CD 輸入盤

プロコフィエフ:ピーターと狼、サン=サーンス:動物の謝肉祭、他 ワシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル、A.アームストロング(語り)

プロコフィエフ(1891-1953)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
9029575952
組み枚数
:
1
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明


プロコフィエフ:ピーターと狼、サン=サーンス:動物の謝肉祭
ワシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル


ワシリー・ペトレンコとロイヤル・リヴァプール・フィルによる、子どものためのクラシック管弦楽作品集。プロコフィエフがロシアの民話を基に登場人物と楽器を結びつけ、小管弦楽のために書かれた『ピーターと狼』。様々な動物を音楽で描いたサン=サーンスの作品のなかで最もポピュラーな名曲『動物の謝肉祭』。1954年にイギリスの作曲家アラン・ロースソーンが、T.S.エリオットの詩に基づいて(アンドルー・ロイド・ウェッバー作曲のミュージカル「キャッツ」と同じ題材)、子供ための音楽入門用として書かれた『プラクティカル・キャッツ』の3曲を収録。ナレーターには、コメディアン、司会者、俳優としてイギリスで名高いアレクサンダー・アームストロングが起用されています。(輸入元情報)

ワシリー・ペトレンコは1976年にサンクト・ペテルブルグに誕生。サンクト・ペテルブルグ音楽院で学び、ムーシン、テミルカーノフ、ヤンソンス、サロネンらに師事。18歳からムソルグスキー記念サンクトペテルブルグ国立アカデミー劇場(旧レニングラード国立歌劇場)でオペラ指揮者としての経験を積み、30を超えるオペラのレパートリーを持つようになります。21歳の時には、ショスタコーヴィチ合唱指揮コンクールで優勝、26歳でカダケス国際指揮者コンクール優勝し、30歳となった2006年よりロイヤル・リヴァプール・フィルの首席指揮者を務め、当地で絶大な人気を博しています。
 ペトレンコのスタイルは、ロシア的な激しさを備えながらも精緻でクリアなサウンドを追求し、作品の情報量をバランス良く最大限に表出しようというもので、素材引用や展開の様子のよく分かるシンフォニックなアプローチが魅力十分です。(HMV)

【収録情報】
● プロコフィエフ:交響的物語『ピーターと狼』 Op.67
● サン=サーンス:組曲『動物の謝肉祭』(管弦楽編成版)
● アラン・ロースソーン:プラクティカル・キャッツ(語り手と管弦楽のための)


 アレクサンダー・アームストロング(ナレーション)
 ロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団
 ワシリー・ペトレンコ(指揮)

 録音時期:2017年5月
 録音場所:リヴァプール、The Friary
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

 ナレーション収録:2017年、ロンドン


ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

プロコフィエフ(1891-1953)に関連するトピックス

管弦楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品