CD 輸入盤

歌劇『トスカ』全曲 C・デイヴィス&コヴェント・ガーデン、カレーラス、カバリエ、ヴィクセル(2CD)

プッチーニ (1858-1924)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4383592
組み枚数
:
2
レーベル
:
:
Europe
フォーマット
:
CD

収録曲   

クラシック曲目

  • Giacomo Puccini (1858 - 1924)
    Tosca
    演奏者 :
    Wixell, Ingvar (Baritone), de Palma, Piero (Tenor), Ramey, Samuel (Bass), Elvin, William (Baritone), Trimarchi, Domenico (Bass), Murray, Ann (Mezzo Soprano), Caballe, Montserrat (Soprano), Carreras, Jose (Tenor)
    指揮者 :
    Davis, Colin, Sir
    楽団  :
    Royal Opera House Covent Garden Orchestra
    • 時代 : Romantic
    • 形式 : Opera
    • 作曲/編集場所 : 1900, Italy
    • 言語 : Italian
    • 時間 : 118:24
    • 録音場所 : 1976, London [Studio]

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
2
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
カバリエは並外れてゐると思ふ。世界中で愛...

投稿日:2014/12/10 (水)

カバリエは並外れてゐると思ふ。世界中で愛されたのは、結局、母性があらはれること、かの女に優るひとはゐないからではないだらうか。トスカにふさはしいか、どうかは分らない。自分はトスカの歌を聴いてゐないやうだ。何を歌つてもカバリエになる、それを聴いてゐるから満たされる。役柄に一番ふさはしいのはどれかとは思ふのだけれど。SACDは素晴しい。

JCS さん | 神奈川県 | 不明

1
★
★
★
★
★
トスカは大変大好きでもっともよく聞くオペ...

投稿日:2009/07/04 (土)

トスカは大変大好きでもっともよく聞くオペラ。SACD化による音質改善に興味あり購入。マルチで聞くとやっぱりカレーラスほかの歌が鳴りきっており最高の出来栄えとなっており大変感動できた。SACDマルチは、まさにオペラにためにあると実感した。他の演奏のSACD化を望みたい。

KANA07 さん | 石川県 | 不明

2
★
★
★
★
☆
カレーラスが素晴らしい。サバータ盤と比べ...

投稿日:2008/02/03 (日)

カレーラスが素晴らしい。サバータ盤と比べてゆったり目のテンポで緊迫感が弱くなってしまっている分、「最高」から1つ落とした。SACD盤は4チャンネルで収録され、ステレオと比べ臨場感が断然違う。第二幕のトスカの歌声など後ろから聞こえたりして、雰囲気を演出しようとしている。それにしてもSACDのオペラはもっと出て欲しいね〜。

haru さん | 奈良県 | 不明

1

プッチーニ (1858-1924)に関連するトピックス

オペラ に関連する商品情報

おすすめの商品