CD 輸入盤

ピアノ・ソナタ第1番、第18番、ヴァイオリン・ソナタ第5番『春』 上尾直毅、荒木優子

ベートーヴェン(1770-1827)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WAONCD120
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

ベートーヴェン:61鍵の時代
上尾直毅(フォルテピアノ)、荒木優子(ヴァイオリン)


すでに多くのアンサンブルで、優れた通奏低音、鍵盤奏者として高い評価が定着している上尾直毅の実質的ソロ初アルバム。ウィーン式アクションを備えたフォルテピアノによるベートーヴェン。同様に高い評価を得ているヴァイオリニスト、荒木優子が、名曲『春』で共演。
 ベートーヴェンが31歳になるまでに書いた20曲のピアノ・ソナタは、音域が5オクターブ(61鍵)のフォルテピアノを駆使して書かれたものです。繊細なウィーン式アクションを備えたその楽器は、彼の創作を大いに手助けしました。このCDにはその時期の最初と最後にあたる作品が収められています。わずか7,8年の間にベートーヴェンの音楽が大きく変化したこと、彼がフォルテピアノにいかに大きな可能性を見出していたかを感じ取っていただけるでしょう。
 さらに、やはりその5オクターブの時期の最後の名曲、ヴァイオリン・ソナタ『春』も収録しました。ヴァイオリンに、OLC(オーケストラ・リベラ・クラシカ)などで活躍している荒木優子を迎えているのも注目です。(WAON RECORDS)

【収録情報】
ベートーヴェン:
・ヴァイオリン・ソナタ第5番へ長調 op.24『春』 (1801)
・ピアノ・ソナタ第1番 op.2-1 ヘ短調 (1795)
・ピアノ・ソナタ第18番op.31-3 (1801/2)
 上尾直毅(フォルテピアノ)
 荒木優子(ヴァイオリン)

 録音時期:2008年9月
 録音方式:デジタル(セッション)

【上尾直毅】
東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業後、チェンバロを本格的に学び始める。在学時ピアノを辛島輝治氏に、チェンバロを山田貢、鈴木雅明、渡邊順生の各氏に師事。1992年第6回古楽コンクールで「通奏低音賞」を受賞。ヘレヴェッヘ指揮、デン・ハーグ王立音楽院の古楽オーケストラとベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を共演、たまたま客席にいたクルタークに絶賛される。レパートリーは、バロック音楽はいうまでもなく、中世ルネサンスから古典派ロマン派音楽まで、驚嘆すべき広範囲にわたっており、自らの感性と音楽史的観点とを融合させた独自の世界を展開させている。(WAON RECORDS)

【荒木優子】
桐朋女子高等学校音楽科を経て、1996年桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン科卒業。卒業演奏会に出演。1997年、桐朋学園オーケストラと共演。1998年同大学研究科修了。同年文化庁より派遣され、トルコ、イスラエルでのコンサートに出演。ヴァイオリンを辰巳明子氏に、バロックヴァイオリンを若松夏美氏に師事。第45回全日本学生音楽コンクール奨励賞受賞。第10回川崎音楽賞コンクール第3位、第7回日本モーツァルトコンクール各入賞。第7回ザルツブルク国際モーツァルトコンクールディプロマ。バッハ・コレギウム・ジャパンのコンサート、レコーディングに参加するなど、バロックヴァイオリン奏者としても活発に活動している。現在、桐朋オーケストラ・アカデミー並びに桐朋学園短期大学室内楽講座嘱託演奏員。(WAON RECORDS)

内容詳細

ここには、1794年からエラールの改良ピアノを得る前年の1802年までの作品が選ばれている。その最初期と最後の作品ということになる。音域は5オクターヴだが、第18番はその音域を超える音が記譜されている。ベートーヴェンのピアノへの思いが伝わるなあ。楽器の特色を生かしたなかなかいい演奏だ。(T)(CDジャーナル データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

ベートーヴェン(1770-1827)

1770年12月17日(16日?):父ヨハン、母マリアの次男としてドイツのボンに誕生。 1778年:7歳でケルンでの演奏会に出演。 1781(1782?)年:クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェに師事。 1800年:交響曲第1番を宮廷劇場で指揮。 1804年:交響曲第3番『英雄』を発表。 1805年:交響曲第5番『運命』、交響曲

プロフィール詳細へ

ベートーヴェン(1770-1827)に関連する商品情報

器楽曲 に関連する商品情報

  • ホーコン・アウストボ/ラヴェル:ピアノ独奏曲全集 ノルウェーの名手アウストボによるラヴェル:ピアノ独奏曲全集。ノルウェーのホーコン・アウストボ[1948-]は、メシアンとドビュッシーのピアノ作品を全曲録音するなどフランスのピアノ音楽に特別な愛着を持っています。 HMV&BOOKS online|2日前
  • イリーナ・メジューエワ/春に寄す〜グリーグ作品集 約18年ぶりとなるメジューエワのグリーグ・アルバム。抒情小曲集からの抜粋16曲に歌曲のトランスクリプション(5曲)を組み合わせた魅力的なプログラム。瑞々しい感性と表現意欲はそのままに、益々の深みと味わいとスケール感を増したメジューエワの解釈は説得力抜群です。 HMV&BOOKS online|4日前
  • ジョエル・グラール(打楽器)/雪に隠れた足跡 あらゆるサイズのカウベルを始めとした非常に珍しい打楽器を用い、インスピレーションの趣くままの音楽を奏でるというものです。曲によってはドビュッシーを思わせる印象派風の雰囲気を持っていたり、バルトーク風の民族色豊かなものがあったりと、バラエティに富んでいます。 HMV&BOOKS online|5日前
  • イリーナ・メジューエワ/春に寄す〜グリーグ作品集 約18年ぶりとなるメジューエワのグリーグ・アルバム。抒情小曲集からの抜粋16曲に歌曲のトランスクリプション(5曲)を組み合わせた魅力的なプログラム。瑞々しい感性と表現意欲はそのままに、益々の深みと味わいとスケール感を増したメジューエワの解釈は説得力抜群です。 HMV&BOOKS online|4日前
  • 【LP】クヴェリーヌ・フィエルセンの「無伴奏チェロ組曲」 Music On Vinyl Classicalより500枚限定でチェリスト、クヴェリーヌ・フィエルセンのバッハ「無伴奏チェロ組曲」が3枚組の180グラム重量盤レコードで登場! HMV&BOOKS online|2018年11月10日(土)
  • ハイペリオン新譜 イッサーリス&ムストネンのロシア作品集、ティベルギアンのリスト、マトウシェクとホグウッド&チェコ・フィルのマルチヌー、エル・レオン・デ・オロの哀歌とモテット集などが登場。 HMV&BOOKS online|2018年11月9日(金)

おすすめの商品