Hi Quality CD

無伴奏チェロ組曲全曲 ポール・トルトゥリエ(1982)(2CD)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
WPCS28190
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
Hi Quality CD

商品説明

バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲(1982年録音)
ポール・トルトゥリエ


【収録情報】
Disc1
J.S.バッハ:
● チェロ組曲第1番ト長調 BWV.1007
● チェロ組曲第4番変ホ長調 BWV.1010
● チェロ組曲第5番ハ短調 BWV.1011

Disc2
● チェロ組曲第2番ニ短調 BWV.1008
● チェロ組曲第3番ハ長調 BWV.1009
● チェロ組曲第6番ニ長調 BWV.1012

 ポール・トルトゥリエ(チェロ)

 録音時期:1982年4月14-17,24-26日
 録音場所:ロンドン、テンプル教会
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
 Producer: John Fraser
 Balance engineer: Neville Boyling

内容詳細

トルトゥリエ68歳、二度目の録音。若い時より深みが増し、しかもテクニックも完璧となり、数あるこの組曲の代表的録音の一つという評価も定着。高品質盤の本作によって、豊かなニュアンスが鮮明に聴き取れる。(CDジャーナル データベースより)

収録曲   

ディスク   1

ディスク   2

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
1
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
フランスを代表するチェリストで、指揮者・...

投稿日:2020/03/01 (日)

フランスを代表するチェリストで、指揮者・教育者・作曲家としても活躍したポール・トルトゥリエ(1914〜90)。彼は生涯に2回、大バッハの無伴奏チェロ組曲を録音しているが、本盤は2度目のほうで、1982年4月、ロンドン、テンプル教会での収録でデジタル録音である。当時トルトゥリエは68歳であったが老いの衰えと言えるものは微塵もなく、まっすぐで豪放磊落、それでいてヒューマニスティックな温かさや懐の深さも不足していない。彼が師と仰いだパブロ・カザルスの「無伴奏」を彷彿とさせるような名演である。技術的には無論のこと、炎と燃えるような気魄はカザルス譲りと言っていい。評論家の渡辺和彦氏は「カザルスの現代的変容はトルトゥリエの中にこそ見ることができる」と評している。音質良好。

金山寺味噌 さん | 愛知県 | 不明

0

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品