ベンジャミン・バーバー

人物・団体ページへ

“私たち”の場所 消費社会から市民社会をとりもどす

ベンジャミン・バーバー

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784766414141
ISBN 10 : 4766414144
フォーマット
発行年月
2007年08月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
20cm,230p

内容詳細

「ジハード対マックワールド」の著者が、「市民」を互いに孤立した「消費者」にしてしまう現代社会に警鐘を鳴らし、失業者、非正規雇用者たちに、真の市民社会実現への鍵があると論じる。

【著者紹介】
ベンジャミン・R.バーバー : 1939年生まれ。ハーバード大学博士課程修了。ラトガーズ大学を経て、メリーランド大学教授

山口晃 : 1945年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程満期退学。駒沢大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬弐仟縁 さん

    1998年初出。市民社会は自由な社会生活という自立領域(5頁)。市民社会は民主的な態度が養われ、民主的な行動が用意される自由空間(7頁)。市民社会は制度と社会的な成員資格を示す(18頁)。市民的共和主義:理念的な民主的市民社会モデルで、民主的美徳をもち、民主的生活の習慣と実践を奨励し、公共性と自由、平等主義と自発性を特徴とする(50頁〜)。市場は芸術と文化に空間を提供。それらを政府指導や検閲から防禦するが、商売と取引は芸術の自律性を脅かす(152頁〜)。

  • みねたか さん

    南北戦争前のアメリカは,市民社会が政府領域や商業分野より優勢だったという。伝統的な市民団体活動構成員の減少は選挙の投票率の低下とも相関しており,市民社会の回復は民主主義の存続に欠かせないと説く。再興の手立てとして,ショッピングモールを公共的空間にという論は面白い。確かに、人が集う場としては最適か。その他、情報技術の利用促進、生産消費のの自国化・民主化など、論旨には共感するが実効性をあげるのは難しそうだ。最後の市民社会の実現には働き方の見直しが必要という論には深く共感。

  • 葉 さん

    国家と自由市場の間で市民社会の場をどのように作り、労働とボランティアをどのように共存繁栄させるかを市民として消費者の現代社会の問題を雇用の概念から、歴史的に政治的に述べられ、グローバル化の受け入れから商品の安定性や、市民的礼節の欠如、貧困と都会の崩壊、仕事の倫理などについて書かれている。

  • ほりほり さん

    リバタリアンともコミュニタリアンとも一線を画した「強くしなやかな民主主義」の展望にもとづいた市民社会を築いていくための提言が詰まった濃密な一冊。私たちは消費主義と仕事中心的な価値観を乗り越えなければならない。ますます仕事に尊厳を与え、余暇を目の敵にしている昨今、このような議論をもっとやらなければいけないのだろう。しかしバーバーの構想は、労働の担い手が奴隷をオートメーションに取って代えただけのギリシャ世界のポリスと同じような気もするので、それでいいのかなとも思ったり…。

  • Rusty さん

    第三章あたりまでは時に退屈に感じたが、後半は一気に加速して行き、読了後は痛快な気分になった。 現代社会には不要な労働が多いと思う。経済的価値とは離れた、社会的・市民的価値の拡大は急務である。 マイケル=サンデルの引用が多いから最近の本かと思えば、原書は1998年に書かれている。もっと早く読んでおきたかったと思うが、3.11後の社会を考える上でも、正に今読むべき本である。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

  • No!しか言わない沖縄でいいのか? 誤解だらけの基地問題、偏向するメディアなど、歴史研究者、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実... |2016年01月13日 (水) 17:54
    No!しか言わない沖縄でいいのか?
  • 入隊する韓流スターたち 人気絶頂にある20代の大物スターが、軍務のために約2年間入隊する。入隊した彼らはどんな日々を過ごしているのか。韓流ス... |2016年01月13日 (水) 15:04
    入隊する韓流スターたち
  • 流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」 その年の流行やトレンドを代表する言葉が選ばれる「新語・流行語大賞」の大賞が決定。ノミネート語も紹介すると同時に、流行... |2015年12月01日 (火) 18:09
    流行語大賞は「爆買い」と「トリプルスリー」
  • 資産を1円でも多く残すためのノウハウ 資産が5,000万円を超えたら知っておきたい節税のノウハウを相続に強い税理士が語る『金持ちファミリーの「相続税」対策... |2015年10月19日 (月) 12:19
    資産を1円でも多く残すためのノウハウ
  • 京セラ・KDDI創業者の名著 京セラとKDDIの創業者であり、JALを再生に導いた「経営のカリスマ」が人生の哲学を語った名著『生き方 人間として一... |2015年10月19日 (月) 11:45
    京セラ・KDDI創業者の名著
  • 『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』 葬儀や法要のこと、健康保険や年金のこと、相続手続のこと、預貯金等の名義変更のこと、相続税のこと。身近な方が亡くなった... |2015年10月16日 (金) 14:13
    『身近な人が亡くなった後の手続のすべて』

おすすめの商品