ドビュッシー(1862-1918)

人物・団体ページへ

SHM-CD

前奏曲集第1巻、第2巻 クリスティアン・ツィマーマン(2CD)

ドビュッシー(1862-1918)

基本情報

ジャンル
:
カタログNo
:
UCCG6269
組み枚数
:
2
:
日本
フォーマット
:
SHM-CD

商品説明

クリスティアン・ツィマーマンの芸術
ドビュッシー:前奏曲集第1巻、第2巻


細部までコントロールされた繊細なタッチと吟味され尽くした構成により、それぞれの個性を際立たせ、尋常ならざる美しさに彩られた演奏を展開しているツィマーマンの前奏曲集。ドビュッシーとその作品に新たな光をあてた決定盤です。(メーカー資料より)

【収録情報】
Disc1
● ドビュッシー:前奏曲集第1巻

 デルフィの舞姫たち
 帆
 野を渡る風
 音と香りは夕暮れの大気に漂う
 アナカプリの丘
 雪の上の足跡
 西風の見たもの
 亜麻色の髪の乙女
 とだえたセレナード
 沈める寺
 パックの踊り
 ミンストレル

Disc2
● ドビュッシー:前奏曲集第2巻

 霧
 枯葉
 ヴィーノの門
 妖精はすてきな踊り子
 ヒースの茂る荒れ地
 変わり者のラヴィーヌ将軍
 月光のふりそそぐ露台
 水の精
 ピクウィック卿をたたえて
 カノープ
 交代する3度
 花火

 クリスティアン・ツィマーマン(ピアノ)

 録音時期:1991年8月
 録音場所:カッセル
 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)

収録曲   

総合評価

★
★
★
★
★

4.5

★
★
★
★
★
 
9
★
★
★
★
☆
 
1
★
★
★
☆
☆
 
1
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
評判がやたら良いので買ってみたが、弱音が...

投稿日:2012/07/10 (火)

評判がやたら良いので買ってみたが、弱音が多くて、聴いていて疲れるだけで、どうしても演奏の良さが分からなかった。フランスもののピアノ曲は難しい。私にはオーソドックスなミケランジェリの演奏の方が合っているようだ。水を差すようで御免なさい。

KS さん | 兵庫県 | 不明

2
★
★
★
★
★
ツィマーマンは、超絶的な技巧をベースとし...

投稿日:2009/07/16 (木)

ツィマーマンは、超絶的な技巧をベースとしながらも、決して無機的にはならず、各楽曲の性格を、最強奏から最弱音、そして胸のすくようなハイスピードからローテンポの心に沁み入るような抒情に至るまで、様々な奏法を駆使するなど巧みに描き分けを行っている。正にツィマーマンの卓越した芸術性とともに、スコアリーディングの読みの深さを感じる。ドビュッシーの前奏曲集には、古くはギーゼキング、その後はフランソワ、ミケランジェリ、そしてべロフに至るまで、名演が目白押しであるが、このツィマーマン盤は、前述のような各楽曲の性格に応じた描き分けの巧みさにおいて、これらの名演に決して引けをとらない個性的な名演と言うべきだろう。

つよしくん さん | 東京都 | 不明

6
★
★
★
★
★
ミケランジェリ盤を超えることは未来永劫不...

投稿日:2009/04/07 (火)

ミケランジェリ盤を超えることは未来永劫不可能だと思っていたが、ツィマーマンは超えてしまっている。かつて私は、ミケランジェリの奏でる透徹した音の響きは驚嘆させられたものである。これに対し、ツィマーマンの演奏は透明度の高さに加え音が光り輝いている。本当にとてつもないピアニストになったものである。私はツィマーマンだけが、リヒテルやグールドしか辿り着くことができなかった神の領域に達することのできる唯一のピアニストであると信じている。しかし、このドビュッシーを最後にピアノ独奏曲を録音していないのは非常に残念である。

Straussist さん | 香川県 | 不明

9

ドビュッシー(1862-1918)に関連するトピックス

器楽曲 に関連する商品情報

おすすめの商品