ジェームス M バーダマン / 水谷八也

人物・団体ページへ

黒人差別とアメリカ公民権運動 名もなき人々の戦いの記録 集英社新書

ジェームス M バーダマン / 水谷八也

基本情報

ジャンル
ISBN/カタログNo
ISBN 13 : 9784087203929
ISBN 10 : 4087203921
フォーマット
出版社
発行年月
2007年05月
日本
追加情報
:
18cm,253p

内容詳細

アメリカ建国以来の巨大な暗闇に光を灯そうと試みたのは、一体何者だったのか。キング牧師らカリスマ的な指導者たちを支えた人々の勇気と犠牲に焦点を当てた、本当のヒーロー&ヒロインたちの物語。

【著者紹介】
ジェームス・M・バーダマン : 1947年、アメリカ・テネシー州生まれ。ハワイ大学大学院修了。早稲田大学文化構想学部教授。専門は英文学・アメリカ南部の歴史と文化

水谷八也 : 1953年生まれ。早稲田大学文化構想学部教授。専門は英米演劇(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(「BOOK」データベースより)

ユーザーレビュー

総合評価

☆
☆
☆
☆
☆

0.0

★
★
★
★
★
 
0
★
★
★
★
☆
 
0
★
★
★
☆
☆
 
0
★
★
☆
☆
☆
 
0
★
☆
☆
☆
☆
 
0

読書メーターレビュー

こちらは読書メーターで書かれたレビューとなります。

powered by

  • ゆか さん

    黒人差別は日本にいながらにしては感じられない差別で、何となく知識としてはしってるけど…。というレベル。本書は有名な黒人差別にやり起こった出来事を知らせてくれる。それにしてもエミットテイル事件は惨すぎる。こんな事が人間には出来るんだと思うとゾッとする。

  • Bill さん

    米国における黒人差別の歴史については映画や雑誌の記事で知る程度で、この本で初めてジムクロウ法についても知る事が出来た。やはり、想像を絶する歴史があって今の社会が築かれているのだと。名もない多くの人々の努力というのが社会を変えるのだと。こういう経験をしている国こそが先進国だなと感じた。

  • Saiid al-Halawi さん

    都市部と農村、また北部と南部での温度差が生々しく叙述されててリアル。それと当時の警察権力と州政府他腐食した行政がいかに差別の実害を助長してきたかってあたりも良く分かる。ROOTSのDVDボックス買ったまま放置してたけど、これを機に見るかな。

  • Shimpei Nakajima さん

    1957年9月4日。一人の黒人の女子高校生が今まで白人しか通えなかった高校に通おうとした初日、彼女はアーカンソー州の州兵により校内に入ることを阻止された。彼女を含む9人の高校生はその後、連邦軍第一〇一空挺部隊の護衛により登校することになる。しかし・・・。映画や小説ではテーマとして見かけるアメリカの黒人差別の歴史だが、事実がこれほどとは思わなかった。既得権益を奪われまいとして、異質なものを定義づけて排除する、おそらくは人間の動物としての本能に近い行動の残酷さに対して、人々はどう抵抗したのか。一方の立場であっ

  • テツ さん

    曽祖父が州知事でありながら凄まじい人種差別主義者だった著者が綴る公民権運動にまつわる黒人達の戦い。当時のショッキングな写真なども載せられていて考えさせられると共に暗い気持ちになる。自由と平等は決して当たり前に享受される物ではなく、アメリカ南部では未だに黒人達への差別は続いている。早く全ての人間をできる限り自由で平等に。そして今それを与えられている幸運な僕たちは、それを次の世代にきちんと渡すことができるようにしなければならない。

レビューをもっと見る

(外部サイト)に移動します

社会・政治 に関連する商品情報

おすすめの商品