プロコフィエフ(1891-1953)

人物・団体ページへ

CD

ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、無伴奏ソナタ ヤン・ティエンワ、準・メルクル&ウィーン放送交響楽団(日本語解説付)

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
NYCX10246
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
日本
フォーマット
:
CD

商品説明


日本語解説付き
プロコフィエフ:ヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、無伴奏ソナタ
ヤン・ティエンワ、準・メルクル&ウィーン放送交響楽団


レインゴリト・グリエールから私的に作曲の指導を受けた11歳のプロコフィエフ。しかし若きプロコフィエフの心を魅了したのはグリエールが弾くヴァイオリンの演奏でした。それから十数年後の1916年、彼はヴァイオリン協奏曲第1番を作曲。抒情的な旋律と気まぐれな遊び心を備えた作品で、とりわけ第2楽章の野性的なスケルツォが強い印象を残します。1935年に作曲されたヴァイオリン協奏曲第2番は穏やかながら、時折控えめな情熱を垣間見せる美しい曲。第3楽章ではスペイン風の楽想が用いられており、カスタネットが活躍します。無伴奏ヴァイオリンのためのソナタは「才能ある子供たちの斉奏(ユニゾン)用」に書かれた曲。もちろん1人で演奏することも可能です。
サラサーテ、イザイからリームまで、卓越した技巧と幅広いレパートリーを持つヤン・ティエンワ(ティアンワ・ヤン)。このプロコフィエフでは、更なる音楽性の深化と弱音から強音までの美音を駆使し、作品の魅力を存分に引き出しました。準・メルクルが指揮するウィーン放送交響楽団も隙のない演奏で彼女を引き立てています。
 国内仕様盤には片桐卓也氏による日本語解説が付属します。(輸入元情報)

【収録情報】
プロコフィエフ:
1. ヴァイオリン協奏曲第1番ニ長調 Op.19(1916-17)
2. ヴァイオリン協奏曲第2番ト短調 Op.63(1935)
3. 無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ長調 Op.115(1947)


 ヤン・ティエンワ(ヴァイオリン)
 ウィーン放送交響楽団(1,2)
 準・メルクル(指揮:1,2)

 録音時期:2020年11月11-13日
 録音場所:ウィーン、Grosser Sendesaal、ORF Funkhaus
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 輸入盤国内仕様(日本語解説付き)
 日本語解説:片桐卓也


【ヤン・ティエンワ】
北京生まれ。4歳でヴァイオリンを学び始めるといち早く才能を発揮し、10歳の時に北京中央音楽院で林耀基の指導を受ける。13歳でパガニーニの24のカプリースを録音。2003年に奨学金を得てドイツへ留学したのを機に、同地に拠点を移した。これまでに英独仏をはじめとする欧州諸国や北米、オセアニア、アジア諸国のオーケストラに出演し、リサイタルや室内楽ではルツェルン音楽祭、ラインガウ音楽祭、ラヴィニア音楽祭、ウィグモア・ホール、サル・プレイエル、リンカーン・センターなどで演奏している。Naxosレーベルに多くの録音があり、2014年にはメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲とサラサーテのヴァイオリン音楽集でドイツ・レコード批評家賞を受賞。2015年にはイザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ集の録音でECHOクラシック賞の年間最優秀器楽奏者に選ばれた。音楽上の師として、林耀基、イェルク=ヴォルフガング・ヤーン、そしてチェリストのアンナー・ビルスマの名を挙げている。(輸入元情報)

内容詳細

ティアンワ・ヤンのソロによる、プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番、第2番、また無伴奏ヴァイオリン・ソナタを収録。北京で早くから才覚を発揮したヤン。深い音楽性と卓越した表現力が求められる作品をチョイスし、彼女の魅力を引き立てる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

プロコフィエフ(1891-1953)に関連するトピックス

協奏曲 に関連する商品情報

おすすめの商品