CD 輸入盤

ゴルトベルク変奏曲 レオンハルト(cem)

バッハ(1685-1750)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
82876601462
組み枚数
:
1
レーベル
:
Dhm
:
International
フォーマット
:
CD
その他
:
輸入盤

商品説明

古楽の大御所レオンハルトの代表盤! ゴルトベルク変奏曲

1976年ステレオ録音。古楽界最大の先駆者のひとり、グスタフ・レオンハルト(1928‐)のチェンバロによる《ゴルトベルク》。繰り返しを行なっていないため、作品の構造がシンプルに際立つ上、レオンハルトの揺るぎない確固とした姿勢が音楽のすみずみにまで投影された名演です。
 レオンハルトは《ゴルトベルク》を3度録音しており、当盤は3度目となる1976年収録(@1953年モノ、ヴァンガードA1965年テルデック)。レオンハルトは、手ざわりを確かめるようなセンシティヴィティをも備えつつ、ゆったりとしたテンポと堅固な構築で全曲を築き上げています。楽器のはずむように輝かしい音色がどこをとっても充実の極みをゆく、レオンハルトならではの「ゴルトベルク」です。
 ブランシェ(パリ、1730年)をモデルとしたウィリアム・ダウドによる1975年製作のチェンバロを使用しています。中身はミドル・プライス商品。

バッハ:ゴルトベルク変奏曲 BWV.988
グスタフ・レオンハルト(cemb)

収録曲   

  • 01. Goldberg Variations, BWV 988
  • 02. Goldberg Variations, BWV 988
  • 03. Goldberg Variations, BWV 988
  • 04. Goldberg Variations, BWV 988
  • 05. Goldberg Variations, BWV 988
  • 06. Goldberg Variations, BWV 988
  • 07. Goldberg Variations, BWV 988
  • 08. Goldberg Variations, BWV 988
  • 09. Goldberg Variations, BWV 988
  • 10. Goldberg Variations, BWV 988
  • 11. Goldberg Variations, BWV 988
  • 12. Goldberg Variations, BWV 988
  • 13. Goldberg Variations, BWV 988
  • 14. Goldberg Variations, BWV 988
  • 15. Goldberg Variations, BWV 988
  • 16. Goldberg Variations, BWV 988
  • 17. Goldberg Variations, BWV 988
  • 18. Goldberg Variations, BWV 988
  • 19. Goldberg Variations, BWV 988
  • 20. Goldberg Variations, BWV 988
  • 21. Goldberg Variations, BWV 988
  • 22. Goldberg Variations, BWV 988
  • 23. Goldberg Variations, BWV 988
  • 24. Goldberg Variations, BWV 988
  • 25. Goldberg Variations, BWV 988
  • 26. Goldberg Variations, BWV 988
  • 27. Goldberg Variations, BWV 988
  • 28. Goldberg Variations, BWV 988
  • 29. Goldberg Variations, BWV 988
  • 30. Goldberg Variations, BWV 988
  • 31. Goldberg Variations, BWV 988
  • 32. Goldberg Variations, BWV 988

ユーザーレビュー

総合評価

★
★
★
★
★

5.0

★
★
★
★
★
 
3
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
★
★
この曲が、本当に不眠治療用音楽だったかは...

投稿日:2013/02/25 (月)

この曲が、本当に不眠治療用音楽だったかは、僕は知らない。 ただ、レオンハルトのゴルトベルク変奏曲を聴くと、何となく そう思ってしまう。演奏が退屈だからではない。むしろ逆である。 例えば、多くの奏者が主題の終了後、第一変奏曲を速く弾くが、 レオンハルトは主題の余韻を残すように、ゆっくりと弾き始める。 全体に遅めのテンポだが、聴き終えた後には「音楽を聴いた!」 という充実感に満たされる。 不眠が癒されるのは、このような演奏ではないか。 今さら無い物ねだりだが、欲をいえば(CD2枚組になっても) 反復を繰り返した演奏を聴きたかった。レオンハルトのバッハの 演奏は、常に興味の尽きないものだから・・・

mayamaya さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
レオンハルトのゴルトベルクは今後、再録音...

投稿日:2008/12/31 (水)

レオンハルトのゴルトベルクは今後、再録音は望めないと思われるので、同時発売の平均律と共に待望のSACD化になった。平均律同様、今では珍しい超近接録音だが、その直接音と共に楽器そのものの響きがSACDではさらに生々しく再生されるようになった。アリアも含めて全て繰り返しなしで47分半という演奏時間は繰り返せば95分になるはず。そのゆったりとした流れに改めて時の経つのを忘れて聴き入らせてくれた。

mickey さん | さいたま市 | 不明

1
★
★
★
★
★
一つ一つの変奏をまるで慈しむように、自分...

投稿日:2006/09/02 (土)

一つ一つの変奏をまるで慈しむように、自分の知識と感性の全てを注ぎ込んで奏でています。音色の、旋律の、多声の端々から、15世紀のデュファイからバロックそして古典派に至る、音楽の様々な道がまるでパノラマのように繰り広げられます。レオンハルトのどこまでも作品に則して掘り下げてゆく演奏によって、初めて見えてくるヨーロッパ音楽の数百年の歴史が、あまりにも感動的です。まさにバッハ晩年の遺産ともいうべき曲であり、また人類の遺産ともいうべき演奏です。レオンハルトが再録音してくれたことに心から感謝します。

mimi さん | 兵庫県 | 不明

6

人物・団体紹介

人物・団体ページへ

バッハ(1685-1750)

1685年:アイゼナハで誕生。 1700年:リューネブルクに移り、修道院付属学校の給費生として生活。 1703年:ヴァイマルの宮廷楽団に就職。 1707年:ミュールハウゼンの聖ブラジウス教会オルガニストに就任。同年、マリア・バルバラ・バッハと結婚。 1708年:ヴァイマルに移って宮廷オルガニストに就任。 1714年:楽師長

プロフィール詳細へ

バッハ(1685-1750)に関連するトピックス

古楽 に関連する商品情報

おすすめの商品