導かれて眼前に広がる世界、その世界観に圧倒される。宗教の頸木を解かれた“ミサ”の深淵に畏怖する。★(田)(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
4
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
アーノンクールの最後の録音はベートーヴェ...

投稿日:2016/06/30 (木)

アーノンクールの最後の録音はベートーヴェンの「ミサ・ソレムニス」。バッハやモーツァルトの演奏で知られるアーノンクール。正に今こそ!と言う想いでベートーヴェンに取り組んでいたと思う。この前に発売された交響曲第5番は、やりたい放題の爆演。筆者はとっても面白いと思ったものの、アーノンクールが晩年来日で聴かせた宗教作品の至高の名演とは趣が異なっていて少し戸惑ったのも事実。しかし、このミサは宗教音楽であり、テキストがある。アーノンクールもオケもソリストもコーラスも全てが言葉に向かっている事がとてもよく分かる。シンフォニーの演奏では音響的に誇張されていた表現が、ここではテキストと音楽により自然に語らせている。時折アーノンクール節が聴こえるのもまた良い。へーバルトのBenedictusのヴァイオリンの独奏もロマン的にならずにしみじみ美しい。大人数で聴くこの作品の演奏はどうも声を張り上げすぎていたりするものが多く、苦手だったが、アーノンクールの演奏によってこの作品が真に美しく宗教とか世俗とかそう言ったものを超越した心に沁み入る傑作である事を改めて感じさせてくれる演奏だ。

singet225 さん | 岐阜県 | 不明

2
★
★
★
★
★
キリエ。フェードインの様な滑らかで穏やか...

投稿日:2016/06/26 (日)

キリエ。フェードインの様な滑らかで穏やかな雰囲気の導入から 「主よ 憐みたまへ」の合唱、何とも言えない厳かな気持ちにさせてくました。ジャケットを眺めながら聴いていたらなんか泣けてきた。今までベーム、カラヤン、クレンペラーぐらいしか聴いていないが、全楽章が心に響く本当に素晴らしい演奏です。氏の数々の業績に改めて敬意と感謝の念を送ります。

爺さん さん | 千葉県 | 不明

2
★
★
★
★
★
結果として余命が一年を切っていたこの演奏...

投稿日:2016/06/13 (月)

結果として余命が一年を切っていたこの演奏だけど、とてもそんなことを思わせない、相変わらずのアーノンクール節、ただどこか自然体で、力を入れなくとも 十分エネルギーが伝わってくる。年齢的に力が落ちた、のではなく、境地なんだと(自分は)思う。 ジャケットもとても良いですね。荒野の道に去っていく巨人・アーノンクールの背中。そして、聴こうとしてCDを外すと、表ジャケットと同じ風景、ただ、そこにはもう巨人はいない…。思わずグッと来てしまいました。クラシックのCDのジャケットって、とりあえず演奏家を使ってればいいやってのが多いですが、これは久しぶりに見続けるジャケットでした。

電車 さん | 東京都 | 不明

7

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連するトピックス

声楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品