トマス・ロバート・マルサス

人物・団体ページへ

経済学における諸定義岩波文庫 改訳

トマス・ロバート・マルサス

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784003410745
ISBN 10 : 4003410742
フォーマット
出版社
発行年月
1977年11月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
203p;15

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 壱萬縁冊 さん

    1827年初出。経済学は数学に近いとはいえ、倫理学や政治学に近いとマルサスは考えている(9頁〜)。社会的富(ウェルス)と個人的富(リッチズ)(14頁)。ラスキンになるとこういう認識ではないと思う。富の科学は舞台芸術の諸原理にかんする理論を包含しなければならない(59頁)。 これが、ボーモルやボーエンや文化経済学につながっているのではないか。 富という術語の物質的対象物に限定されるべき。生産的労働は直接に富を 生産する労働だけに限定(169頁注)。 

  • シンドバッド さん

    学生時代に読んでおくべきであった本書を、ようやく読んだ。40年前の、経済学部の講座やゼミとは、今は、大きく様変わりしていると考えられるが、経済学史の古典との位置付けだけでは無く、一読に値する。と、気付くのが、遅い。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品