CD 輸入盤

フランク、グリーグ、ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ集 レーピン、ルガンスキー

フランク(1822-1890)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
4778794
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dg
:
Europe
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

レーピン&ルガンスキーによる高水準な演奏!
フランク、グリーグ、ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ集


完璧なテクニックと詩情豊かな繊細さをあわせ持つ現代のヴィルトゥオーゾ、ヴァディム・レーピンによるドイツ・グラモフォンでのリサイタル・アルバム第1弾。
 同世代のロシア人ピアニストで共演も数多いニコライ・ルガンスキーをパートナーに得て選んだ作品は、ヤナーチェクとグリーグの第2番、そしてフランクのヴァイオリン・ソナタというもの。
 冒頭のヤナーチェクは第一次世界大戦の不安をあらわした緊迫した要素と平明な美しさの交錯する作風で、続くグリーグは叙情的な美しさに富む作風、そして最後のフランクはスケールの大きな充実した傑作と、変化のある構成となっています。(HMV)

【収録情報】
ヤナーチェク:ヴァイオリン・ソナタ
グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第2番ト長調 op.13
フランク:ヴァイオリン・ソナタイ長調

 ヴァディム・レーピン(ヴァイオリン)
 ニコライ・ルガンスキー(ピアノ)

 録音時期:2010年7月10日〜13日
 録音場所:ベルリン、テルデックス・シュトゥーディオ
 録音方式:デジタル(セッション)

収録曲   

  • 01. Sonata for Violin and Piano - 1. Con moto
  • 02. Sonata for Violin and Piano - 2. Ballada (Con moto)
  • 03. Sonata for Violin and Piano - 3. Allegretto
  • 04. Sonata for Violin and Piano - 4. Adagio
  • 05. Sonata for Violin and Piano in G major, op.13 (1867) - 1. Lento doloroso - Poco allegro - Allegro vivace
  • 06. Sonata for Violin and Piano in G major, op.13 (1867) - 2. Allegretto tranquillo
  • 07. Sonata for Violin and Piano in G major, op.13 (1867) - 3. Allegro animato
  • 08. Sonata for Violin and Piano in A - Allegretto moderato
  • 09. Sonata for Violin and Piano in A - Allegro
  • 10. Sonata for Violin and Piano in A - Recitativo-Fantasia
  • 11. Sonata for Violin and Piano in A - Allegretto poco mosso

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
2
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
レーピン以外のヴァイオリニストで、ここに...

投稿日:2012/07/09 (月)

レーピン以外のヴァイオリニストで、ここに収録された作品を聴いて、これ以上に感銘を受ける事はないのではないかと思わせるほどに、レーピンの表現力と音色は魅力的です。 録音も非常に良く、ピアノの音も大変美しく取れており、レーピンのヴァイオリンの一層引き立てています。ルガンスキーもさすがですね。

れいくー さん | 奈良県 | 不明

4
★
★
★
★
★
まずは、カプリングのセンスの良さを評価し...

投稿日:2010/12/21 (火)

まずは、カプリングのセンスの良さを評価したい。非独墺圏のヴァイオリンソナタを集約しているわけであるが、それぞれの作品の作風は著しく対照的だ。情熱的で劇的とも言えるヤナーチェク、民俗色豊かで抒情的なグリーグ、そして、スケールの雄大さではベートーヴェンのクロイツェルソナタにも匹敵する壮大なフランク。これらは、特にヴァイオリンパートに顕著にあらわれており、ここからは推測になるが、レーピンも、ドイツ・グラモフォンへのリサイタルアルバムへのデビューとして、敢えて自らの表現力の幅の広さを披露したいと思ったのかもしれない。確かに、本盤におけるレーピンの卓越した技量と表現力の幅の広さは出色のものである。特に、ヤナーチェクにおける劇的な表現は圧巻の迫力であり、グリーグの幾分楽しげな民俗舞踊的な表現や、随所に垣間見られる抒情的な美しさは、実に感動的だ。そして、フランクにおける威風堂々たる表現は、レーピンの豊かな音楽性と、その前途洋洋たる将来性を確約するものと言える。このレーピンのヴァイオリンの豊かな表現力をしっかりと下支えするルガンスキーのピアノも素晴らしい。レーピンのヴァイオリンの影に隠れがちではあるが、ルガンスキーのレーピンへの深い共感と豊かな音楽性があるが故に、本盤のような名演を成し遂げることができたものと考える。録音も鮮明であり、音場も幅広く、本盤の価値を高めるのに大きく貢献している。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

10

フランク(1822-1890)に関連するトピックス

室内楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品