不安が力になる 日本社会の希望 集英社新書

ジョン・キム

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087206982
ISBN 10 : 408720698X
フォーマット
出版社
発行年月
2013年07月
日本
共著・訳者・掲載人物など
:
追加情報
:
221p;18

内容詳細

日本人が知らない日本の素晴らしさとは何か。90年代バブル崩壊直後に日本に留学し、米英独の大学に研究員として赴任、慶應義塾大学で教鞭をとった著者が、日本社会の希望と新しい幸福観について論じる。

目次 : 第1章 日本は沈んでいない(失われた二十年とは/ 資本主義的価値観から抜け出す ほか)/ 第2章 自分の人生は自らデザインする(一人暮らしをしていた小学生時代/ 理不尽を受け入れて平穏を手に入れる ほか)/ 第3章 世代を超えて調和する(学生にノマドを勧めない理由/ 日本の若者の間で進む幸福の革命 ほか)/ 第4章 美しく生きる(転職して通用する人材になる/ 韓国と日本のビジネスマンの違い ほか)

【著者紹介】
ジョン キム : 作家。元慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。韓国生まれ。日本に国費留学。米インディアナ大学博士課程単位取得退学。中央大学博士号取得(総合政策博士)。ドイツ連邦防衛大学博士研究員、英オックスフォード大学客員上席研究員、米ハーバード大学インターネット社会研究所客員研究員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • 佐島楓 さん

    確かに、自信を失っている日本人、先行きが見えないための重たい空気は漂っていると思うけれど、日本にはまだまだ可能性はたくさんある。直してゆくべき欠点もまた、たくさんある。

  • テディ さん

    幼年期から独立して生きてきた筆者ならではの説得力のある言葉で、人生とは何か?生きる意味とはどういう事か?について書かれている。示唆に富む内容は無論の事、韓国人目線で冷静に日本人が気がついていない長所(平等社会、サービス精神等)、短所(意思決定プロセスが遅い等)が冷静に分析されている点が大きな気付きの機会となった。再三書かれているが幸せの尺度、価値観は自分の内面の捉え方次第で決められる事であり他者との比較で自分の立ち位置を決める事が如何にナンセンスかが分った。国籍、狭い会社社会に囚われない生き方をしたい。

  • しゅんぺい(笑) さん

    流し読みやったこともあると思うけど、まとまりがなさすぎないか…。 第一章以外は、章立ての役割が果たされていないように思う。 自分の人生は自分でデザインする。もっともなことが、ずっと書かれている本。そういうところが最近の本っぽい。

  • yori さん

    ★★★★☆ 日本人は不安を抱き過ぎる気がする。こんなにも恵まれているのに。でも若い世代はその事に気付き始めている気がする。

  • いっぽまえへ さん

    この本を一言で表すとすれば、「言い得て妙」だろうか。日本の社会状況を把握、考察し、なめらかに表現されている。もう一つは、その社会の中を生きて行く為の自己啓発的な分析と提案、提言である。両方とも実に的を得て、うまく表現されていていると思う。特に面白いと思ったのは、韓国と日本との社会状況の比較で、著者ならでは論説ではないでしょうか。2〜3回読んで自分のモノにすれば、ちょっとした社会通になれそう。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品